サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-791644-9

紙の本

短くて恐ろしいフィルの時代

著者 ジョージ・ソーンダーズ (著),岸本 佐知子 (訳)

小さな小さな“内ホーナー国”とそれを取り囲む“外ホーナー国”。国境を巡り次第にエスカレートする迫害がいつしか国家の転覆につながって…?!「天才賞」として名高いマッカーサー...

もっと見る

短くて恐ろしいフィルの時代

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さな小さな“内ホーナー国”とそれを取り囲む“外ホーナー国”。国境を巡り次第にエスカレートする迫害がいつしか国家の転覆につながって…?!「天才賞」として名高いマッカーサー賞受賞の鬼才ソーンダーズが放つ、前代未聞の“ジェノサイドにまつわるおとぎ話”。【「BOOK」データベースの商品解説】

小さな小さな「内ホーナー国」とそれを取り囲む「外ホーナー国」。国境を巡り次第にエスカレートする迫害が、いつしか国家の転覆へとつながって…。前代未聞のジェノサイドにまつわるおとぎ話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョージ・ソーンダーズ

略歴
〈ジョージ・ソーンダーズ〉1958年米国テキサス州生まれ。コロラド鉱業大学卒業後、シラキュース大学創作科に学ぶ。母校の創作科長を務めながら作品を発表。マッカーサー賞、グッゲンハイム賞をはじめ数々の賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

変てこだけど、目が離せない。

2011/12/30 23:21

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

フィル。フィルは恐ろしい。どんどんエスカレートしてゆく。

国民が一度に一人しか入れないので、残りの六人(!)はその外で自分の国に住む順番を待っていなければならないほど小さい〈内ホーナー国〉と、それを取り囲む〈外ホーナー国〉、という設定だけで既になにやら可笑しいのに、どうも人物たちも人間の形ではないようなのだ。

そこに現れたフィル。
恐ろしいけれど、目が離せないのは、ある集団には必ずいる人、どんな人の中にもその片鱗がきっとあるに違いない人、だからかもしれない。

こんな、奇妙でユーモラスな物語、訳すのはさぞかし大変だろうな、と思うけれど、喜々として訳してやっしゃるようにも思われる。
岸本さんの書かれるエッセイと通ずるものがあるようだ。(私はふと「枕の中の行軍」を思い出した。)

でも、教訓として読んだらつまらない。
ただ、奇妙で、ちょっとシニカルで、くすくす笑ってしまう物語として、楽しんで読めばそれでいいんじゃないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風刺小説としては

2016/02/23 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

結構類型的ではあるけど面白いです。
内ホーナー国民も優れているわけではないところがポイントでしょうか。
自分が住むなら大ケラー国がいいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこか遠くの話だったはずが,とても近くの話になってきてしまったような・・・

2016/01/30 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

<ジェノサイドにまつわるおとぎ話>に偽りなし.登場人物は,人物ではなく,この世界も私たちの世界ではないけれど,そこにある話は,寒気がするほど私たちの話でした.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/14 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/30 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/02 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 07:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/09 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/05 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/08 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。