サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機
国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機 国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/19
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-39629-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機

著者 デービッド・アトキンソン (著)

今のままでは、何千年間も守られてきた日本の伝統文化が断絶してしまう…。国宝をはじめとする日本の文化財をめぐるさまざまな問題と、それを解決するためにはどのような手を打たなく...

もっと見る

国宝消滅 イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機

1,620(税込)

国宝消滅

1,296 (税込)

国宝消滅

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今のままでは、何千年間も守られてきた日本の伝統文化が断絶してしまう…。国宝をはじめとする日本の文化財をめぐるさまざまな問題と、それを解決するためにはどのような手を打たなくてはならないのかを記す。【「TRC MARC」の商品解説】

「なぜ日本人は、“カネのなる木”を枯らすのか?」

国宝をはじめとした文化財が陥っている「窮地」を明らかにするとき、
日本経済再生の道が見えてくる! 規格外の知的興奮!

・「国宝」なのにボロボロな理由
・日本の職人をクビにして海外へ外注
・伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ
・「補助金漬け」の実態
・日本の文化財がこんなに「つまらない」わけ 他

「山本七平賞」受賞作に続く、衝撃の問題提起!


【著者メッセージ】
「伝統技術が途絶えてしまったイギリスに生まれた者として、
そして日本の伝統文化を守る企業の経営者として、
たとえ嫌われても、これだけは伝えたかった」
――デービッド・アトキンソン【商品解説】

目次

  • はじめに なぜ今、「文化財の大転換」が必要なのか
  • 第1章  経済から見た「文化財」が変わらなくてはいけない必要性
  • 第2章  文化財で「若者の日本文化離れ」を食い止める方法
  • 第3章  文化財行政を大転換するため、まず「意識」を変える
  • 第4章  文化財指定の「幅」が狭い
  • 第5章  文化財の入場料は高いか安いか
  • 第6章  文化財の予算75億円は高いか安いか
  • 第7章  職人文化の崩壊
  • 第8章  なぜ日本の「伝統文化」は衰退していくのか
  • 第9章  補助金で支えるのは「職人」か「社長」か

著者紹介

デービッド・アトキンソン

略歴
〈デービッド・アトキンソン〉1965年イギリス生まれ。オックスフォード大学「日本学」専攻。小西美術工藝社社長。元ゴールドマン・サックス金融調査室長。裏千家茶名「宗真」拝受。「新・観光立国論」で山本七平賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本への提言

2016/08/02 22:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の観光産業は成長分野であると言う。しかし、商品開発などがないため、将来が語れない状態だと言う。日本人優越論に浸っているテレビ番組が多いが、イギリス人からの提言を聞く耳を持つ必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これから進むべき道の一つ

2016/10/22 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

わび、さびって日本文化を表す最適な言葉みたいになっているけど、古い寺社建築はド派手で、ある意味押しつけがましいところがある。文化行政に金をかけないですむ口実として、さび、さびが推奨されてきたのでは?そんな疑念を抱かされてしまった。
 人口減少と経済衰退という悪しき関係を断ち切る方策として、著者は外国人観光客の取り込みを主張。そして、そのための手段として文化財を提示する。ただ、わび、さび文化を見たければ見にこいという既存の考えを振り払い、経済的な発展と文化力回復をともに成し遂げるための主張が詰められた一冊。
 考えさせられること大でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

観光の核となる文化をなんとかせねば

2017/03/04 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

決して複雑なデータ分析を披露するのではなく、一般人にも十分説得力のある分析で日本の文化財保護や関連産業の課題をズバリと小気味好く指摘。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/16 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/25 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/05 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/29 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/18 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/19 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/05 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/25 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/17 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/28 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/27 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む