サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 86−エイティシックス−

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

86−エイティシックス−(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2017/02/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/340p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-892666-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

86−エイティシックス− (電撃文庫)

著者 安里アサト (著),I-IV (著),しらび (イラスト),I-IV (イラスト)

【電撃小説大賞大賞(第23回)】サンマグノリア共和国の〈存在しない第86区〉。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜〈有人の無人機〉として戦い続け...

もっと見る

86−エイティシックス− (電撃文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【電撃小説大賞大賞(第23回)】サンマグノリア共和国の〈存在しない第86区〉。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜〈有人の無人機〉として戦い続けていた。若者たちを率いる少年・シンと彼らの指揮を執る少女・レーナの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。
そう――表向きは。
本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。
死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。
二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!
第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作、堂々発進!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/26 09:09

投稿元:ブクログ

ああ、うん、続くのか。
これで終わったほうがきれいでいいのに。

最後のほうなんか久しぶりにくるものあったし。

進撃だ、という声もあったみたいだけど、自分的にはガンパレかファフナー。
進撃見てないし。

2017/02/27 10:52

投稿元:ブクログ

すごい作家が出てきたものだ。第23回電撃小説大賞の大賞受賞作は、それに相応しい骨太なファンタジーだった。

戦死者ゼロの戦争、でもそれは兵士を「人」として扱わない故の欺瞞。最初は設定先行かなと思ったが、読み進めればどんどん面白い。‬ちょっと変わった舞台設定に、あくまで王道の構成、多少修飾過多なきらいもあるが豊かな表現力、特徴的な文体、エンタメ要素をがしがし盛り込みつつ泣き所も作る妙技。

このクオリティで作品を重ねられたら、将来かなり化けるのではないかと期待してしまう、注目したい作家。

2017/02/18 22:54

投稿元:ブクログ

デビュー作にしてはなかなかの面白さだった。設定やキャラごとの掘り下げの浅さが気になったけれど、1巻分では限界かなとも思う。もう少し巻数をあげてほしいかった気もする。
最後に短い章が続くところは、人によって好き嫌いは分かれると思うが、個人的にはあの構成演出はとても気に入った。

2017/03/06 22:16

投稿元:ブクログ

第23回電撃大賞受賞作の大賞ということで手に取りました。ヒーローとヒロインが直接向き合う設定でないところにどのような物語になるのかと注目してました。

文体が少し独特で個性を感じさせてくれる点は良かったですが、複数の登場人物をもう少し掘り下げて人間ドラマを深くしてもらいたかった感は残りました。2人の会話もう少し欲しかったです。1巻ものというところで致し方なかったのかもしれませんが、伏線を拾っていくストーリーの基軸はとても良かったのでもったいなく感じました。

諸々書いてしまいましたが、限りなく★×4に近いです。

2017/02/16 22:24

投稿元:ブクログ

レイシズムあふれるディストピアを舞台に、ポンコツがレギオンへと立ち向かう。
色々な要素増し増しである。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む