サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代思想の遭難者たち 増補版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-213011-4
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

現代思想の遭難者たち 増補版

著者 いしい ひさいち (著)

いしいワールドに分け入ったハイデガーやマルクス、ニーチェ、カフカら現代思想の冒険者たちは、鬼才漫画家の頭脳内部で氾濫、溶解し、そして遭難! 変わり果てた遭難者たちの姿がこ...

もっと見る

現代思想の遭難者たち 増補版

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いしいワールドに分け入ったハイデガーやマルクス、ニーチェ、カフカら現代思想の冒険者たちは、鬼才漫画家の頭脳内部で氾濫、溶解し、そして遭難! 変わり果てた遭難者たちの姿がここにある。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

いしい ひさいち

略歴
〈いしいひさいち〉1951年岡山県生まれ。関西大学社会学部卒業。漫画家。主な作品に「がんばれ!!タブチくん!!」「バイトくんブックス」「ドーナツブックス」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フロイトを読む限り、きっとある程度本当のことが描いてあるのだとは思います

2006/09/04 23:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2002年に刊行された『現代思想の遭難者たち』に「現代思想の二重遭難者たち」30ページを追加した『増補版』です。ページが追加されていますが、装丁はハードカバーからソフトカバーになって、定価もやや下がっています。ソフトカバーになったことを除けば、お徳と言えばお徳ですが。
まあそんなことはどうでもよく、肝心なのは中身です。ですが、これはどうとも言いようがないですね。
まず、現代思想がわかりません。かろうじて名前を知っている思想家たちが何人かいる程度で、とても全部は知らないし、ましてやその思想もわかりません。
それでも楽しんでしまうのは、本当かどうかは別としてこんな思想家たちがいるのかもしれない、彼らの言っていることはこんなていどかもしれないと思わせてくれるからです。そう、出てくるキャラクターはともかくも、4コマ(または数コマ)マンガとして十分成立しているというところが大したものだと思います。
そこに勿体をつけたような注釈が付けられているというのがまた、この本の面白さになっているように思います。何だか、ギャグにいちいち解説をつけているみたいで、それがちょっとピントがずれているみたいに思えてしまうのですから。
と言うわけで、本当かどうか別として、私にとってはこれが現代思想の教科書になってしまうのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/14 18:45

投稿元:ブクログ

マンガとはいえ、文字が膨大。予備知識がある程度ないど、文字の羅列にしか見えない。(解説はついているけど)でも、おもしろい。

2009/09/02 03:42

投稿元:ブクログ

きっと笑いのエッセンス満載なのですが、如何せん現代思想に関する知識が皆無。
風刺は元ネタとされる事象への造詣がないと理解できんですよね・・・。

5年後にはこれが理解できるような知識を持っていたいな。

2012/12/09 23:51

投稿元:ブクログ

いしいひさいちによる4コマと、注目すべき思想家(哲学者)の解説のドッキング。「哲学とか敷居高いし……」と思っている人にとってはなかなか気軽に手に取りやすい、良い試みだったと思う。

ただ、内容が簡単か?というと全然そんなこともないので、あくまできっかけ程度くらいに考えたほうが良いかもしれない。というのも、1頁に4コマと解説がたっぷり入っているので、情報量が多く、よほど精通していない限り初読時は結構つらい。1回読んで満足する本というより、漫画がついているからこそ何回も読み直したい(読み直せる)、そんな本になっていると思う。

2014/03/30 20:47

投稿元:ブクログ

 ハイデガーからエーコまで、現代思想の34人をとりあげたパロディ4コマ。ちろっとでもなめた(かじったまでいかぬ)人はより楽しく、知らない人でもそれなりに、楽しめるのがおそろしい。
 さいしょに1pで思想家のプロフィールと思想のまとめ、ほとんどの作品にはワキに解説あり。ただ人物をネタにしてるだけじゃなく、実在の事件、論争まで取り込んだネタの数々。もはや似顔絵をこえて、人格がにじみ出ているようなキャラクター造形(フッサールとフロイトの違いはメガネの形しかないような気もするが)。とくに好きなのはニーチェとマルクス。あいかわらずワカンネのがレヴィナス。いちばん笑ったのがポパーとウィトゲンシュタインのからみ。

2011/06/01 01:42

投稿元:ブクログ

もちろん、これだけ読んで満足なんてとんでもないことは確か。でも、あるテーマをガチガチに掘り下げる傾向の強い現代の思想潮流にあって、そのビッグネームをひととおり把握するきっかけとしては悪くない。今後行き詰ったらこの本をぼーっと眺めて、新たな突破口を見つけられるかも。

2013/12/20 01:04

投稿元:ブクログ

えー同じく講談社が『現代思想の冒険者たち』というシリーズを出してまして。ナゼカ我が家にも転がってるワケです。で、いきなり『ラカン』なんぞを読み始めてさっそく遭難して、すがりついたのがこの、いしいひさいちのマンガ。
ハイデガーやマルクスからエーコまで、現代の思想家を軒並みオチョクリ倒してついでにざっくばらんに解説しちゃったりなんかして。とりあえず現代思想の入門の一歩前というくらいには実用的かも知れませぬ。ああもちろん、いしいひさいちで笑いたいというかたにはゼヒ御贈答用にもどうぞ。

2014/01/11 19:37

投稿元:ブクログ

いしいひさいち勉強してるなあ。
四こまの隣の注および哲学的思考への慣れがないと分からないかも。
まさに現代思想そのものが自ら遭難を選んでいるのではないかと(笑)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む