サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 渡辺 惣樹の紙の本一覧

“渡辺 惣樹”の紙の本一覧

1954年生まれ。静岡県出身。東京大学経済学部卒業。日米近現代史研究家。著書に「戦争を始めるのは誰か」「日米衝突の根源」など。

“渡辺 惣樹”に関連する紙の本を28件掲載しています。128 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

第二次世界大戦アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ (文春新書)(文春新書)

第二次世界大戦アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ (文春新書)

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2018/06/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後体制を形づくった重要な場面でソビエトスパイが果たした決定的な役割とは。チャーチル、トルーマンが認めざるを得なかった「敗北」とは。ふたりのソビエトスパイの行状に焦点を当てながら、近現代史の再叙述を試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

    ハルノートの原案を書き、ケインズと競いつつブレトンウッズ体制を形づくったハリー・デキスター・ホワイト、国際連合設立を仕切ったアルジャー・...

裏口からの参戦 ルーズベルト外交の正体1933−1941 下

裏口からの参戦 ルーズベルト外交の正体1933−1941 下 新刊

  • 評価5.0
  • 税込価格:4,104
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2018/08/23
  • 発送可能日:1~3日
  • ルーズベルトの挑発を黙殺し続けるヒトラー。そして、日本が米国の「罠」に落ちた−。外交史の泰斗が、第二次世界大戦にいたる米外交の軌跡を詳細に検証し、ルーズベルト外交の全貌を実証的に解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    ルーズベルトは、ヒトラーが拒否した役回りを日本の政治家にやらせることに決めた。
    彼らなら面倒なくその役目を引き受けてくれそうだった。
    ……ル...

裏口からの参戦 ルーズベルト外交の正体1933−1941 上

裏口からの参戦 ルーズベルト外交の正体1933−1941 上 新刊

  • 税込価格:4,104
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2018/08/23
  • 発送可能日:1~3日
  • ルーズベルトはどのような「方法」で、第二次世界大戦への参戦を果たしたのか? 外交史の泰斗が、大戦にいたる米外交の軌跡を詳細に検証し、ルーズベルト外交の全貌を実証的に解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    ルーズベルトは、ヒトラーが拒否した役回りを日本の政治家にやらせることに決めた。
    彼らなら面倒なくその役目を引き受けてくれそうだった。
    ……ルーズベルトはシ...

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)(草思社文庫)

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,080
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2017/04/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 大統領は何がなんでも戦争をしたかった−。大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す証言。米国議会と国民を欺いて戦争を世界に拡大させたルーズベルトの責任を追及する。【「TRC MARC」の商品解説】

    元共和党重鎮が、戦争反対世論をねじふせ、対日最後通牒を隠してアメリカを大戦に導いたとしてルーズベルトの責任を厳しく追及。太平洋戦史を一変させる重...

日米衝突の萌芽 1898−1918 (草思社文庫)(草思社文庫)

日米衝突の萌芽 1898−1918 (草思社文庫)

  • 税込価格:1,944
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2018/10/03
  • 近日発売:予約可
  • 懸命な外交努力もむなしく、日本はなぜ米国の仮想敵国No.1となったのか。第1次大戦期を米側史料によって俯瞰。日米開戦の原因に新たな解釈を提示した瞠目の書!【本の内容】

日米衝突の根源 1858−1908 (草思社文庫)(草思社文庫)

日米衝突の根源 1858−1908 (草思社文庫)

  • 税込価格:1,944
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2018/06/05
  • 発送可能日:24時間
  • 国内産業保護を基軸とするシステムの綻び、ヨーロッパ諸国との領土紛争、人種問題…。良好な関係だった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料をもとに詳細に描き、太平洋戦争の起源に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    日米開戦は、日露戦争期からすでに想定されていた――

    ペリー来航以降、セオドア・ルーズベルトによるポーツマス条約仲介まで、アメリカは日本...

戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書)(文春新書)

戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書)

  • 評価4.1レビュー:8件
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2017/01/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 歴史修正主義に立つ多くの研究書を基礎に歴史を解釈。英米露独の外交と内政を徹底検証し、2つの世界大戦が実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    二つの世界大戦は必要のない戦争だった。とくに第二次大戦は、チャーチルとルーズベルトがいなければ起らなかった――。
    本来の「歴史修正主義」とは、戦前の日独を全面肯定する歴史観のことで...

アメリカはいかにして日本を追い詰めたか 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 (草思社文庫)(草思社文庫)

アメリカはいかにして日本を追い詰めたか 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 (草思社文庫)

  • 評価5.0
  • 税込価格:972
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2017/02/02
  • 発送可能日:1~3日
  • ルーズベルト外交の失敗が、日本に戦争を決断させた−。2009年に発表された米陸軍のオフィシャル・レポートに詳細な解説を付し、真珠湾攻撃に帰着した日米外交の真実に迫る。新視点による瞠目の「太平洋戦争開戦史」。【「TRC MARC」の商品解説】

    開戦原因の半ばはルーズベルト外交の失敗にあると結論付けた米国の公式レポートに、当時の米国世論等をふまえた解説を付す。開戦を米側からとらえ...

裏切られた自由 フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 下

裏切られた自由 フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 下

  • 評価5.0
  • 税込価格:9,504
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2017/11/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバーが第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録。アメリカ大統領の「裏切り」が世界にもたらした災いとは何か。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ、第一級の史料。【「TRC MARC」の商品解説】

    本書は第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。誰もが避けたいと...

裏切られた自由 フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 上

裏切られた自由 フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 上

  • 評価5.0レビュー:4件
  • 税込価格:9,504
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2017/07/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバーが第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録。元大統領が告発するアメリカの「責任」とは何か。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ、第一級の史料。【「TRC MARC」の商品解説】

    本書は第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。誰もが避けたいと思っていたに...

誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く

誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く

  • 評価4.6レビュー:6件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2017/07/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 元アメリカ大統領が生涯をかけて記録した第二次世界大戦の真実とは? 悲劇の元凶はいったい誰だったのか? 封印されていた大著「裏切られた自由」を翻訳した歴史家がその記述をもとに歴史の真実を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    本書は、アメリカ大統領ハーバート・フーバーの大著『裏切られた自由』を翻訳した歴史家・渡辺惣樹氏が、同書の読みどころ紹介しつつ、新解釈の「日米戦...

朝鮮開国と日清戦争 アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか (草思社文庫)(草思社文庫)

朝鮮開国と日清戦争 アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか (草思社文庫)

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:1,296
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2016/10/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本とアメリカは独立国家と認めた。日本はそのために戦った。それでも朝鮮は自らを改革できなかった−。近代東アジア関係の原点となった日清戦争期を、米国アジア外交の視点を加えた新たなパラダイムで読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

    日米が独立国と認め、日本はそのために戦ったにもかかわらず朝鮮は自らを改革できなかった。米アジア外交の視点を加え、日清戦争の解釈に新たなパラダイム...

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由 (草思社文庫)(草思社文庫)

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由 (草思社文庫)

  • 評価4.5
  • 税込価格:864
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2016/06/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 「捕鯨」はたんなる口実だった! 日本に開国を迫ったアメリカの真意を、米国側史料を本格的に取り上げながら解明する。アメリカの対日・対中政策の原型を描き出した「新・開国史」。【「TRC MARC」の商品解説】

    捕鯨は口実だった。米側史料を本格的に取り上げ、開国のシナリオを作った関係者の動きを点描。米国の東アジア戦略(対日・対中)の原型を示した「新・開国史」!【商品解説】

ルーズベルトの死の秘密 日本が戦った男の死に方

ルーズベルトの死の秘密 日本が戦った男の死に方

  • 評価4.5
  • 税込価格:2,916
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2015/03/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 当初から疑問の声があがっていたフランクリン・ルーズベルト米大統領の死因に関する公式見解。神経科学専門医とジャーナリストが死の真因を追究。第二次大戦の重大局面を主導した大統領の特異な人物像を冷徹に描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

