サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月光に書を読む

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:20cm/227,2p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-83393-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

月光に書を読む

著者 鶴ケ谷 真一 (著)

月光に書を読んだ古人に思いを馳せ、近くは類稀なる随筆家であった岩本素白や、慎ましい人柄と博識を愛された柴田宵曲の姿を描き、人間にとっての書物の意味を考える。【「TRC M...

もっと見る

月光に書を読む

2,160(税込)

月光に書を読む

2,160(税込)

月光に書を読む

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

月光に書を読んだ古人に思いを馳せ、近くは類稀なる随筆家であった岩本素白や、慎ましい人柄と博識を愛された柴田宵曲の姿を描き、人間にとっての書物の意味を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鶴ケ谷 真一

略歴
〈鶴ケ谷真一〉1946年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。「書を読んで羊を失う」で第48回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。他の著書に「猫の目に時間を読む」「古人の風貌」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

名読書人・鶴ヶ谷真一

2008/05/06 22:54

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つぶて - この投稿者のレビュー一覧を見る

 静謐な文章でつづられた随筆である。読み始めてからほどなくして、はやく書き留めておかないと、どこかに消えてしまいそうな、心に残る一文があった。

<こんな話を読んだことがある。泉鏡花は原稿執筆のおり、ふと忘れた字があって傍らの夫人に訪ねた。夫人が宙に指でその字を書いてみせると、鏡花は「ああ、そうか」と言ってから、真顔で「早く消せ」と言ったそうである。尊い文字をそのまま書きっぱなしにしておいては、霊ある文字は後でどのような祟りをもたらすかもしれない…。鏡花は言葉(この場合は文字だが)に霊力を認め、言葉のほうでもそれに応えてみせたのだろう。P32>

 あやしげな空気を帯びた名文ではありますまいか。この一文からも伝わるのだが、著者は紹介する人物の魅力を、自身にまといながら筆をすすめる。

 岩本素白を語っては、選りすぐりの引用文をからめ、余韻の残る随筆に仕上げる。柴田宵曲を語っては、生前の柴田宵曲を知る八木福次郎氏から聞いた話を効果的に織り込みつつ、その生涯をくっきりと浮かび上がらせて見せる。

 中村幸彦氏がどこかに書いておられたのだが、良い読書人というものは読んだ書物から新たに良い書物を作る人のことだとか。著者は、岩本素白を読み、柴田宵曲を読み、そこから、こうして良い書物を生み出された。まさに名読書人といわねばならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する