サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. ベスト・オブ・映画欠席裁判

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベスト・オブ・映画欠席裁判(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/549p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-780170-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)

著者 町山 智浩 (著),柳下 毅一郎 (著)

つまらない映画は面白く、面白い映画は深く語る、町山智浩、柳下毅一郎による活字漫才。映画への愛ゆえに怒り、ツッコミ、笑い、時に対立も辞さず語りつくす、対話型暴走映画評論集。...

もっと見る

ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)

967(税込)

ベスト・オブ・映画欠席裁判

960 (税込)

ベスト・オブ・映画欠席裁判

ポイント :8pt / 紙の本より7おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店大阪本店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

つまらない映画は面白く、面白い映画は深く語る、町山智浩、柳下毅一郎による活字漫才。映画への愛ゆえに怒り、ツッコミ、笑い、時に対立も辞さず語りつくす、対話型暴走映画評論集。〔「ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判 1〜3」(洋泉社 2002〜2007年刊)の改題,再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

本書は、映画評論家・町山智浩、柳下毅一郎両氏による映画評論...

丸善札幌北一条店さん

本書は、映画評論家・町山智浩、柳下毅一郎両氏による映画評論”漫才”コンビ、ファビュラス・バーカー・ボーイズの、傑作選である。
「ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判」はすでに3まで単行本化(洋泉社刊)されているが
本書はそれらからの選りすぐりを集めた再編集本となっている。
前書きにて、評の申し訳なさ順に選んだのが今回のベスト版だと触れている様に、基本的に両氏の評論はヒドい。
クズだのゴミだのという言葉が飛び交うのは日常茶飯事、誹謗中傷と罵詈雑言の嵐である。
だが、二人の膨大な知識と深い映画愛に裏付けられ、整然とした理論に基づいて投げつけられるそれらの悪口は
実に心地よく腑に落ち、なぜか逆に「それなら観てみたい」と読者を駆り立てる力を持っているのだ。
もちろん、両氏の褒める作品は言うに及ばずである。
対談形式で書かれた本文は非常に読みやすく、ボケとツッコミの掛け合いは、声に出して笑ってしまう事もしばしばである。
作品への理解を面白おかしく深められるだけでなく、映画そのものをより楽しむ事が出来る様になる本書は、映画ファンのみならず、映画に興味の無い人達にも読んで欲しい一冊である。

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.0

評価内訳

2012/06/16 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/16 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/11 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 04:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/14 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/03 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/29 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/29 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る