サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 中公新書の通販
  7. 物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年(中公新書)
物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年(中公新書) 物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102456-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 (中公新書)

著者 石野 裕子 (著)

スウェーデン、ロシアによる統治を経て独立したフィンランド。その後ソ連に侵略され、ナチ・ドイツと共に侵攻するが敗退。戦後は中立政策を採り、IT・教育面で先進国となった。森と...

もっと見る

物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 (中公新書)

税込 968 8pt

物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年

税込 968 8pt

物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 46.6MB 無制限
Android EPUB 46.6MB 無制限
Win EPUB 46.6MB 無制限
Mac EPUB 46.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スウェーデン、ロシアによる統治を経て独立したフィンランド。その後ソ連に侵略され、ナチ・ドイツと共に侵攻するが敗退。戦後は中立政策を採り、IT・教育面で先進国となった。森と湖の国・フィンランドの苦闘と成功を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

古来よりスウェーデン王国下にあったフィンランド。19世紀にロシア帝国下、「大公国」となり広範囲な自治を獲得。ロシア革命、大規模な内戦を経て独立する。第2次世界大戦では、ソ連に侵略され領土割譲。その後ナチ・ドイツに接近し、近親民族の「解放」を唱えソ連に侵攻するが敗退。戦後は巨大な隣国を意識した中立政策を採りつつ、教育、福祉、デザイン、IT産業などで、特異な先進国となった。本書は、「森と湖の国」の苦闘と成功を描く。【商品解説】

古来よりスウェーデン王国下にあったフィンランド。19世紀にロシア帝国下、「大公国」となり広範囲な自治を獲得。ロシア革命、大規模な内戦を経て独立する。第2次世界大戦では、ソ連に侵略され領土割譲。その後ナチ・ドイツに接近し、近親民族の「解放」を唱えソ連に侵攻するが敗退。戦後は巨大な隣国を意識した中立政策を採りつつ、教育、福祉、デザイン、IT産業などで、特異な先進国となった。本書は、「森と湖の国」の苦闘と成功を描く。【本の内容】

ロシア革命後に独立。ソ連に侵略されナチ・ドイツと共に侵攻するが敗退。戦後は中立政策を採り、IT・教育面で先進国となった軌跡【本の内容】

著者紹介

石野 裕子

略歴
〈石野裕子〉1974年生まれ。神奈川県出身。津田塾大学大学院後期博士課程単位取得満期退学。博士号取得(国際関係学)。常盤短期大学キャリア教養学科准教授。専攻はフィンランド史、国際関係学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シスという国民性を持つ人々

2018/05/25 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tolk - この投稿者のレビュー一覧を見る

フィンランドのイメージは、高い教育水準、高い税金、ハイセンスなインテリア、ムーミンオーロラ、白夜などでしょうか。
初めてフィンランド人に会ったのは、高校の修学旅行で飛行機に乗った時に隣に座られたフィンランド陸軍の方でした。その方から、冬戦争とシスについては話を聞きましたが、フィンランドの通史を読んで70年まえから最近までこんなにも大変な苦労をしていたと驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィンランド史

2020/05/16 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

スウェーデン、ロシアによる統治を経て独立したフィンランド。その後ソ連に侵略され、ナチ・ドイツと共に侵攻するが敗退。戦後は中立政策を採り、IT・教育面で先進国となった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新種の「ソ連防衛論」

2019/09/25 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第2章以下はロシアに支配されて以降のフィンランドの歴史を書いているから、200年余りを占めている。しかし二月革命でいきなりケレンスキーが臨時政府の権力を握っていたら困る。第1次世界大戦でドイツ軍に参加したフィンランド人部隊を「イェーガー部隊」とドイツ語読みするのは「フィンランド軍のすべて」が出典だろう。
 この本で問題なのは独ソ不可侵条約での帝国主義的な勢力圏分割を「ドイツに不信感を持つソ連による祖国防衛論」という立場に立った上でフィンランドの歴史を書いているところ。ソ連が承認した主権国家であるはずのフィンランドに「領土交換」を持ちかけた事を肯定的に書いている。バルト三国の運命を見れば、ここでフィンランドが「プロレタリアートの祖国ソ同盟」に妥協をしたらソ連崩壊までソ連を構成する一共和国になった事は分かるだろうに、著者は何故こんな事を書くのだろうか?袴田里見の「党とともに歩んで」でフィンランドがソ連を侵略したと書かれていたのを連想した。参考文献目録にアイノ・クーシネンの回想録があるから、スターリンが信用しなかった上に見捨てられたゾルゲ機関の運命ぐらい知っているだろうに、そこまでしてソ連を擁護したいのかが不可解なぐらいだ。
 平成になってからのフィンランド軍ものの本では「中国的天空」の著者なので無視しているとしか思えない「北欧空戦史」をはじめ、フィンランド軍の装備や活躍は書くが、その背景となる政治史となると意外とないから痛いところだ。
 冬戦争について「冬戦争」を元に書いているので、「劣悪なフィンランド軍が赤軍に善戦した」ように書かれている。これは「冬戦争」の問題でもあるが、それでいて道路でしか移動出来ない赤軍をフィンランド軍が急襲したとも書かれているので、どちらを取ればいいのか?
 継続戦争についてフィンランド側は名前通りに冬戦争からの継続だと主張して、ドイツの戦争とは別の戦争だとした事を著者は批判しているが、アメリカがフィンランドと断交したのは1944年になってからと書いている。矛盾しないのか?ちょうど日本軍に占領されてからタイが取った運命とよく似ていると思う。
 ソ連と休戦を結んだフィンランド軍がラップランド戦争を迎えるにあたっての兵力数がフィンランド側が求めた「第一次世界大戦から第二次世界大戦までの兵員数」とソ連側が要求した「一九三九年一月時点の兵員数」が併記されている。はっきり言って意味が分からない。「最終的」な兵力はパリ条約での数字のようだが。その上、「核兵器の所有、開発、実験」と言われても、この時点で核兵器はまだ「開発」段階で「実験」どころか「所有」している国家など地球上に存在していない。
 原語音訳のパンツァーファウストで通っているドイツ製の兵器を「対戦車擲弾」と訳さなくてもいいのに。
 これなら政治史だけに絞って本を書いた方がよかったかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/02/11 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/12 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/21 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/02 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/02 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/10 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/09 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/19 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。