サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】「hontoブックツリーでつながる ミステリ“この一冊”」ポイント5倍キャンペーン ~11/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 講談社の通販
  6. わたくし率イン歯ー、または世界の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたくし率イン歯ー、または世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/133p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-214213-7

紙の本

わたくし率イン歯ー、または世界

著者 川上 未映子 (著)

デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂!“わたし”と“私”と“歯”をめぐる疾風怒涛のなんやかや!とにか...

もっと見る

わたくし率イン歯ー、または世界

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂!“わたし”と“私”と“歯”をめぐる疾風怒涛のなんやかや!とにかく衝撃の、処女作。第137回芥川賞候補作。【「BOOK」データベースの商品解説】

あんたら人間の死亡率。人間のわたくし率こそ100パーセント! 文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流! 「わたし」と「私」と「歯」をめぐる疾風怒濤のなんやかや。表題作ほか「感じる専門家採用試験」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

わたくし率イン歯ー、または世界 5-109
感じる専門家採用試験 111-133

著者紹介

川上 未映子

略歴
〈川上未映子〉1976年大阪府生まれ。文筆歌手。「わたくし率イン歯ー、または世界」が第137回芥川賞候補作となる。他の著書に「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

うーん。すごいです。

2010/12/08 18:43

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館に行くと、
新刊など話題になった本のコーナーがあり、
CDを予約しただけで、他に本を借りる予定がない私でも、
そのコーナーだけは一通り見ることにしているわけで。

そんなときに、この本を見つけて。
借りた。

でも実はその前に一つの「行為」があり、
それは、CDを借りるだけでなく、
「か」行の作家の棚を見て回ったこと。

川上未映子の小説を読みたいと思いつつ、
じゃあ、「か」行だな、と「か」行に行ったはいいものの、
そこに川上未映子の小説はなく。
小説だけでなくエッセーも対談集もなく。

私は、ぐるりと棚を回って、「か」行から遠ざかったのでした。
しからずんば、「新着」コーナーをまだのぞいていないことに気づき、
そちらを見たならば、ば、
そこにあるこの本。

さっそく借りて、読みました。

当時、『マシアス・ギリの失脚』(新潮文庫)という長編小説を読んでいたゆえ、
この本は、本棚に積んでおいたまま、手にとられることはなかったのですが、
『マシアス・ギリの失脚』を読み終わったその日に、
次の本として手をつけたわけで。

(しかし、「手をつける」という言葉な、性的な意味にも用いられるゆえ、
 ここで用いるべきか少し躊躇、というか戸惑いのようなものがないわけでもなく。
 ただ、やはり、ここでは、「手をつける」という言葉が適切と思え、
 やはり、読書には性交と相通ずる部分がなきにしもあらずかも、とも思いつつ、)

川上未映子さんの小説は『乳と卵』(文春文庫)を読みましたが、
それとはまた違った感じで、
「初小説」でここまで書けるのはすごいなあ、と、
ある意味自意識のダダ漏れ、
だが、そのダダ漏れが文学になっている部分、
あるいは、丁寧に読めばかなり深刻な部分も孕んでいる個所を読み、
「ああ、これはすごい」と
手練手管にまいった男のように吐息をもらしたのでした(脳内で)。

『ヘヴン』をまだ読んでおらず、
ただ、ここまでこの人の小説にすごいなあ、と思うと、
遠からずうちに読まざるをえず、

そうそう、この小説では関西弁が生きていて、
関西弁で相手をののしるところなんて、迫力がありますなあ。
ただ、こちらは活字を読んでいるだけなのに、
なにやらこちらまで関西弁でののしられている気分、

それにくらべて、「わたし」の自意識への縛られ方。

『ヘヴン』もそのうち読んでみます。

あ、今買って読むなら文庫版がおすすめでっせ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感受性の強すぎる女の子。生きづらそう。

2017/05/20 00:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

難解との評価がありますが、他の作品を何点か読めば理解
できます。初小説なので魂のほとばしる若書きであり、初読み
には適しません。
それでも、この作品で才能に気付き、支えてくれた人たちが
いることに心底驚きます。ぶっ飛んでいて幻惑され、文章も
あちこち穴だらけなのに、なぜか伝わるのです。
こういうことだろうなと頭の中で補正が入ります。

川上未映子さんの作品を最初に読んだのは「乳と卵」です。
斜め上感に大いに戸惑いました。そして心に引っかかりました。
「あこがれ」、「すべて真夜中の恋人たち」はお薦めです。
「おめかしの引力」というエッセーも読みました。
満を持してのこの作品です。

自分という存在を確かめながら生きている女の子。
わたくし率100%の状態と0%の状態。自分の心と体の
存在とはいったい何だろうと問いかけているような、どこか
定まっていない人です。
思い込みが激しく、気持ち悪がられ、思い起こすといじめも
受けてという、自分の感受性の強さを持て余しています。

他の川上作品と同じく、作者本人のどこかを膨らませて
書いている感じがします。以下に自分の解釈を書きます。
とっちらかっている作品なので、他人がどう読んだのか
気になります。読了された時にお役にたてば嬉しいです。

―<解釈です>―

歯医者で会話がかみ合いません。
主人公の私は、体のどこかに年齢や性別などの個の情報から
離れた主観の入らない部分があり、それは計算や法則みたいな
もので、例えるとドーナツの穴を詰めるもののような第三者的な
存在で、それこそが奥歯だと思っています。

歯医者は理解しませんし、だんだんと面倒くさくなって
ハイ分かりましたから歯を見せて下さいねとなる訳です。

そもそも私は化粧品をデパートの一階で売っていて、
他人のメイクをするうちにだんだん心が病み、
ふと見つけた新聞広告につられて歯科助手に応募したのです。
全てを取り繕っていた化粧の世界から、全てをさらけ出し
口の中という中身まで見られてしまう歯医者の世界。

その中で見つけた答えが奥歯です。
くいしばり、ゆるがない自己の象徴である存在。
未来への子どもの手紙が、文中で折り重なるように日記調で
記されていきます。

子どもへの愛を語るうちに、お客さんで来た青木君の話に
すり替わっていきます。昔、優しい言葉をかけてくれた青木君を
その言葉を、私はずっとずっと大切に思っていました。

青木君をつけまわしてアパートに行き、そこにいた女にはじき出され
青木君からは誰でしたっけと腫物を触るみたいに聞かれ、
私は這いつくばったまま、がこんがこんと階段を落ちていきます。

自分が信じていたものが音を立てて崩れていったのです。
いじめられ嫌がらせをされたとき、ぐっと奥歯をかみしめて
耐えていたあの日。心を閉ざし、体を守り、何も考えずに
脳髄の反射のように働いていた奥歯。

囚われた自分を解放すべく、私は奥歯を抜くのです。
麻酔をかけずに。傷みを自分の体に刻みながら。

誰だって心のどこかに芯があるのです。奥歯はその象徴です。
その芯を捨てなければならない時は、未来への成長か、
過去との決別なのですが、この物語では判然としません。
しかし奥歯を抜いてしまえば、いつ終わるのかと奥歯をかちかち
鳴らしていたあの日は、もう戻ってくることはありません。

私は心と対話する作品と読みました。
ラストシーン手前で、奥歯を抜いたら限りなく無に近づき
わたくし率0%になる感覚を掴んだことが、書きたかったこと
だと思いました。つらい選択です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/27 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/24 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/24 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/06 04:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/06 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/20 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/12 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/28 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。