サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 弦書房の通販
  6. 日露戦争時代のある医学徒の日記 小野寺直助が見た明治の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/07/17
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:19cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-042-6

紙の本

日露戦争時代のある医学徒の日記 小野寺直助が見た明治

著者 小野寺 龍太 (著)

西洋化の波が日本全国に押し寄せつつある中、一高から京都帝国大学福岡医科大学へ進学した医学徒・小野寺直助が学生時代につけた明治37年から41年までの日記をもとに、100年前...

もっと見る

日露戦争時代のある医学徒の日記 小野寺直助が見た明治

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西洋化の波が日本全国に押し寄せつつある中、一高から京都帝国大学福岡医科大学へ進学した医学徒・小野寺直助が学生時代につけた明治37年から41年までの日記をもとに、100年前の近代日本の姿を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

明治36年(1903)、西洋化の波が日本全国に押し寄せつつある中で、福岡の地に京都帝国大学福岡医科大学が開校した。九州帝国大学が設置(明治44年=1911)される前、一高からあえてこの福岡医科大学へ進学した医学徒たちの目を通して、100年前の近代日本の日常の姿を浮き彫りにした。福岡、東京、岩手、そして西洋世界の風俗、食文化、自然、祭、さらに医学研究や戦争観など庶民の目から見た社会の様子が伝わってくる。【商品解説】

著者紹介

小野寺 龍太

略歴
〈小野寺龍太〉1945年生まれ。九州大学大学院工学研究科博士後期課程単位修得退学。同大学名誉教授。工学博士。日本近代史、特に幕末期の幕臣の事蹟を研究。著書に「古賀謹一郎」「栗本鋤雲」がある。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

明治時代の医学徒の生活ぶりが活き活きと感じられる。

2010/07/18 09:11

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 福岡という町は地方都市でありながら、日本各地に縁のある方の末裔が住んでいる。その多くは博多港に上陸した旧満洲からの引き揚げ関係者であるが、大陸に近く、再び満洲に帰れるかもしれないという願いと、何事にも適当な大陸的風土が気にいって住みついた人々である。そういう下地があるため、帯に付された「福岡」という文字と著者の「小野寺」という東北地方特有の苗字を見て、引き揚げ関係者と思いこんでしまった。
 しかしながら、ページを進めるうち、著者の祖父小野寺直助が盛岡中学から東京の第一高等学校に進学し、新設の京都帝国大学福岡医科大学に進学した話だった。年代も確かめずに地名と苗字から引き揚げ関係者と勘違いしたが、国を思う熱意と若気の至りから福岡まで医学の勉強にやってきたことが分かった。ロシアの南下政策により半島、大陸に日本が関与しなければならなかった明治時代中期、著者の祖父が残した日記から当時の医学徒の生活ぶりが窺えて、ついつい、時間を忘れて読みふけってしまった。
 この一冊は、日記に残されたものを基にして描かれているが、そこに登場する人物の名前、それは著者の祖父小野寺直助と密接に交際のあった人だが、歴史書と勘違いするほどだった。電力の鬼といわれた松永安左衛門、水平社の松本治一郎、浪花節の桃中軒雲右衛門、三菱重工の郷古潔、海軍大尉時代の米内光政、新聞人の福本日南、全国の帝大総長を総なめにした山川健次郎、物理学の田中館愛橘、八木アンテナの八木秀次、野口英世、日本女性初ともいわれるソプラノ歌手の三浦環、朝日新聞から政治家に転じた中野正剛、果てには皇后陛下のご母堂、共産中国の要人で医者の郭沫若まで。
 さらに、日本海海戦での爆音で障子や襖がガタガタ鳴ったという言い伝えが福岡・博多の街には残っているが、それが事実であったことを日記が証明してくれた。

 日本という国が世界に伍するため競って近代化に励んだが、本書を読みながら明治日本の情景が目前のスクリーンに映し出されるかのようだった。高名な人物の日記は後世の人々に読まれても恥ずかしくないように書き直しされている場合が多い。しかしながら、この小野寺直助の場合は自身の日記であるために心情を吐露し、それだけ臨場感に溢れている。当時の若者が何を考え、何に悩み、何に憧れたのか、実際はこの一冊には収まりきれないほどあると推察するが、それでも十分にポイントを押さえた内容になっている。
 皮肉なことに、著者の祖父小野寺直助は九州帝国大学医学部教授を定年退官した後、満洲の新京医科大学教授に着任し、日本の敗戦にともない引き揚げ者となっている。懐かしき福岡・博多の街を目にして、どんな感慨を抱いたことだろうかと想像をめぐらした。
 膨大な日記の中から、ロシアとの緊張関係にある時代を中心にして綴られている。まだまだ、視点を変えれば時代を感じるものがあると思うので、続きに期待している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。