日米衝突の萌芽 1898−1918

日米衝突の萌芽 1898−1918

  • 評価4.7レビュー:3件
  • 税込価格:3,780
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2013/06/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 【山本七平賞(第22回)】懸命な外交努力もむなしく、なぜ日本は米国の仮想敵国とされたのか? 米側最新資料をもとに第1次大戦期を俯瞰。太平洋戦争の原因をひとり日本に求める史観に根本的な見直しを迫る日米開戦前史。【「TRC MARC」の商品解説】

    日露戦争に勝利し、世界第3位の海軍力をもつ日本は、第一次大戦にいたる米英独のせめぎ合いを左右するキャスティングボートを握った――日本近...

日米開戦の人種的側面アメリカの反省1944

日米開戦の人種的側面アメリカの反省1944

  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:2,808
  • 出版社:草思社
  • 取扱開始日:2012/07/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 真珠湾攻撃以降の日本人強制収容の詳細な経緯を記すとともに、その背景にあった日本人に対する激しい偏見の歴史を描き出す。太平洋戦争のさなかにアメリカ人同胞に強い自省を促した著作。【「TRC MARC」の商品解説】

激動の日本近現代史1852−1941 歴史修正主義の逆襲

激動の日本近現代史1852−1941 歴史修正主義の逆襲

  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:ビジネス社
  • 発売日:2017/08/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 宮崎正弘と渡辺惣樹による対談。日本の幕末維新から日清・日露戦争、そして大東亜戦争へといたる近代史を、従来の国内的視野からの分析を飛び越えて海外の動きとの絡みのなかで複座的にとらえ直す試み。【「TRC MARC」の商品解説】

    世界から見た、驚くほど姿を変える日本の近現代史を徹底解説!
    アメリカや英国の新旧資料をもとに、日本の近現代史を見直す!
    これまでの日本史は日本...

日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料 (草思社文庫)(草思社文庫)

日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料 (草思社文庫)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:972
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2016/08/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 1852年にニューヨークで出版された「日本の履歴書」。日本の歴史、地理から日本人の民族性まで網羅し解説。アメリカのペリー派遣の本当の意味を知り、米英の対日イメージの原点を理解するための資料。【「TRC MARC」の商品解説】

    ペリー来航前に大英帝国の歴史学者が書いた「オール・アバウト・ジャパン」。米英が恐るべき精度で日本のことを把握していたことがわかる最重要資料の初の全訳。【...

アメリカの対日政策を読み解く

アメリカの対日政策を読み解く

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2016/03/29
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカはいい国か、ずるい国か。日本人はなぜその対日政策に戸惑いつづけるのか。ペリー来航からTPPまで、そこに通底するアメリカの行動原理・ロジックを明らかにする論考集。【「TRC MARC」の商品解説】

    友好関係にあったはずのアメリカはなぜ日本と戦うことになったのか。現代史のこの大きな謎だけでなく、日本人は依然としてアメリカという国の意思を読み切れずにいる。米英文献を渉猟し、...

ダレス兄弟 国務長官とCIA長官の秘密の戦争

ダレス兄弟 国務長官とCIA長官の秘密の戦争

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,996
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2015/11/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 第二次大戦後の世界を、裏表の強権で制圧しつづけたダレス兄弟。彼らの来歴を詳述し、その徹底した善悪二元論と国益追求の由来を解き明かし、そこに映し出されたアメリカの行動原理に鋭い批評を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

    国務長官ジョン・フォスターとCIA長官アレンのダレス兄弟は、冷戦ピーク期のアメリカ外交を表裏一体となって主導した。世界に親米か親ソかの二者択一を迫り、ソ連...

