サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55 IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55 IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/18
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-06633-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55 IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

著者 トレーシー・カチロー (著),鹿田 昌美 (訳)

子どもの頭をよくし、潜在能力を引き出すには? 脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅し、子どもの一生の財産になる「愛情」「生活習慣」「しつけ」といった8つのテーマ...

もっと見る

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55 IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

1,728(税込)

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

1,555(税込)

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもの頭をよくし、潜在能力を引き出すには? 脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅し、子どもの一生の財産になる「愛情」「生活習慣」「しつけ」といった8つのテーマの55の方法を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!【本の内容】

著者紹介

トレーシー・カチロー

略歴
〈トレーシー・カチロー〉ジャーナリスト、編集者。シアトルタイムズ紙、MSNマネー誌でジャーナリストとして活躍。子育て中の親や教師向けに講演を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55』

2017/02/22 20:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうやって寝かしつけるのか?
あやし方は?
食事の与え方は?
知育は何をしたらいい?
スマホやPCを子どもに見せてもよいのか?

子どもを持つ人に共通する悩みに
科学的なデータにもとづく実践的なアドバイスを提案

ベテラン編集者による究極の子育て本

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脳科学や発達学など

2017/03/03 09:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

さまざまな分野から子供の成長を見守っていく姿勢を感じた。子育てには苦労もあるが、共に過ごす時間は貴重なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子育て中の方には参考になるかも

2017/03/20 09:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arara - この投稿者のレビュー一覧を見る

子育てについては、脳科学的、心理的などいろんな専門家のアプローチがある中で、素人の著者(職業は編集者、子どもは第一子)がどのような子育てを提案するのか興味がありました。
 導き出したことは特に目新しいことではなかったけど、子育て中のお母さん、お父さんには参考になると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/07 23:54

投稿元:ブクログ

まさに子育て真っ最中の著者が、親の立場から「科学的なデータに基づく実践的な子育てアドバイスをまとめた」本があれば良いのに、という願望を自ら著作にしたもの。

主に脳科学や発達学、心理学といった分野の研究成果をベースに、より良いとされる子供との付き合い方をTIPS形式で紹介する。
主な対象年齢としては新生児~未就学児程度までをターゲットとしている。
テーマは「愛情」「語りかけ」「生活習慣」「遊び」「つながり」「しつけ」「動く」「スローダウン」の8章。

著者の目標通り、それぞれについて「科学的にはこう言われている。このように実践してみてはどうか」という形式で、1テーマをコンパクトに、要点だけを紹介していく。
(典拠は著者HPに掲載されているらしいが、英語読めないので。。。)

専門家になりたいわけでもない親の立場としては、科学的根拠と言うものを拠り所と思えるなら、確かにヒントに満ちた良い本だと思う。
逆説的だが、本書のどのあたりを多くチェックしたかで、いま自分が子育てのどの分野に悩みを感じているか自己診断できる。個人的には生活習慣、しつけのところで気になるところがたくさんあった。

あまり類書を読んだことがなく、かつ子供が対象年齢にはまっていれば、読んでみて得るところはあると思う。

それにしても、手にとるのが恥ずかしくなるような俗っぽいタイトル&デザインは勘弁してほしい。

2017/01/23 23:54

投稿元:ブクログ

主に幼児を対象とした子育て、しつけの指南書
特に間違ったことを書いているわけでもないとは思うが、「研究結果」に基づいたことを書いていると主張するわりには引用文献はゼロだし、「XX先生も言っていた」というレベルの話が全て。

内容的にも「結果や才能でなく、プロセス、努力を褒める」といったありきたりのことしか書かれておらず、あえて翻訳書として新しく出す意義がよく分からない

2017/02/09 18:13

投稿元:ブクログ

流し読み。ポイントに線が引かれてたので読みやすかった。ただ、これというのがあまり残っていないかな。。スマホみないとか、家族会議しようとか、本を朗読させてみようとか。タイトルはあまりマッチしてないように思われる。

2017/03/16 13:45

投稿元:ブクログ

一般論だった。やった方がいいことが列挙されているけど、いまいち背景の理論とか脈絡とかないから、実践しようという気がわかない。
鹿田昌美さんの翻訳本なら、フランスの子育てのやつの方が実践的で説得力があって面白かった。

2017/02/02 04:37

投稿元:ブクログ

6歳まで。きいたことがあることばかりではあるけれど、信憑性が高く、まとまっているところもよい。

一緒にいるときにたっぷりかまってあげる、たくさん話しかける、きっぱり、かつ温かくしつける、たくさん抱きしめる、そして、たくさんの睡眠をとらせてあげる。
そのためのコツ。

蔵書
電子書籍

2017/03/20 11:30

投稿元:ブクログ

久しぶりにいい教育本。
「一流の子育て」より、数倍優秀。
「教育の経済学」より、実践的で事例豊富。
読むならこっちでしょう。

参考になるし、母親が即活かせる、学べる良書!
何度も読む価値のある本。

2016/12/17 21:37

投稿元:ブクログ

というタイトルの本がかなりの面積に平積みされてたので手にとってみました。書かれているアドバイスに従わないとダメってことないみたいですけど、初めての子育てなのでなるほどと思えるとこは参考にしたいと思います(・ω・

2017/03/10 13:43

投稿元:ブクログ

言っていることは正しいことなのかもしれないが、素直に受け入れがたいのはなぜでしょうか?
いかにも訳しました!感に抵抗を感じるからでしょうか?

