サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 狼と香辛料 17 Epilogue

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狼と香辛料 17 Epilogue(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/261p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870685-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

狼と香辛料 17 Epilogue (電撃文庫)

著者 支倉 凍砂 (著)

『太陽の金貨』事件から数年。元羊飼いのノーラと女商人エーブはホロからの手紙を手に、北へと向かっていた。その旅の途中、錬金術師デイアナも同じ馬車に乗り込んできて—。果たして...

もっと見る

狼と香辛料 17 Epilogue (電撃文庫)

572(税込)

狼と香辛料XVII Epilogue

572 (税込)

狼と香辛料XVII Epilogue

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「狼と香辛料 17 Epilogue」が含まれるセット商品

狼と香辛料 (電撃文庫) 19巻セット(電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫) 19巻セット

商品説明

『太陽の金貨』事件から数年。元羊飼いのノーラと女商人エーブはホロからの手紙を手に、北へと向かっていた。その旅の途中、錬金術師デイアナも同じ馬車に乗り込んできて—。果たしてホロとロレンスは、幸せであり続ける物語を紡ぐことができたのか?第16巻の後日譚を描く書き下ろし中編「Epilogue」のほか、「電撃文庫MAGAZINE」に掲載された短編3編を収録。第12回電撃小説大賞“銀賞”を受賞するや、剣も魔法も登場しないファンタジーとして多くの読者に愛された賢狼と行商人の旅の物語が、今巻でついに完結!二人の旅の結末を、ぜひその目で見届けてください。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

Epilogue 幕間 11−50
Epilogue 終幕 51−135
行商人と鈍色の騎士 137−184

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

本当に最後のエピソード

2015/08/17 13:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

「Epilogue 幕間/終幕」
 ニョッヒラに居を定め、開店準備に励むロレンスたち。その開店を前に呼び出された女が5人。エーブ・ボランやノーラ・アレント、ディアン・ルーベンスたち、いずれもホロとロレンスが行商の旅の中で浅からぬ縁を結んできた者たちだ。なぜ彼女らは呼び出されたのか?
 太陽の金貨事件から6年を経た人々の姿が描かれる。

「行商人と鈍色の騎士」
 ロレンスがまだ一人で行商をしている頃。見捨てられた砦を護る一人の老騎士フリードと出会う。初めは射殺されかけたロレンスだったが、彼が行商人と知ると、フリードはひとつの頼みごとをしてきた。

「狼と灰色の笑顔」
 ロレンスとホロ、コルが一緒に旅をしていた頃。コルから見たホロとロレンスの関係はどう見えていたのか?

「狼と白い道」
 とある小さな村に立ち寄ったホロとロレンス。そこで村人にせがまれたホロは、虚実入り混じった物語を語って聞かせる。彼らは何故そんなにも物語に飢えているのか?


 いよいよ最後のお話。Epilogueでのホロのかわいらしさは異常なくらい。次第に変わっていったロレンスは、昔の自分のような人に余裕で対応できる人間になっている。
 そして短編3本は、世界観とキャラを深める物語になっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸福な物語の幸福な終わり

2011/10/04 21:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 狼と香辛料の、最後の短編集。

 いやあ幸せな物語だった。
 内容ももちろんなんだけど、なんというか、この物語を取り巻く全てが幸せだったといえるんじゃないかな。
 でもってその幸せのおすそ分けをいただけるというか、浸ることができた物語。

 幸福というものは、個々によって違うものだ。
 ロレンスの求める幸せと、ホロの求める幸せも、つきつめれば別のものなのだろう。が、互いがそこに接点を見出し、それをはぐくむと決めた。
 二人で生きるということは、多分そういうことなのだ。

 そして、物語を彩った人物たちのそれぞれの幸せ。
 誰もが、自立していて、自分の足でしっかり立ってるっていうのがいいなと思うのである。

 にしても、砦を守っていた老騎士の物語が素敵です。
 格好いい大人が描けるのって、最高にいいなと思うのです。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/07 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/14 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/20 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/12 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/04 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/16 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/06 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む