サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

万葉集から古代を読みとく(ちくま新書)
万葉集から古代を読みとく(ちくま新書) 万葉集から古代を読みとく(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/09
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06962-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

万葉集から古代を読みとく (ちくま新書)新刊

著者 上野誠 (著)

歌とは何か。歌を書くということは、歌を集めて歌集を作るとは、どういうことか。「万葉集」というものは、どういう歌集なのか。作品中のテキストや考古資料など、具体的な実例を示し...

もっと見る

万葉集から古代を読みとく (ちくま新書)

864(税込)

万葉集から古代を読みとく

756 (税込)

万葉集から古代を読みとく

ポイント :7pt / 紙の本より108おトク

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

予約購入する

  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歌とは何か。歌を書くということは、歌を集めて歌集を作るとは、どういうことか。「万葉集」というものは、どういう歌集なのか。作品中のテキストや考古資料など、具体的な実例を示して考察する斬新な古代文化論。【「TRC MARC」の商品解説】

万葉集全体を歴史学・民俗学・考古学の視点も駆使しながら解剖し、最古の歌集が伝える古代史、文化史をさぐっていく野心的な入門書。【本の内容】

著者紹介

上野誠

略歴
〈上野誠〉1960年福岡県生まれ。博士(文学)。奈良大学文学部教授(国文学科)。日本民俗学会研究奨励賞、上代文学会賞ほか受賞。オペラや朗読劇の脚本も手がける。著書に「おもしろ古典教室」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/14 17:10

投稿元:ブクログ

結論からいうと、万葉集を(前から読みたかったけど)もっと読みたくなった。実をいうと、本書を読めば、万葉集を読んだ気にでもなれないかと安易な気持ちで購入した。けれど、ここには、万葉集がどんな風なことばで、どういう成り立ちで、どんな思いで編まれたのかが書かれており、具体的な中身の記述はごく限られたものだけになっていた。そう、ベールに包まれているからこそ、より魅力的に感じるわけだ。うーん、どうしよう。読めるか??? 本書の書き方、先に訳文が掲げてあるのが良い。書き下し分も何だか読めた気分になるし、漢字ばかりが並んでいても雰囲気が伝わる。万葉仮名の意味も今回初めて分かった。日本人が中国から文字を取り入れていく過程の苦難のようなものも伝わってくる。本書購入の決め手は「はじめに」にある。映画「君の名は。」は観ていないけれど、そこから「たそがれどき」ということばがつかわれるようになった経緯をしるしたエピソードが気に入った。ちょうど先日、夕方たそがれどきに自転車でやって来た複数の人々を、認識できなかった経験があり、自分の顔認知能力の衰えを感じていたところだったので、「いやそれはふつうのことだったのだ」とちょっと安心もした。「あとがき」から。「帰省子を虜にしたる一古典」(上野繁子)―著者の亡き母君がつくられた句だ。古典とはもちろん万葉集のこと。良いなあ。私も、自分の息子について、そんなふうに思える日が来るだろうか。ところで、最近、スマホでFBに書き込みをしたりするとき、あの文字入力がまどろっこしくて、なるべく、ことばをそぎ落として、簡略化して書こうとしている。そんな思いが短歌や俳句につながるのかもしれない。毎晩、日記として短歌を書いてみようかなあ。なんて。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む