サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/3

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288359-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

ウイルスは生きている (講談社現代新書)

著者 中屋敷均 (著)

【講談社科学出版賞(第32回)】我々はすでにウイルスと一体化しており、ウイルスがいなければ、我々はヒトではない。それでは我々ヒトとは、一体、何者なのか? ウイルスをめぐる...

もっと見る

ウイルスは生きている (講談社現代新書)

税込 924 8pt

ウイルスは生きている

税込 869 7pt

ウイルスは生きている

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 17.1MB
Android EPUB 17.1MB
Win EPUB 17.1MB
Mac EPUB 17.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【講談社科学出版賞(第32回)】我々はすでにウイルスと一体化しており、ウイルスがいなければ、我々はヒトではない。それでは我々ヒトとは、一体、何者なのか? ウイルスをめぐる、新たなる科学ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

■第32回講談社科学出版賞受賞■

■成毛眞氏絶賛■
生命科学というパンドラの匣の中には、
ぎっしりとウイルスが詰まっていた。
果たしてかれらは生命なのか?
人間は幾多の を解明できるのか?
生命というミステリーの幕が開いた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちのDNAの中には、
ウイルスのような遺伝子配列が多数保存されており、
生命活動で重要な役割を果たしている。

極言すれば、我々の体の中にウイルスがいるから、
我々は哺乳動物の「ヒト」として存在している。

果たしてウイルスとは何者なのか?

生物の進化に大きな役割を果たしたウイルスは「ただの物質」なのか?

それともやはりある種の「生命体」と見なすべきなのか?

一気読み必死のサイエンスミステリー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新型インフルエンザやエイズなど、人類を脅かす感染症を伝播する存在として、
忌み嫌われるウイルスだが、自然界には宿主に無害なウイルスも多い。

それどころか、宿主のために献身的に尽くすけなげなウイルスたちも多い。

実は、私たちのDNAの中には、ウイルスのような遺伝子配列が多数存在し、
生物進化に重大な貢献をしてきたことが近年の研究でわかってきた。

ウイルスは私たちの中に、生きていたのだ!【商品解説】

病原体として忌み嫌われるウイルス。しかし、私たちのDNAの中にもウイルスとしか言いようのない遺伝子配列が多数保存されていた。【本の内容】

目次

  • まえがき
  • 序 章 「モンスター」の憂い
  • 一九一八年の「モンスター」
  • 七十二歳の情熱
  • モンスターの正体とオーストラリアのウサギ
  • 第1章 生命を持った感染性の液体
  • マルティヌス・ベイエリンク─枠を突き抜けた純度を持つ男
  • 生命を持った感染性の液体
  • 結晶化する「生命体?」
  • 第2章 丸刈りのパラドクス

著者紹介

中屋敷均

略歴
〈中屋敷均〉1964年福岡県生まれ。京都大学農学部農林生物学科卒業。博士(農学)。神戸大学大学院農学研究科教授(細胞機能構造学)。著書に「生命のからくり」がある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ウイルスの功罪

2022/10/16 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:穴部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウイルスは病気を引き起こし、最悪、死に至らしめるという負の側面がどうしても目につきがちである。しかし、本書を読むと、ヒトのゲノムの約半分はウイルス由来であったり、哺乳類の胎盤形成に関わるタンパク質がウイルス由来であったりと、ウイルスが生物の進化に重要な役割を果たしてきたことがよく分かる。
生物はウイルスを避けようとするけれども、結局はどこかでウイルスと交わらなければ、種として生存することは不可能なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

怖いだけじゃないウイルス

2020/04/28 03:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nioh - この投稿者のレビュー一覧を見る

福岡伸一さんの著書もそうでしたが
たいへんに面白く読むことができます
比喩も巧みでわかりやすい
それでいて一歩専門領域にまで話を踏み込んでくれる
私は全てを理解できたわけではありませんが
生命のダイナミズムというかマクロの世界でありながら宇宙的なパワーをイメージさせてもらえる好著
中学高校に著者のような先生が増えれば生物にもっと興味を持つひとが増えるでしょう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生命というものの不思議さ

2018/05/07 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

インフルエンザの季節など、ウイルスというと悪者じみたイメージを持ってしまいますが、『ウイルスは生きている』を読むと、イメージが変わります。
たとえば、哺乳動物がお母さんのお腹の中で子どもを育てるためには、ウイルスが深くかかわっているんですって。
やっかいなばかりではないウイルスの働きと、それだけでなく、生命というものの不思議さをも感じることのできる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

生命と物質の狭間

2016/06/26 14:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白髪雀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウィルスが、生物か否かがテーマの書物であるが、ウィルスが生物であるというよりも、生物の営みが結局のところ物質の限りない変化に過ぎないということを再確認させられる本である。
ウィルスは静的な状態では非生物としか見えないが、生物の細胞と融合して生物として振る舞う。大きな生物の変化の一部なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。