サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 天井男の奇想 倒錯のオブジェ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天井男の奇想 倒錯のオブジェ(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/458p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-745107-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天井男の奇想 倒錯のオブジェ (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

東京都北区東十条、古びた木造二階家に老女が一人住んでいる。「貸室あり」の立て札を見て二階の部屋を借りた若い女は夫から身を隠していた。老女は訪ねてくる区の職員へしきりに訴え...

もっと見る

天井男の奇想 倒錯のオブジェ (文春文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

天井男の奇想 倒錯のオブジェ

679 (税込)

天井男の奇想 倒錯のオブジェ

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京都北区東十条、古びた木造二階家に老女が一人住んでいる。「貸室あり」の立て札を見て二階の部屋を借りた若い女は夫から身を隠していた。老女は訪ねてくる区の職員へしきりに訴える、「天井男があたしを監視している」と。これは密室の謎解きに燃える老女の妄想なのか、それとも—。超絶技巧のミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「倒錯のオブジェ」(2002年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

<家>というものの意味をじわっと考えさせられます

2011/10/13 21:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東十条の古い木造住宅を舞台にした叙述ミステリー。
 天井ってあるので「幸福荘」っぽいんだけど、たしかに、ぽい、んだけど、今回は普通の2世帯住宅ってところがポイントなのである。
 
 大家で1階に住む変り者の老女。そして、2階に住むワケありの女。
 二人を中心に、それぞれを訪問する都の職員や友人が、物語をフクザツにしていく。

 もう、折原一なので、どんでん返しがあるんでしょ。時間軸も、実は曖昧なんでしょ、とかまえて読んでるんだけど、うまいことやられてしまうのである。

 にしても<家>って怖いね。

 まぁ、家が自分の戻る場所であり、居場所であり、起源でもあるという要因が、この悲劇的なドタバタを産んだのだろうなと思う。
 うん、結局のところ<家>は、人の存在理由の起因となるものなのかもしれない。

 というのを、ほんのり考えさせられたのであった。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/25 17:14

投稿元:ブクログ

春日武彦先生の「家屋と妄想の精神病理」の中でオススメされてたので読んでみたけど???な箇所があって分からず終いだったのでもう再読しようと思いました。

2007/01/25 23:58

投稿元:ブクログ

新規購入ではなく、積読状態のもの。
2010/12/13〜12/15

久しぶりの折原作品。
 東京北区に一人暮らしをする土地持ちの老女の家の2階に、夫から逃げてきた白瀬直美が住むことになる。老女は、かつて直美の住んでいた部屋で密室殺人の発見者となっていた。この老女は訪ねてくる区役所の役人に、天井男に監視されている、と訴え続けるが...

 いつもながらの、多視点からの語りが中心で、倒錯の世界に引きずりこまれてしまう。最後の展開は多少読めたが、予想より一段多かった。複線も見事。

2010/05/08 23:01

投稿元:ブクログ

夫から逃げ出してきた女が住み着いた家の大家。
その奇妙な大家の家に訪ねてくる公務員。
そして大家が恐れる天井男。
彼らの視点で代わる代わる半紙が進んでいくのですが…。

最後の方になって、やられた感がすごくあります。
これだから文章だけというのはすごいです。
とはいえ、最後の最後のあれは…もしかしなくとも2回目??
どちらがやり終えたのかは気になります。

ところで、出てきたお友達は最後のためのもの。
…なのでしょうか??

2011/10/13 21:15

投稿元:ブクログ

 東十条の古い木造住宅を舞台にした叙述ミステリー。
 天井ってあるので「幸福荘」っぽいんだけど、たしかに、ぽい、んだけど、今回は普通の2世帯住宅ってところがポイントなのである。
 
 大家で1階に住む変り者の老女。そして、2階に住むワケありの女。
 二人を中心に、それぞれを訪問する都の職員や友人が、物語をフクザツにしていく。

 もう、折原一なので、どんでん返しがあるんでしょ。時間軸も、実は曖昧なんでしょ、とかまえて読んでるんだけど、うまいことやられてしまうのである。

 にしても<家>って怖いね。

 まぁ、家が自分の戻る場所であり、居場所であり、起源でもあるという要因が、この悲劇的なドタバタを産んだのだろうなと思う。
 うん、結局のところ<家>は、人の存在理由の起因となるものなのかもしれない。

 というのを、ほんのり考えさせられたのであった。
 

2011/05/23 18:45

投稿元:ブクログ

 古びた木造二階家に住む老女。他人との干渉を避け、密かに暮らす。知られてはいけない秘密が。さらに唯一訪ねて来る区の職員に「天井男が私を監視している」と訴える。こらは老女の妄想か?
 天井裏、一階、二階とそれぞれからの視点で物語りは進められていく。
 ラストには読者をうならせる事実が・・・。

2011/07/26 22:39

投稿元:ブクログ

「倒錯」シリーズの姉妹編。東十条というところはたいへんなところですね。天井男という発想が秀逸。『螺旋館の奇想』も同じシリーズ。おもしろい。

2012/01/18 17:34

投稿元:ブクログ

東京都北区東十条、古びた木造二階の家に老女が一人住んでいる。「貸室あり」の立て札を見て二階の部屋を借りた若い女は夫から身を隠していた。老女は訪ねてくる区の職員へしきりに訴える。「天井男があたしを監視している」と。これは密室の謎解きに燃える老女の妄想なのか、それとも―?

『倒錯のオブジェ』改題

2012/03/19 21:17

投稿元:ブクログ

最近の本らしいけど文の雰囲気がものすごい昭和チックなかんじがします。メールって言葉に違和感おぼえるぐらい。
ちょっと最後ごちゃごちゃしすぎたかな・・・。
自分の読解力のなさのせいだろうけど。
ラスト50ページは一文一文注意深く読んでいかないと混乱すると思います。

2016/12/16 05:00

投稿元:ブクログ

屋根裏部屋の散歩者を彷彿とさせるタイトルな上に倒錯と来たら、もう買うしかないのですよね!!1

老女が大家さんの古いアパートに暴力旦那から逃げてきた女性が入居。

2階に住む女性と1階に暮らす老女の視点+天井男の視点で物語は進むのです

1階の老女の部屋の天井に住む謎の男。
つまり2階に住む女性の床下での生活。

市から派遣され、アパートを訪れる男性と、老女と女性。その3人の関わり。そして追ってくる暴力旦那。

登場人物は概ね5人なのですが、ストーリーはなかなか整理しづらい展開へ

おや……?
あれ?
あれれ……?

と読んでて段々と首をひねりたくなるのですよね
齟齬は分かるのです
違ってきてる、ズレてきてるのは分かるのですが、どこからどこへ繋がっているのかが分からなくなってしまうのです

ちゃんと最後は繋がりが見えるのですけど、読み終わったところで全てがスッキリする分けではなく
想像して補う部分や、解説サイトを覗きながら読了を楽しむ感じなのでした。


なかなかスッキリ行かなくて不思議な気持ちになるのは、やっぱり折原。唸るのですよ。

2014/04/11 09:04

投稿元:ブクログ

最後まで読んでもよくわからない箇所があったけど、読み返したくない。
延々、生ゴミと腐乱死体の臭いの話が繰り返されて、読んでて気が滅入る。
登場人物も全員気色悪い。
作品への関心を保てず、だから結末も(ああそう……)ぐらいにしか思えず。

その辺は好みの問題なので、叙述ミステリとしては良くできているんだと思う。
雰囲気がハマるなら読んで損無しかな。