サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 天井男の奇想 倒錯のオブジェ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天井男の奇想 倒錯のオブジェ(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/458p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-745107-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天井男の奇想 倒錯のオブジェ (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

東京都北区東十条、古びた木造二階家に老女が一人住んでいる。「貸室あり」の立て札を見て二階の部屋を借りた若い女は夫から身を隠していた。老女は訪ねてくる区の職員へしきりに訴え...

もっと見る

天井男の奇想 倒錯のオブジェ (文春文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

天井男の奇想 倒錯のオブジェ

679 (税込)

天井男の奇想 倒錯のオブジェ

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京都北区東十条、古びた木造二階家に老女が一人住んでいる。「貸室あり」の立て札を見て二階の部屋を借りた若い女は夫から身を隠していた。老女は訪ねてくる区の職員へしきりに訴える、「天井男があたしを監視している」と。これは密室の謎解きに燃える老女の妄想なのか、それとも—。超絶技巧のミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「倒錯のオブジェ」(2002年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

<家>というものの意味をじわっと考えさせられます

2011/10/13 21:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東十条の古い木造住宅を舞台にした叙述ミステリー。
 天井ってあるので「幸福荘」っぽいんだけど、たしかに、ぽい、んだけど、今回は普通の2世帯住宅ってところがポイントなのである。
 
 大家で1階に住む変り者の老女。そして、2階に住むワケありの女。
 二人を中心に、それぞれを訪問する都の職員や友人が、物語をフクザツにしていく。

 もう、折原一なので、どんでん返しがあるんでしょ。時間軸も、実は曖昧なんでしょ、とかまえて読んでるんだけど、うまいことやられてしまうのである。

 にしても<家>って怖いね。

 まぁ、家が自分の戻る場所であり、居場所であり、起源でもあるという要因が、この悲劇的なドタバタを産んだのだろうなと思う。
 うん、結局のところ<家>は、人の存在理由の起因となるものなのかもしれない。

 というのを、ほんのり考えさせられたのであった。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/25 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/08 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/13 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/16 05:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/11 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る