サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 講談社の通販
  6. ブルー・バックスの通販
  7. マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中(ブルー・バックス)
マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中(ブルー・バックス) マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中(ブルー・バックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/09/20
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257832-5
新書

紙の本

マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中 (ブルーバックス)

著者 ジム・オッタヴィアニ (原作),リーランド・マイリック (漫画),大貫 昌子 (訳)

好奇心旺盛で、いまでも人々を魅了する“超天才”は、何を考え、どう行動したのか? そして、独創性はいかにして生まれたのか? 女性を愛し、科学を愛したノーベル賞物理学者ファイ...

もっと見る

マンガはじめましてファインマン先生 超天才物理学者の頭の中 (ブルーバックス)

1,058(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

好奇心旺盛で、いまでも人々を魅了する“超天才”は、何を考え、どう行動したのか? そして、独創性はいかにして生まれたのか? 女性を愛し、科学を愛したノーベル賞物理学者ファインマンの伝記のマンガ化。【「TRC MARC」の商品解説】

子どもの頃から好奇心旺盛で、家は常に実験室。物理、数学にしか興味はなく、語学や美術は及第すれすれ。大学に入ってからは、自分の大好きな研究に没頭していく・・・。量子電磁力学(QED)の発展に貢献しノーベル賞を受賞、スペースシャトル「チャレンジャー号」爆発の原因の究明、『ファインマン物理学』を著すなど教育にも熱心だった天才物理学者の素顔に迫る伝記をマンガ化。
「ぼくぁ二度死にたかないよね。何とも退屈きわまるよ」 研究も私生活も好きなことには全力投球する男の哲学に学ぶ。【商品解説】

著者紹介

ジム・オッタヴィアニ

略歴
〈ジム・オッタヴィアニ〉科学関係のマンガ作者。
〈リーランド・マイリック〉イラストレーター。イグナッツ賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

マンガになりましたよ、ファインマンさん

2013/09/28 23:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

リチャード・P・ファインマン。
1965年、ジュリアン・S・シュウィンガー、朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を共同受賞した科学者。
超一流の科学者であると同時に、周囲の人達からは「いくつになっても"イタズラ小僧"のようなところがある人だった」と言われていた。

その人物の生涯をマンガ化したもの。

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」
「困ります、ファインマンさん」
「聞かせてよ、ファインマンさん」
「ファインマンさん、最後の冒険」
「科学は不確かだ!」
「ファインマンさんは超天才」
 :
など、一般向けの「ファインマンさんシリーズ」を全て読んだ人にとって、本書はそれらをまとめたダイジェスト版のように感じられる。

逆に「ファインマンさんシリーズ」を読んだ事がない人には「入門編」にあたるだろう。
興味を持ったら、本の方も読むといいかもしれない。
(本書のどのエピソードがどの本に収められているかまでは分からないが・・・)

軽いエピソードの集まりばかりというわけでもなく、「量子電磁力学(光と電子の相互作用の理論)」の説明は、かなり難しかった。
・・・というより、分からなかった。
ただ、この部分が分からなくても、全体に影響はない。

印象に残ったのは本書の後半の方の2つのエピソード。

一つは、ロスアラモスで原爆製造の研究団の一員だった頃を振り返った時のセリフ。
「変化する情況の中で、僕らは何かをやる理由を絶えず考え直すべきだということ」

そもそもアメリカが原爆製造に着手したのは当時のナチスドイツが原爆を作りかねないためだった。
だが、ナチスドイツが降伏した後も原爆製造は続けられる。
これは本当に続ける必要があったのか、という問いを発した者はごくわずか。
(当時、日本も原爆製造の研究を進めていたそうだが・・・)

コロコロ変わっても困るだろうが、頑ななまでに「既に決まった事だから」と聞く耳持たない態度の人をどこかで見た気がする。

もう一つは「スペースシャトル チャレンジャー号 爆発事故調査委員会」の話の中で、事故の背景として浮かび上がった事実。

「スペースシャトルは安全である」
と言い続けたいNASA上層部と、
「そんな事はない。一度、完全に点検しろ!」
と突き上げる現場。
現場の声は上層に上がっていくに従って、どこかへ消えてしまっていた。

「絶対安全」と言い続けていたくせに、ある天災がきっかけで、その「大ウソ」がばれてしまった会社(国もだが)と姿が一部、重なって見えた。
ただし、こちらの方がはるかに病んでいたが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すげえー ファインマン先生!

2015/12/02 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

頭よくて 多才 さらにもてる ファインマン先生。

本書は ファインマン先生の伝記。

アメリカチックなまんがで ファインマン先生のことが分かる。

朝永先生のノーベル賞授賞式欠席理由もなかなか破天荒!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファインマンの仕事がわかる

2015/11/24 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブルーバックス創刊50周年をかざるにふさわしい本でした。
ファインマンの人生を追いつつ仕事の内容が書かれています。
マンガではありますが、絵も字も小さく、密度の高い、内容の濃い本です。
読むのにかなり時間がかかり、読み終えたページに付箋を挟んで少しずつ読み進めました。
彼が、携わっていた原爆実験に成功したとき、落ち込む親友ボブを横目に、車のボンネットの上に座って太鼓をたたいて喜ぶシーンはショッキングでした。後に、彼も、破壊されたヒロシマが頭に浮かぶようになります。天才物理学者ゆえに、科学とヒューマニズムの間で苦悩しなければならなかったのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/06 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/15 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/05 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/18 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/24 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/11 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/28 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/30 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/19 04:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/24 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/22 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。