サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:20cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-1853-8

紙の本

夜は一緒に散歩しよ (幽BOOKS)

著者 黒 史郎 (著)

横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と二人で暮らしていた。千秋は母の死後、奇妙な絵を描くようになる—人ではない、異形のものを。ある日をきっかけに、千秋は「青い顔の女」ばかりを描...

もっと見る

夜は一緒に散歩しよ (幽BOOKS)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と二人で暮らしていた。千秋は母の死後、奇妙な絵を描くようになる—人ではない、異形のものを。ある日をきっかけに、千秋は「青い顔の女」ばかりを描くようになった。千秋はその顔を「ママ」と呼び絵を描くことに異常に執着する。そしてもう一つ執着すること。それは、夜の散歩だった。『ダ・ヴィンチ』『幽』主催第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【『幽』怪談文学賞長編部門大賞(第1回)】横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と2人で暮らしていた。千秋は母の死後、奇妙な絵を描くようになる。人ではない、異形のものを。そしてもう1つ執着すること。それは夜の散歩だった−。じわりじわりと忍びよる恐怖を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

黒 史郎

略歴
〈黒史郎〉1974年神奈川県生まれ。「夜は一緒に散歩しよ」で第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

夜、散歩できなくなります

2007/06/15 15:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻を亡くし、3歳の娘・千秋が残された作家の横田卓郎。
千秋は4歳になる頃から
普通の人が見えないものが見えるようになり
その不気味なものをお絵かきするようになる。
というお決まりのホラーの出だしだが
小さなエピソードの重なりが
千秋が見えるものなのか、とりついているものなのか、
なにを意味しているのかを二転三転させる。
しかも、なんだかわからないものが明らかになる怖さを伴う。
壊れていく担当編集者や幼稚園の担任、
卓郎の後妻や親戚たちのエピソードも
オリジナリティがあり、読ませる。
周りを巻き込んでいく千秋の不思議な力の描き方はうまい。
巧みなストーリーティリングで、
貧弱な描写力や書き手の勝手な視点の移動、
後半、怪談の核が明らかになっていく過程の雑さをカバー。
補って余りあると言っていい。
怪談とは「語りのうまさ」が必要だと認識させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/07 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/23 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/16 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/24 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/31 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/12 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/26 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/22 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/15 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/22 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/11 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。