サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

折口信夫 日本の保守主義者(中公新書)
折口信夫 日本の保守主義者(中公新書) 折口信夫 日本の保守主義者(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102458-9
新書

紙の本

折口信夫 日本の保守主義者 (中公新書)

著者 植村和秀 (著)

民俗学者、国文学者で歌人、小説家でもある折口信夫。関東大震災から敗戦へと至る日本社会の危機が生んだ「知の巨人」の生涯を辿る。さらに、折口の思想をナショナリズムとの関係性か...

もっと見る

折口信夫 日本の保守主義者 (中公新書)

886(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

民俗学者、国文学者で歌人、小説家でもある折口信夫。関東大震災から敗戦へと至る日本社会の危機が生んだ「知の巨人」の生涯を辿る。さらに、折口の思想をナショナリズムとの関係性から読み解き、真の保守主義とは何かを問う。【「TRC MARC」の商品解説】

民俗学者、国文学者にして釈超空の号で知られる歌人、小説家でもある折口信夫。多方面にわたる業績は「折口学」と総称されるが、全貌をひととおり眺めるだけでも容易ではない。本書ではまずその生涯をたどり、関東大震災、二・二六事件、敗戦から占領へという日本崩壊への危機感が稀有な思想家を生み出したことを示す。その上で、折口の思想をナショナリズムとの関係性から読み解き、真の保守主義とは何かを問い直す。【商品解説】

民俗学者、国文学者にして釈超空の号で知られる歌人、小説家でもある折口信夫。多方面にわたる業績は「折口学」と総称されるが、全貌をひととおり眺めるだけでも容易ではない。本書ではまずその生涯をたどり、関東大震災、二・二六事件、敗戦から占領へという日本崩壊への危機感が稀有な思想家を生み出したことを示す。その上で、折口の思想をナショナリズムとの関係性から読み解き、真の保守主義とは何かを問い直す。【本の内容】

民俗学者、国文学者にして歌人、小説家。関東大震災から二・二六事件、敗戦へと至る日本社会の危機が生んだ「知の巨人」の思想と生涯【本の内容】

著者紹介

植村和秀

略歴
〈植村和秀〉1966年京都生まれ。京都大学法学部卒業。京都産業大学法学部教授。専攻は政治思想史・比較ナショナリズム論。著書に「丸山眞男と平泉澄」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

折口信夫の画期的な評伝

2018/05/29 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者は、政治思想やナショナリズムを専門とする方で、本書では、関東大震災・二・二六事件・敗戦などの契機に、折口がどのように日本社会を捉えようとしていたのかを論じている。日本が戦争で勝つことを祈りつつも、政治自体にはほとんど介入しておらず、折口がどういった思考をしていたのかよく知れた、好著だとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/30 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む