サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

14歳の周波数(実業之日本社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/03/28
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55119-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

著者 吉川 トリコ (著)

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィという仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく―。14歳の小さな世界で起...

もっと見る

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

596(税込)

14歳の周波数

475 (税込)

14歳の周波数

ポイント :4pt / 紙の本より121おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィという仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく―。14歳の小さな世界で起きる数々のドラマと少女の過剰な自意識をガールズ小説の名手が活写。誰もが通り過ぎた時代の、恥ずかしくも懐かしく、切なくも愛おしい瞬間を詰め込んで、あらゆる世代に贈る青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれど仲間たちに囲まれ、町での生活に馴染んでいき…。14歳の小さな世界で起きるドラマと少女の過剰な自意識を活き活きと描く。『小説すばる』掲載を加筆・修正し文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

瑞々しくて、中学時代を思い出す

2017/05/19 21:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始め当初(第2話~3話あたり)は、ちょっと登場人物にイライラしてしまいました…
女子特有の「なあなあ」な感じで、様子見をしたり、自分の気持ちを偽ったり…
だから、一度はこのまま読むのをやめてしまおうかとさえ思いましたが…読み続けると、次第に面白く感じるようになってきます。

本当にリアリティーに溢れた14歳の世界。
瑞々しくて、懐かしく感じます。
個人的には体育祭の話と、アネゴの恋の話がよかったかな(好きなキャラクターはリリィですが)
体育祭は「青春小説の王道」って感じでしたし、アネゴの恋の話は…まさか、冒頭のあの展開から、ああもシリアスな展開になるとは思わなかった…。

ただ、本当に登場人物の世界がリアリティーに溢れているので、青春小説のように主人公や周囲が成長していく話とかは期待できません。
(昨日までと言ってる内容が変わったり、成長したと思ったけれど、あまり変化してなかったり…)
お仕事小説のような「〇〇を成功させてやる!」という目標もありませんし、恋愛も友情関係のすれ違いも気持ちよく解決するわけでもありません。
実生活の中学生の女子のように、目の前のことでいっぱいっぱいで、問題解決に積極的に動くわけでもありません。
だから、そういうことを期待している人にはつまらないかもしれないです…。
(そういった問題を解決しようと動きまわるのがアネゴですが…空気を読めない熱血主人公といった感じなので、イライラする人も多いんじゃないかな…)

でも、そういった曖昧なところ、矛盾しているところ、一進一退で同じ失敗を繰り返すところ、大人からみると「回りくどいな~」と思うところ…そんなすべてが「14歳だから」と最後の話で納得させられます。

私たちの中学時代を振り返れるような小説です。
(そういえば、私も田舎の学校だったから、クラスメートの男女半分以上が集まって遊んだりしました。…さすがに、女子ほぼ全員で鑑賞会はなかったはずだけど…笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/02 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/28 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/16 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/16 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/22 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/19 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る