サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小袖日記
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-325890-4
  • 国内送料無料

紙の本

小袖日記

著者 柴田 よしき (著)

不倫に破れて自暴自棄になっていたあたしは、平安時代にタイムスリップし、『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕として働くことに…。平安の世も、現代も、女は哀しくて強い—。「夕...

もっと見る

小袖日記

1,646(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不倫に破れて自暴自棄になっていたあたしは、平安時代にタイムスリップし、『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕として働くことに…。平安の世も、現代も、女は哀しくて強い—。「夕顔」「末摘花」「葵」「明石」「若紫」をめぐる物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

不倫に破れて自暴自棄になっていたあたしは、平安時代にタイムスリップし、「源氏物語」を執筆中の香子さまの片腕として働くことに…。平安の世も、現代も、女は哀しくて強い。『別册文藝春秋』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京生まれ。青山学院大学卒業。「RIKO」で横溝正史賞を受賞。他の著書に「象牙色の眠り」「聖なる黒夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

源氏物語かく生まれり

2007/11/07 18:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

不倫に敗れた「あたし」は
落雷のショックで
次元がずれている平安時代に
タイムスリップしてしまう。

平安時代の臭いや匂い、
化粧のおかしさ、
生活の不便さなど
20代後半の現代女性らしい感覚で
事細かに綴り、そのギャップから
しみじみ平安女性の大変さが伝わってくる。

しかもそこで展開される恋愛は
男性上位で、哀れで悲しい。
が、1000年の時を経ながら恋愛は変わらない。
シンパシーがわいてくる。
いや、「恋愛→結婚」というひとつの価値しかない
この時代だからこその悲しさも浮かんでくる。

さらに「あたし」は紫式部の女房「小袖」と
その体を交換していて
「源氏物語」のネタをほかの女房や
すでに宿下がりしている女性たちから
聞き出すという役割を担っている。

実際の源氏物語のモデルとなった女性たちや
真実を虚構に仕立て上げ、
そこに紫式部がなにを書きとめたかったのかが
徐々に明らかになっていく。
そのネタには糖尿病、アトピー、レズビアン、
染色体と盛りだくさん。読み応えがある。

平安時代にタイムスリップするだけじゃない
物語の奥深さを感じさせてくれるSF。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/14 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/13 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/30 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/19 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/26 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/17 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/12 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/11 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/20 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/13 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む