サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

草笛物語
草笛物語 草笛物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/12
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:20cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-63525-1
  • 国内送料無料

紙の本

草笛物語

著者 葉室麟 (著)

羽根藩江戸屋敷に暮らす少年赤座颯太は、両親の他界に伴い、母方の伯父で藩校教授の水上岳堂預けとなる。泣き虫と揶揄される少年は、友と出会い天命を知る−。羽根藩シリーズ第5弾。...

もっと見る

草笛物語

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

羽根藩江戸屋敷に暮らす少年赤座颯太は、両親の他界に伴い、母方の伯父で藩校教授の水上岳堂預けとなる。泣き虫と揶揄される少年は、友と出会い天命を知る−。羽根藩シリーズ第5弾。『小説NON』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

葉室麟

略歴
〈葉室麟〉1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者等を経て、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し、デビュー。「蜩ノ記」で直木賞、「鬼神の如く」で司馬遼太郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『蜩ノ記』の子供たち

2017/10/26 16:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟が『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞したのは2012年だから、まだ5年程前のことだ。
 旺盛な執筆活動から随分昔のような錯覚をしてしまうのは、読者としてうれしい限りだ。
 何しろ『蜩ノ記』の舞台となった羽根(うね)藩を舞台とした物語もこの作品で5作目となる。
 しかも、今回の作品は『蜩ノ記』につながる人たちの物語だから、葉室ファンにとってはたまらない。

 この物語は『蜩ノ記』から16年が経った羽根藩を描いている。
 『蜩ノ記』の主人公戸田秋谷は無実の罪によって切腹をさせられたが、その息子は今戸田順右衛門と名を改め、羽根藩中老として重き役職についている。
 そして、あの時秋谷とともに「蜩ノ記」の清書に努めた檀野庄三郎は秋谷の娘薫と結婚し、桃という娘とともに平和に暮らしていた。
 そこに持ち上がってくる難題。若い藩主の隙を狙って藩政をわが物になさんとする三浦左近の悪だくみに、秋谷の子供たちも巻き込まれていくことになる。
 但し、今回の主人公は彼らではない。
 若い藩主と気心のあった小姓赤座颯太である。
 颯太は「泣き虫颯太」と呼ばれるほど気弱な少年であったが、庄三郎のそばで過ごすうちに次第に藩主を助ける若者へと成長していく。

 それは秋谷のそばで成長していった庄三郎とそっくりだ。
 庄三郎は颯太に言う。「おのれが大切と思うひとのために命を投げ出して動じない心」こそ、まことの勇気だと。
 『蜩ノ記』からこうして物語はつながっていく。
 葉室麟は羽根藩という世界でまさに深い葉室麟の世界を構築したといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/14 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/07 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る