サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 東京創元社
  6. 望月のあと 覚書源氏物語『若菜』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

望月のあと 覚書源氏物語『若菜』
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02487-1
  • 国内送料無料

紙の本

望月のあと 覚書源氏物語『若菜』

著者 森谷 明子 (著)

紫式部が物語に忍ばせた、栄華を極める道長への企みとは?平安の都は、盗賊やつけ火が横行し、乱れはじめていた。しかし、そんな世情を歯牙にもかけぬかのように「この世をばわが世と...

もっと見る

望月のあと 覚書源氏物語『若菜』

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

紫式部が物語に忍ばせた、栄華を極める道長への企みとは?平安の都は、盗賊やつけ火が横行し、乱れはじめていた。しかし、そんな世情を歯牙にもかけぬかのように「この世をばわが世とぞ思う…」と歌に詠んだ道長。紫式部は、道長と、道長が別邸にひそかに隠す謎の姫君になぞらえて『源氏物語』を書き綴るが、そこには時の大権力者に対する、紫式部の意外な知略が潜んでいた。【「BOOK」データベースの商品解説】

平安の世を支配する藤原道長が別邸に密かにかくまう謎の姫君。紫式部は、道長とこの謎の姫君になぞらえて「源氏物語」を書き綴るが、そこには時の大権力者に対する、紫式部の意外な知略が潜んでいた。平安王朝推理絵巻第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森谷 明子

略歴
〈森谷明子〉神奈川県生まれ。「千年の黙」で第13回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。他の著書に「白の祝宴」「れんげ野原のまんなかで」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大宰府に追いやられた瑠璃姫をめぐる王朝ミステリー

2012/01/19 16:46

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

『千年の黙』『白の祝宴』に続く源氏物語シリーズ3冊目。
玉鬘(葛)から若菜までを執筆する紫式部と
その周辺を描く王朝ミステリー。

源氏物語の謎を丁寧に拾い集め
それをきれいに解き明かす。
昔読んだ記憶がバシバシ甦ってきて
心地よさにひたる。

今回の大きなミステリーは
「若菜」に出てくる「瑠璃」姫について。
女性はあだ名や局名、官位で登場するのに
なぜ、瑠璃だけは本名なのか。

道長がこっそりと匿う、やんごとなき身分ながら
日蔭者の瑠璃姫。
彼女の幸せを祈る香子(紫式部)の策略が光る。

さらに突然身罷った一条帝から三条帝へと
帝位が引き継がれるものの、
道長とは全く相いれない三条帝が
失脚していくまでを見事に描く。

道長の長女彰子は一条帝の妃、
二女の妍子は三条帝の妃、
三女の威子は後一条帝の妃、
四女の嬉子は後朱雀帝の妃という
道長の栄華が成立する。

道長は、野心はあるものの、実は小心者で
この頃にはそれほど政略を巡らせたわけではなく
賢き彰子という娘に恵まれたこと、
皇子が順調に生まれたこと、
時の運が大きかったことなど、時代の読み解きもおもしろい。

前作までの道長とは印象が変わり、
また香子にしてやられることもあり、
なんだか親近感がわいてしまう。

この間に、身罷った一条帝の娘、修子に仕える童の糸丸が、
その日の食料を確保するだけで精一杯の童、秋津と知り合い
この時代の庶民や農民の怨嗟の声も伝える。
それは香子にも届く。

これは宇治十帖で漂う仏教思想へと繋がるのだろうか。

また、源氏物語の瑕疵に至るまで
香子に言い訳させ、さも本当のように思わせる。
思わず、笑ってしまった。
次の作品にも期待してしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

玉葛

2017/08/15 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な冒険と縁を含んだ玉葛十帖。そして光源氏の栄華とその影にある悲劇を描いた若菜。
紫式部の生きた時代の出来事とクロスさせていく、ドラマの作り方は面白い。ただ、これをミステとするには、謎解き部分が食い足りない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ずいぶん待たされました

2012/01/29 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

平安王朝推理絵巻…ですか?

第3弾と言っても最初の「千年の黙」が出たのは2003年とのこと、かなり長く待ちましたよ~

雲隠 が今回再び(描き方を変えて)掲載されているのはちょっと意外。本作の方が書き方も余韻があって良いと思うけれど…。

かかやく日の宮という源氏物語の「謎」に真っ向から取り組んだ前作に対して本作は登場人物も幅広く活き活きと描かれているように思われます。
主人公はもちろんながら、和泉式部や彰子も魅力的で読んでいて楽しい小説。
シリーズのおそらく最後となる宇治十帖については、どうぞこの勢いであまり待たせずに書き上げていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/22 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/02 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/19 05:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/31 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/24 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/27 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/17 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/25 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る