サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

警察回りの夏(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/19
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/526p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745579-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

警察回りの夏 (集英社文庫)

著者 堂場瞬一 (著)

2児殺害事件発生! 犯人は、消息不明の母親か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が、新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する。現代社会を浮...

もっと見る

警察回りの夏 (集英社文庫)

886(税込)

警察回りの夏(メディア三部作)

821 (税込)

警察回りの夏(メディア三部作)

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2児殺害事件発生! 犯人は、消息不明の母親か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が、新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する。現代社会を浮き彫りにする、渾身の事件小説。【「TRC MARC」の商品解説】

甲府市内で幼児が殺害され、母親が失踪する事件が発生。大手紙の記者・南は警察情報から母親犯人説をスクープ。だが大誤報となり窮地に追い込まれる。やがて、驚愕の真実が判明し……。(解説/岩野裕一)


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

メディア側の思考論理が伺える?

2017/07/02 22:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は堂場が描く新聞記者が主人公の小説である。しかし、タイトル通り警察番の記者のストーリーである。某新聞社の甲府支局に勤める南は、入社6年の若手である。同期の半数近くは本社勤務についている。自分もとやや焦りに出ている時期であった。

 メディア論がマスメディアの話題にならないことがない昨今である。メディアの使命とは何であるかが小説の中でも闘わされている。一つは事件が発生した際に、メディアスクラムというメディア同士の功名争いに端を発する被害者及び周辺住民への配慮無視である。これは世界的な傾向であるかもしれないが、わが国では人権問題にもなっている。

 これらの現象や、記者会見でのルール無視の質疑、あるいはマナーを無視するメディア側の人材の質の問題などがよく指摘されている。記者が門外漢で型破りの質問をした結果、答える側が応答に窮したりすると、メディア側が質問者をほめそやしたりする声が上がるという現象もそうであろう。これはその門外漢の記者が単にマナーやルールを知らないだけに、無視をした偶然に過ぎない。まさにメディア自体が井の中の蛙なのである。

 本書ではここまで材料にはしていないが、メディア側には大きな課題が残されている。これの一端を小説にしたと考えられる。甲府支局の南記者は誤報を発してしまう。しかし、この誤報は新聞社がOKしたものである。新聞社は外部の調査委員会を編成して調査報告を公表することになった。

 このメンバー構成や、メディア論が学問分野としてどのように扱われてきたかなども記述、解説されている。時間とともにメディアの役割も変遷を遂げている。本書はかなり冗長であるだけにボリュームも多いが、新聞社内部の動きの一部を知る手掛かりにもなる。読者にとって本書は収穫があると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/31 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る