2017/01/09 22:59

投稿元:ブクログ

子育ての方法で科学的に効果があると実証されているものを55個紹介している本。
主に乳児から小学校に上がる前くらいまでの内容が多い。また、主に母親向けに書かれているが、「週に一度は20分の家族会議をする」など、父親でも役に立ちそうなことも沢山書かれている。
著者はシアトルに住んでいる方らしく、別の部屋で子供を寝かせることを前提にした箇所もあるが、それ以外は日本人でも違和感があまりないと思う。
個人的に参考になる箇所は多いのだがすぐに取り入れたいと思うのは以下。
・能力ではなくプロセスをほめる
・1時間に15分は動く時間をつくる
・やるべきことのチェックリストをつくる
・「だめ」ではなく「ほかに方法はない?」と聞く(個人を批判せずにプロセスを批判する)
これから子育てする人にオススメです。

2017/03/01 10:43

投稿元:ブクログ

借りて読んだが、手元にあってもいいなと思った本。
子供向けより、胎児・幼児での子育て本。

参考になる本も紹介されていたので合わせて読みたい。
→読書メモへ。

・スキンシップで「ストレス値」を下げる。
 赤ちゃんの認識力の発達と情緒の安定をうながす。触れると脳に「安心」の信号が送られる。

・4歳までに「考え方の型」ができてしまう。
才能・人格をほめるよりも、プロセスをほめる。
困難な課題にも粘り強く取り組むようになる。
あなたは頭がいいのね、より、頑張って取り組んだのね。
努力をほめられた子は、選択肢を与えられると難しいテストに挑戦したがる傾向にあるが、頭のよさをほめられた子は、簡単なテストと選び、問題が難しくなると自信を失い、スコアを自分で計算させると点数を水増しする傾向がある。

・「努力」をほめる、才能はほめない。

・いい走りだったね、がんばったね、お口を閉じていてくれてありがとう、上手に絵をかいがね、もっと難しいのをやってみよう、その問題に対する取り組み方がいいね等。すごい!やったね!も励みになる。

・しっかりと休息する赤ちゃんは「記憶力」「集中力」「適応力」が育ち、「ストレス」「かんしゃく」「ぐずり」が少なくなる。日中に赤ちゃんを長時間目覚めたままにしないこと。

・幼児になると急かさずに「やることリスト」でがんばらせる。子供と項目を考える。おふろ、ぱじゃま、えほんなど7項目以下で。

・ごっこ遊びで「脳」を鍛える。

・過程をダメにする「4つの言動」
 批判、軽蔑、防御、妨害

・週に一度、「20分の家族会議」をする。
ストレスが少なく、コミュニケーションが増え、生産性が上がる。
子どもが自分の問題に対して創造的な解決策を見出すようになる。
冷静な意思決定ができる。

・子供の前でスマホをしない。顔をみてやりとり。

・2歳まではテレビを「あまり」みせない。2歳を過ぎたらテレビを「利用」する。参加型のテレビ。子どもに直接話かける、返事をする機会を与える、モノの名前を言う機会を与える。

・テレビ視聴は1日2時間まで。

・感情に「名前」をつける。感情に直接触れて共感すること。感情を否定してはいけない。

・叱るのではなく教える。例:人をたたいてはいけないのよ、枕は叩いてもいいわ。でも人はダメよ等。
罰を与えて言うことをきかせると、「強い感情を無理やり抑え込ませる」「非礼なやり取りをする」「力で問題を解決する」といったことになる。
問題が起きた時は、罰を与える機会ではなく、問題解決を学ばせるチャンス。

・カームダウン(頭を冷やすこと)。勢いに任せた破壊的な行動を止めるポジティブな方法。目的は、子どもと親が一時停止して自制心を取り戻すこと。

・一時間に15分は「動く時間」をつくる。大人も子どもも座りっぱなしをやめる。運動することで「問題解決能力」「抽象的思考能力」「長期記憶」「論理的思考能力」「注意力」などが強化される。
「不安」「ストレス」「気分の落ち込み」が減少する。

・歩く瞑想。
子どもには黙って5分歩き続けること。

2016/12/20 00:18

投稿元:ブクログ

本書で一番心に響いたフレーズが「子どもがくれる時間を楽しむ」

どんどん成長する息子、その1秒1秒が決して戻らない時間。
幸せな時間を過ごせていると実感した。

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む