サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日米衝突の根源 1858−1908

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日米衝突の根源 1858−1908
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/572p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-1862-9
  • 国内送料無料

紙の本

日米衝突の根源 1858−1908

著者 渡辺 惣樹 (著)

国内産業保護を基軸とするシステムの綻び、ヨーロッパ諸国との領土紛争、人種問題…。良好な関係だった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料をもとに詳細に描き、...

もっと見る

日米衝突の根源 1858−1908

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国内産業保護を基軸とするシステムの綻び、ヨーロッパ諸国との領土紛争、人種問題…。良好な関係だった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料をもとに詳細に描き、太平洋戦争の起源に新たな解釈を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 惣樹

略歴
〈渡辺惣樹〉1954年生まれ。静岡県出身。東京大学経済学部卒業。日米近現代史研究家。日本開国以降の日米関係を新たな視点からとらえるべく、米英史料を広く渉猟。著書に「日本開国」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/12 06:41

投稿元:ブクログ

日本の明治期にあたる半世紀のアメリカの出来事が語られています。大陸横断鉄道開通によって太平洋からアジアへの交易が強く意識され出した。サンフランシスコと支那沿岸部の中間地点がミッドウェーであり、将来の紛争を想定した場合、重要な戦略拠点になるのでアメリカは1867年に領有を宣言した。低賃金で働く支那人は白人の職場を脅かすので、『支那人排斥法』を施行した。日本がハワイに触手を伸ばしているという理由により、ハワイをアメリカに併合しようとした。サンフランシスコ市長のポピュリズム政策によって反日本人感情は煽られた。

2014/01/20 21:06

投稿元:ブクログ

開国直後の1858年から日露戦争直後の1908年までのアメリカ史を
折に触れて日本との関係と照らし合わせつつ描く。

非常に読みやすく、かつ面白い。
アメリカの拡張政策や、ゴールドラッシュに端を発する
カリフォルニア開発と移民排斥問題、
ハワイ併合や米西戦争などを概説し、
明治史の要所要所で現れるアメリカの意図や狙いに納得がいく。
ある程度話を単純化しているように見られる箇所はあるが、
概要を俯瞰する意味合いではこの分量が最適だと感じた。
特に印象に残った米西戦争やセオドア・ルーズベルトについては
改めて学びたい。
近代史の知識を深めるのに適した一冊であり、オススメ。

2014/03/15 21:56

投稿元:ブクログ

ペリー来航から半世紀の米国史を詳らかにすることで、日米衝突に至るであろう道筋を浮き彫りにします。米国側からあの大戦の起源をたどった史実は、知らないことが多く、歴史から学ぼうとするものにとっての必読文献だと思います。本書によれば、日米の衝突は必然ですね。とすれば、衝撃を緩和するにはと考えるべきでしょうか?太平洋を制するには、ハワイがバイタルと見抜き、手中に収めた米国は恐ろしい相手です。国内事情ばかり研究している我国の戦史研究。今更ながら、複眼的思考、俯瞰的思考の大切さを痛感します。

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む