コールダー・ウォー ドル覇権を崩壊させるプーチンの資源戦争

コールダー・ウォー ドル覇権を崩壊させるプーチンの資源戦争

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,376
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2015/05/14
  • 発送可能日:1~3日
  • プーチンが仕掛ける新冷戦(コールダー・ウォー)がアメリカの覇権を終焉させる!? 資源開発現場で得た最新情報をもとに、世界激震の背後にあるプーチンのしたたかな資源戦略を洞察、ドル崩壊の危機を予測した戦慄の書。【「TRC MARC」の商品解説】

    東西冷戦をしのぐ米露の熾烈な戦いが始まっている。プーチンは今、膨大なエネルギー資源を武器に強力な資源外交を展開している。狙いは資源取引の...

朝鮮開国と日清戦争 アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか

朝鮮開国と日清戦争 アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか

  • 評価4.7レビュー:4件
  • 税込価格:3,024
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2014/12/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本とアメリカは独立国家と認めた。日本はそのために戦った。それでも朝鮮は自らを改革できなかった−。近代東アジア関係の原点となった日清戦争期を、米国アジア外交の視点を加えた新たなパラダイムで読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

    なぜ「征韓論」を否定した僅か2年後に江華島事件が起きたのか。なぜ維新まもない日本が朝鮮開国の役割を担ったのか。なぜ日本は朝鮮の独立を承認させるた...

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:2,916
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2014/09/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 大統領は、何がなんでも戦争をしたかった−。ポーランドに圧力をかけ、議会を欺いて、世界を大戦に導いた、ルーズベルトの責任を厳しく追及する。同時代の重要政治家による歴史的証言。【「TRC MARC」の商品解説】

    元共和党有力議員が、米国民の8割が戦争に反対するなか、領土交渉でポーランドに強硬姿勢をとらせることで〝裏口〟から対独戦に参戦、さらに対日最後通牒(=ハル・ノート)を議会に...

アメリカはいかにして日本を追い詰めたか 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦

アメリカはいかにして日本を追い詰めたか 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦

  • 評価4.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2013/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • ルーズベルト外交の失敗が、日本に戦争を決断させた−。2009年に発表された米陸軍のオフィシャル・レポートに詳細な解説を付し、真珠湾攻撃に帰着した日米外交の真実に迫る。新視点による瞠目の「太平洋戦争開戦史」。【「TRC MARC」の商品解説】

    1941年、ヒトラーとの戦争のきっかけを待ち、日本との戦争は想定外だったルーズベルト米大統領は、石油等の全面禁輸の経済制裁で日本の南進を...

TPP知財戦争の始まり

TPP知財戦争の始まり

  • 評価3.8レビュー:8件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:草思社
  • 発行年月:2012.2
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカの真の狙いは、知財侵害大国・中国の抑え込みだった! 知財を護る女性「司令官」に焦点を当て、日本を巻き込む米国の生き残り戦略を明らかにする。

日米衝突の根源 1858−1908

日米衝突の根源 1858−1908

  • 評価4.7レビュー:3件
  • 税込価格:3,780
  • 出版社:草思社
  • 発行年月:2011.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 国内産業保護を基軸とするシステムの綻び、ヨーロッパ諸国との領土紛争、人種問題…。良好な関係だった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料をもとに詳細に描き、太平洋戦争の起源に新たな解釈を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料

日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料

  • 評価4.7レビュー:4件
  • 税込価格:2,160
  • 出版社:草思社
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 1852年にニューヨークで出版された「日本の履歴書」。日本の歴史、地理から日本人の民族性まで網羅し解説。アメリカのペリー派遣の本当の意味を知り、米英の対日イメージの原点を理解するための資料。【「TRC MARC」の商品解説】

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由

日本開国 アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由

  • 評価4.3レビュー:3件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:草思社
  • 発売日:2009/11/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 「捕鯨」はたんなる口実だった! 日本に開国を迫ったアメリカの真意を、米国側史料を本格的に取り上げながら解明する。アメリカの東アジア戦略の原型を示した「新・開国史」。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 28 件中 1 件~ 28 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。