サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1024-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2011/11/01
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:29cm/30p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-7515-2547-0
絵本

紙の本

うんちっち

著者 ステファニー・ブレイク (作),ふしみ みさを (訳)

うさぎのこが、いうことばは、ただひとつ。いつでもどこでもうんちっち。それがあるとき…子どもたちに大人気!フランスのロングセラー絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】...

もっと見る

うんちっち

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あすなろ書房 2012新刊絵本セット 6巻セット

  • 税込価格:9,02082pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うさぎのこが、いうことばは、ただひとつ。いつでもどこでもうんちっち。それがあるとき…子どもたちに大人気!フランスのロングセラー絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

うさぎのこが言う言葉はただひとつ。いつでもどこでも「うんちっち」。そんなうさぎのこを食べたオオカミは「うんちっち」としか言えなくなり…。読み聞かせが楽しい、フランスのロングセラー絵本。〔PHP研究所 2005年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ステファニー・ブレイク

略歴
〈ステファニー・ブレイク〉1968年アメリカ生まれ。8歳よりパリに暮らす。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

面白い!

2019/01/05 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

うんちばっかり言ってる幼稚園年長の息子に読みました。
うんちっち しか言わないシモンが面白くて、ストーリー展開もドキドキで楽しくて、ラストのオチも最高に面白くて、もちろんお気に入り絵本になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供が大好きだけど…

2017/10/15 12:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供が好きそうだなぁと思い選んだ1冊でしたが、ちょっと失敗。主人公のうさぎは「うんちっち」しか言わない子で…子供がこの本にハマったのはよかったんですが、主人公の真似をして何を言っても「うんちっち」を連発。困った…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユーモア絵本

2017/08/07 10:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さい子ってなぜか「うんち」って言葉が好き。それは、洋の東西を問わないらしい。
この絵本は、フランス原作。「うんちっち」は原題では「カカブーダン」らしいけれど、そちらの響きもなかなかにユーモラス。
主人公のうさぎの子は何を言われても「うんちっち」としか答えない。家族との繰り返しがおかしく、カラフルな絵の雰囲気とぴったり合っている。
予想外な顛末もふくめて、何とも個性的な一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供は大好き

2017/02/20 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供は大好きですよね、この言葉。
読んでみたら、やはり、うけて、大笑い!
子供はともかく、親は苦手な人がいる絵本でしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供には見せられない。

2018/11/18 00:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

このような言葉を使えば子供は笑うのでしょう。しかし、大人としては避けたい絵本です。最後なぜ「オナラブー」になるのか、理由が分かりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/22 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/02 03:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/06 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/03 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/10 04:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/29 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/18 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。