サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

14歳の周波数(実業之日本社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/03/28
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55119-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

著者 吉川 トリコ (著)

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィという仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく―。14歳の小さな世界で起...

もっと見る

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

596(税込)

14歳の周波数

475(税込)

14歳の周波数

ポイント :4pt / 紙の本より121おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィという仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく―。14歳の小さな世界で起きる数々のドラマと少女の過剰な自意識をガールズ小説の名手が活写。誰もが通り過ぎた時代の、恥ずかしくも懐かしく、切なくも愛おしい瞬間を詰め込んで、あらゆる世代に贈る青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれど仲間たちに囲まれ、町での生活に馴染んでいき…。14歳の小さな世界で起きるドラマと少女の過剰な自意識を活き活きと描く。『小説すばる』掲載を加筆・修正し文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/06/02 14:51

投稿元:ブクログ

まさに中2病。
この時期必然的に罹患するものなんだと大人は知ってるんだけど、こんなにモノ考えてる大人はいないと思ってたよ!あはははは!(笑うしかない)

他人事じゃなく痛いけど、足ツボとかマッサージみたいなものなのか、このくらいの年頃の主人公の話を「うぁああ」と思いながら読むの最近楽しい♪

2013/08/28 10:24

投稿元:ブクログ

14 歳の女の子たちの青春物語なのだが、
不安定に揺れ、蠢く感じが上手く描写されているし、
伝わってくる。
このレベルまで持ってきてもらうと、
薹が立った人間でも十分に読めるし、共感できる。
偉そうで、ゴメンナサイ。

2016/10/03 08:30

投稿元:ブクログ

若い。地方都市から田舎に引っ越した女子中学生の話。たまには若い話を読もうと購入。
中学生の女の子の心理をよく描いている(男なので想像だが)。若さ溢れ、生き生きとしているが、時折残酷で、リアルを忘れていない姿勢に好感を持つ。

2013/05/16 19:59

投稿元:ブクログ

14歳って若い。
がむしゃらな感じがうらやましい。
でもただがむしゃらなだけじゃなくて、
ちゃんと考えているんだよね。
あの素直さはいつからなくなっちゃうのかな(笑)

子供のころって自分にはどうしようもできないことが多くて大人に早くなりたいって思ってたけど、大人を目前とした今になってはあの頃に戻りたいというか…。
クラスが一体になった時の高揚感とかをもう一度味わいたい、青春したいって思う。

長くなりましたが(笑)、14歳のあの時を思い出させてくれる小説ですo(^o^)o

2013/04/16 21:03

投稿元:ブクログ

やー、これいいです!もうトリコさんとは思えないほどの純粋さw
名古屋が舞台、というか名古屋近郊の田舎が舞台ですからね、トリコさんにしては珍しく。
なので、これはNSKが売らねばなりませんですわ!

14歳、教室の中が世界の全てで。その中で一人でいることを全力で回避するために必死で取り繕う。
周りのこと全てがわからないことだらけで、全てが興味の対象で。
いろんなことを知りたいけど、知るのが怖くて。
そんなもやもやのひとつひとつを、14歳なんて遠い彼方に忘れ去ってしまった私の目の前にさっと取り出して広げて見せてくれる。あなたもこうだったでしょう、と。
そうだそうだ、そうだったんだ。私も必死で生きていたんだ。14歳を。
早く大人になりたくて、でも大人になんてなりたくなくて、ずっとこのまま今が続けばいいと思いながらもやりばのない焦りが全身に突き刺さって。
どうしようもなく息苦しくて窮屈で、それなのにこんなに輝いている14歳って、ほんとにほんとに無敵だよ。
二度と戻りたくはないけどね。

2013/04/16 20:51

投稿元:ブクログ

吉川トリコさんの作品はぽつぽつと読んでいるのだけれど、こういうYA(と、くくっていいかな?)もの、すごく合うなぁと思った。
N市から、ど田舎に引っ越してきた鮎子。篇を追うごとに、私も登場人物のクラスメイトたちや、田舎の風景がいとおしくなった。
早く大人になりたい、でも、今のままでいたい。中学2年生、14歳の揺らぎや何気ない日常に読みながら切なさが込み上げてしまった。

2013/05/26 15:43

投稿元:ブクログ

自分が中学生の時に友達づきあいや異性に対してここまで心を砕いていただろうか。女子ならではの感受性と時代の格差はあるだろうが、それはもはや記憶の彼方へ過ぎ去ろうとしている。そんな人生の青くも眩しい瞬間を見事に思い起こさせてくれる作品。

2014/08/31 19:45

投稿元:ブクログ

田舎に引っ越してきた女の子が主人公。
アネゴと呼ばれる同級生や、男の子の前だとぶりっこな友達、いろんなタイプの14歳が繰り広げる青春小説。
もう一歩踏み込んでほしいような気もしつつ、この時期ってこういうことあるよねと共感する部分もあり。

読書会で利用するとすれば、きっかけ作りになりそう。
内容で語るタイプではないかもしれない。

2013/04/05 13:29

投稿元:ブクログ

14歳の時のコトなんて遥か忘却の彼方です(何も考えていないガキンチョ←14歳全般ではなく、私のコト)

実業之日本社のPR
「恥ずかしくて、愛おしい! 14歳という時代のきらめき
田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィといった仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく――。14歳の小さな世界で起きる数々のドラマと、少女の過剰な自意識をガールズ小説の名手が活写。誰もが通り過ぎた時代の、恥ずかしくも懐かしく、切なくも愛おしい瞬間を詰め込んで、あらゆる世代に贈る青春小説。」

2013/04/16 20:55

投稿元:ブクログ

思い、思われ、振り、振られ。顔に出来たニキビの位置で一喜一憂してたあの頃がぶわわっと鼻先にやってきた、そんな感じ、久しぶりだ。新しい環境に飛び込んでいくのはいつだって不安。オトナになってそれなりに経験値が上がってる今でもそれは変わらない。学生時代なんて想像を絶する苦労なんだから。だって自分を取り巻く世界はあまりにも狭くて小さくて、だからこそ立ち位置を確保するのは必死なのだ。
転校生と呼ばれる種族にかなり長い間属していた私だから、主人公・鮎子の苦労はわかる。姉から「要領がいい」と揶揄される鮎子だけれど企業努力と呼んで欲しい。「和を乱すモノ」は罪と認識される世界を生き抜くのは大変なのだから。

転校生として忘れられていく自分と、転校生として認められていく自分。どちらも「ワタシ」に変わりないはずなのにね。

2013/05/22 20:33

投稿元:ブクログ

14歳女子転校生の一年。

なーんの力もない、自分もない、でも頭の中はいろんな思いでごっちゃ混ぜのぎっちぎちな中学生な感じが軽いタッチで書かれている。様々な出来事を変に解決に持って行かないところに好感をもった。

2015/03/19 20:48

投稿元:ブクログ

女子中学生の気持ちになり、その場にいるかのような錯覚におちいる。中学生の日常はこんなものかとわかったような気持ちになる。