サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. しにがみのバラッド。 9

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しにがみのバラッド。 9(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/195p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3513-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

しにがみのバラッド。 9 (電撃文庫)

著者 ハセガワ ケイスケ (著)

真っ白な少女は、空にたゆたっていました。そこは、不思議なくじらが舞う世界。忘れものの森。電波塔の上。海が近い街のどこか…。傍らには真っ黒な猫の姿をした仕え魔がいました。少...

もっと見る

しにがみのバラッド。 9 (電撃文庫)

529(税込)

しにがみのバラッド。(9)

529 (税込)

しにがみのバラッド。(9)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

真っ白な少女は、空にたゆたっていました。そこは、不思議なくじらが舞う世界。忘れものの森。電波塔の上。海が近い街のどこか…。傍らには真っ黒な猫の姿をした仕え魔がいました。少女は、死神でした。それは、ひとびとの命を運ぶ存在。真っ白な少女は、ひとびとと関わり、交わり、そして変えていくのです。これは、白い死神と黒猫の、哀しくてやさしい物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/09/21 19:52

投稿元:ブクログ

今回は短い話が多かったように思います。「ニノ。」設定がおもしろかった。「午後の猫。」3つの話の中で一番感動した。こんな恋もありだよね。って感じで。「金魚の涙。」幼馴染て微妙だよなぁ、と。友達以上恋人未満。切なかった。

2006/12/21 22:11

投稿元:ブクログ

死にまつわる短編で構成される。一話一話考えさせられることもあり、命を知れると思う。涙なくして読めない。

2010/02/16 02:30

投稿元:ブクログ

だんだんとファンタジー要素が増えている気がする。
それが悪いとは思いませんが、なんだかモモが遠いところへ行ってしまった感じがして残念です。
身近な哀しさ、あたたかさが感じられなくなってきています。

2011/04/22 22:53

投稿元:ブクログ

大切なことを忘れてはいませんか。大切な人を見失っていませんか。しっかり向き合えていますか。そんな事を語りかけているような一冊でした。ファンタジー要素が濃いめでどこかふわふわした少し不安定な雰囲気の9巻でした。

2011/01/05 11:35

投稿元:ブクログ

既に読んだことはあるのですが、なぜか家に無い状態が続いていたので、本屋へ行ったついでに買い。
読了日は忘れたけどだいぶ前だったかな…
今思えば、ストーリーとか特に面白くはないんですよね、この本。
雰囲気が好きなだけかな?

2011/04/16 14:13

投稿元:ブクログ

しにがみのバラッド。全巻の中で一番薄い本。
「ニノ。」はちょっと怖いお話。
「午後の猫。」は素敵。
3話目の「金魚の泪。」がお気に入り。親近感が沸きます。

2012/02/03 16:02

投稿元:ブクログ

何年かぶりに読み返すっていいな。前何を感じたかが、思い出せないのが残念。そう考えたら、こうやって記録するのっていいかも。
感想の記録も一冊につき一個じゃなくて、日付で何回か書けたらおもしろいかもね。

では、本の感想。
いつもより、薄め。内容というより、ページが。
中身は、確かに心に何かを残してくれる気がする。
戦争という人との争い、そのどうしようもなさというか、そういうのを感じさせられるものが続き、(それだけがメインテーマじゃないかもだけど)これがこの本の一本通るテーマかなと思ってたら、金魚の泪がこれまた、わーって感じで。私は涙は出なかったんだけど、所々のシーンが、キレイっていうか、絵になる!実際に、七草さんが書いた、鉄塔で紙飛行機を飛ばすシーンとか、お祭りの金魚、花火を背景に、なんて、うわーって感じ。文章も、すごいこの作者さん独特。
最後ひかれる星の顛末も、さらっと読んじゃえばそれまでなんだけど、やっぱり、いろいろ考えながら読むのが心地いい。
私はこの本、嫌いじゃないかな。

2016/05/09 09:44

投稿元:ブクログ

仮想空間のオンラインゲームにのめり込む主人公が描かれている「ニノ」は現在、問題となっているネトゲ中毒者に対する警笛を鳴らしている作品だと感じる。

仮想の世界に入り浸り、現実が見えなくなってしまうことを示していると感じとれる。

「午後の猫」はモモが創りだした空間なのか、それとも何なのかは分からなかったが、何か今後の伏線となる事は間違い無いだろうと感じる。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む