サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ あなたの”ほしい本”がもらえるキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

烈火の契り

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900443-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

烈火の契り (キャラ文庫)

著者 秀 香穂里 (著)

思い出が眠る島を守りたい!!リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良—18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高...

もっと見る

烈火の契り

税込 555 5pt

烈火の契り

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限
Win EPUB 8.0MB 無制限
Mac EPUB 8.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

思い出が眠る島を守りたい!!リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良—18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げ、斎を無理やり抱いてきた!!拒みながらも、高良の愛撫に囚われていく斎…。けれど突然、チームの一人が謎の死を遂げ!?因習と伝承が息づく島のミステリアスLOVE。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「契り」はしあわせなほうがいい

2007/07/12 11:26

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に濃厚な印象のお話でした。
 沖縄戦の影を深く残したまま無人島となった「神喜島」と、そのリゾート開発を計画する不動産会社社員たちの不協和音の強い人間関係を背景に、社員の一人である斎と、島の出身者であり幼い日を共にしたこともある高良との、運命とも因縁ともつかない絆が、恐ろしいまでに深いものであったことが語られていきます。
 高良が島の秘密の「伝い手」という立場にあること、そして「伝い手」は「つがい」と呼ばれる同性のパートナーとしか結ばれてはならないというしきたりがあることなどは、いかにもこのジャンルに都合のいい設定ではあるのですが、島の歴史や住んでいた人々の感情などが、開発の下見にやってきた社員たちの抜き差しならない思いや軋轢をも交えながら、生々しく回顧されていくので、いつの間にか納得させられてしまいます。
 お話のなかでは犯人および殺害方法不明の殺人事件や、極限状態に追い込まれた者同士の傷害事件まで起こるなど、ミステリー小説の様相を呈している部分もあるのですが、メインはあくまでも、斎と高良という二人の青年の互いを思う気持ちと、運命に対する覚悟であるのだと思います。
 秀香穂里氏の作品では、恋愛感情の強さがとにかく半端でなく、互いに侵食し合いたい、丸ごと食らってしまいたいというレベルであることが多いようですが、この作品においては、人格の壁をぶちぬいて互いに融合してしまいたいという意味の発言が繰り返しでてきて、心に迫ります。「融け合いたい」というのは言葉にしてしまえば簡単なことですが、それをリアルな思いであると感じさせるだけのお話にしてしまう作者の秀香穂里氏、いつもながら、すごいと思います。
 蛇足ですが、上田秋成の「雨月物語」に、「菊花の契り」という、BL的な要素が、露骨にないでもないような気がしないでもない作品があるのですが、もしかしたらこの作品のタイトルはそこから来ているのでしょうか。約束を果たすために死を選ぶという痛ましい結末となる「菊花の契り」とは違い、このお話の二人は因習という檻に取り込まれながらも幸福に融合するのですから、江戸時代の秋成には書けなかった、「菊花」のハッピーエンド版と言えるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

孤島のミステリー

2018/09/20 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リゾート開発のために孤島を訪れた不動産会社の社員と
ミステリアスな島の青年。

目の前に情景が浮かんでくるような描写がお見事でした。
受視点だからか、受の印象がイマイチ弱いのですが
その分攻の高良がこれでもかってくらい、男っぽい色気が前面に出ていて印象的です。
イラストも雰囲気にあっていて良かった。
秀さんの作品の中では一番好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

若干乱歩っぽい孤島のミステリー

2015/09/13 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人事件が絡む祟りとか島の神様とか守り手とか言い伝えとかが語られる
オカルト風味なミステリーが飽きさせず楽しめました。

事件の謎解きは大したことはなかったですが、
孤島に閉じ込められて人が殺されて、
と江戸川乱歩のような雰囲気がまあまあ良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/08 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/16 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/23 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/15 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/18 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/20 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/09 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。