サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. 絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-01758-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

著者 笙野 頼子 (著)

美少女VSロリヲタ最終抗争!?悪徳栄える乱世の未来に、笙野頼子がついに放つ!最狂の超哲学小説。アニヲタ必携!フェミ必携!病的心性日本を告発する、新たなる文学の金字塔がここ...

もっと見る

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

税込 1,760 16pt

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

税込 1,320 12pt

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.0MB
Android EPUB 6.0MB
Win EPUB 6.0MB
Mac EPUB 6.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美少女VSロリヲタ最終抗争!?悪徳栄える乱世の未来に、笙野頼子がついに放つ!最狂の超哲学小説。アニヲタ必携!フェミ必携!病的心性日本を告発する、新たなる文学の金字塔がここに。書き下ろし短篇収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

気が付くと私は若く美しく、有名になっていた。誇り高く野太いブスの八百木千本の身に何が…。悪徳栄える乱世の未来に、闘い続ける作家がついに放つ! 病的心性日本を告発する、最狂の超哲学小説。書き下ろし短篇も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

絶叫師タコグルメ 7-80
百人の「普通」の男 81-151
センカメの獄を越えて 153-177

著者紹介

笙野 頼子

略歴
〈笙野頼子〉1956年三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。「極楽」で群像新人文学賞、「なにもしてない」で野間文芸新人賞、「タイムスリップ・コンビナート」で芥川龍之介賞等、数々の賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

傷つきたくない男たちの楽園は誰の地獄か

2006/05/07 18:10

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言でいえば、これは、「だいにっほん、おんたこめいわく史」(群像一月号掲載)の前哨戦だ。

「だいにっほん、おんたこめいわく史」(以下「めいわく史」)で全面展開される、オタク男たちが支配するディストピア国家が、ここでは八百木千本の視点から観察され、批判され、ぶった切りにされている。近未来小説というよりは、現代日本の知識人批判とでも言うものに近く、同時に彼ら自身の権威主義や暴力性を隠蔽しながらグロテスクな少女趣味に耽溺する心性の構造を剔抉して、現代日本の無責任体制を撃つ、という構図。

これはそのまま「めいわく史」に引き継がれているテーマで、「おんたこ」という言葉こそ使われていないが、ここで批判の俎上に上っている男たちの基本的な心性の構造は同じものだ。さらに、語り手八百木千本は、「説教師カニバットと百人の危ない美女」の語り手でもあり、その彼女が今作では「だいにっほん」から「ウラミズモ」に移送されることになる。その意味で、「カニバット」「水晶内制度」と「めいわく史」とを相互につなぎ合わせる蝶番のような位置にある作品でもある。

今作で問題にされているのは、たとえば以下のようなことだ。

「小さい共同体の中に埋没してしまい、自分の自我と大きい世界を対決させる事の出来ない「祈りなき人々」これが私の見つけた次の新しい素材、現代日本で頂点を究めた、日本人の病的心性でした」

欲望や所有という行為の中で生まれたはずの「私」というか自我を、そんなものは存在しないと主張する事で、そこから生まれるはずの責任や苦悩を、なかったことにする、それが「知感野労」、「おんたこ」だということだろう。さらに、その責任を共同体全体がなかったことにすることで、誰も責任をとらなくて良いという空気、状況、構造が存在しているという指摘だと思われる。自我が生まれ、内面が生まれ、共同体の神祇祭祀から独立した個人となったはずなのに、そこから生じる苦悩をなかったことにしたくて、共同体に再度潜り込もうとするグロテスクさを描こうとしている。

こういうと面倒くさいけれど、今作で批判されている「普通」の男というのを一言で言うと、「傷つきたくない男」のことだ。傷つきたくないというのは、この場合ダブルスタンダードの自分だけは傷つきたくないという意味で、まわりの人間が自分のために傷つくのはかまわない、という人間のことを指している。笙野頼子が「知感野労」や「おんたこ」という名で指し示そうとしたのは、この性格類型そのもので、知識人だろうがオタクだろうが差異はない。

その意味で、今作で批判の対象にされているものを、ある二人の人物に代表させるとすると、それは大塚英志と本田透だ。具体的にどういう事かははまあ実際に読んでみて欲しい。


笙野は近作で「傷つきたくない男」たちが権力と野合したときの脅威を書き続けているのだろう。その脅威とは、男が決して傷つかない世界を作り出したとしたらどうなるか、という実体験にして思考実験であり、「私」を隠蔽しようとする構造の歴史的経緯の探索でもある。

この試みがどこまで行くのかはまだ未知数だけれど、三部作になると言う「めいわく史」の第一部は「タコグルメ」をさらに進化させていて、宗教、歴史の問題に踏み込んでいっている。「金毘羅」を書いてしまって、これからいったい何を書くのか、と思われた笙野頼子の、次の段階のとっかかりが今作だ。

「壁の中」から

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。