サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

口紅のとき
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 求龍堂
  • サイズ:20cm/107p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7630-1143-5
  • 国内送料無料

紙の本

口紅のとき

著者 角田 光代 (著),上田 義彦 (写真)

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】初恋、結婚、別離…。人生はいつも口紅とともに。口紅にまつわ...

もっと見る

口紅のとき

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

初恋、結婚、別離…。人生はいつも口紅とともに。口紅にまつわるあざやかなドラマを描いた短篇集。2007年3〜6月開催の展覧会で発表された写真と小説をまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

6歳 11−17
12歳 19−25
18歳 27−35

著者紹介

角田 光代

略歴
〈角田光代〉1967年神奈川県生まれ。「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。「対岸の彼女」で直木賞、「ロック母」で川端康成文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

女の一生

2017/09/06 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

くちべにが女性性の象徴として描かれた物語が集められた一冊。鏡台の前にいる人間が「母」ではなく、「女」なのだと知った6歳。などなど。
個人的には、くちべにに対してこれといった思い入れが無かったので、これからはよく見て、良く考えて塗ろうと思った。鏡の中の私はちゃんと「女」だろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/18 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/10 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/08 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/14 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/23 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/28 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/01 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/14 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/25 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る