サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08131-0

紙の本

もうすぐ夏至だ

著者 永田 和宏 (著)

細胞生物学の権威であると同時に歌壇の第一人者が、亡妻河野裕子とともに築いた創造の日々を、見事な筆致でつづる待望のエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】「一日が...

もっと見る

もうすぐ夏至だ

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

細胞生物学の権威であると同時に歌壇の第一人者が、亡妻河野裕子とともに築いた創造の日々を、見事な筆致でつづる待望のエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

「一日が過ぎれば一日減つてゆく君との時間 もうすぐ夏至だ」 細胞生物学の権威であると同時に歌壇の第一人者が、亡妻河野裕子とともに築いた創造の日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

永田 和宏

略歴
〈永田和宏〉1947年滋賀県生まれ。京都大学理学部物理学科卒。京都産業大学総合生命科学部学部長。『塔』主宰。朝日新聞歌壇選者。「饗庭」で読売文学賞、「風位」で迢空賞等受賞。紫綬褒章受章。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都店

一日が過ぎれば一日減...

ジュンク堂書店京都店さん

一日が過ぎれば一日減つてゆく君との時間 もうすぐ夏至だ  

『風位』『後の日々』などの歌集で知られる歌人永田和宏の初のエッセイ集。
?章では、同じく歌人で2010年に死去した夫人の河野裕子との出会いから、がん再発以後の様子が歌とともに綴られています。
「私の使命は、永田を一日でも長生きさせること」と語り、亡くなる日にも「ごはんは?」と聞いたという河野氏に対して、自分ができることは河野裕子という歌人を書き遺すことと、しっかり食べて自分を養うことだという永田氏の思いが印象的です。
31文字のなかに相手に向けられた深い愛情が感じられ、交わされたいくつもの歌を通して、いつも語り合い、見つめ合い、ともに過ごしたふたりの思いが浮かびあがってきます。
死の前日まで歌を詠み続けたという河野裕子。それを書き写した永田和宏。
ふたりの傑出した歌人が夫婦として最後まで寄り添った姿がそこにはありました。
?章では、新聞掲載のエッセイを中心に、京都の暮しの中での情景が色彩豊かに描かれます。

文芸担当

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/09/04 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/03 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/30 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。