サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いい部屋あります。(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106163-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

いい部屋あります。 (角川文庫)

著者 長野まゆみ (著)

進学のため上京した鳥貝は、大学で出会った学生に、ある男子寮を紹介される。2階建ての洋館に住まう“おとな”な男たちに、鳥貝は翻弄されるばかりで…。生意気で才気溢れる青年たち...

もっと見る

いい部屋あります。 (角川文庫)

648(税込)

いい部屋あります。

648 (税込)

いい部屋あります。

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.7MB 無制限
Android EPUB 5.7MB 無制限
Win EPUB 5.7MB 無制限
Mac EPUB 5.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

進学のため上京した鳥貝は、大学で出会った学生に、ある男子寮を紹介される。2階建ての洋館に住まう“おとな”な男たちに、鳥貝は翻弄されるばかりで…。生意気で才気溢れる青年たちと、素直で愛らしい少年の青春物語。〔「白いひつじ」(筑摩書房 2009年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

大学進学のために上京した鳥貝一弥17歳。東京でのアパート探しに行き詰まっていたところ、
いい部屋があると薦められて訪ねた先は高級住宅街の奥に佇む洋館だった。条件つきだが家賃も破格の男子寮だという。共同生活を営んでいるのは揃ってクセのある男たちばかり。先輩たちに翻弄されながら戸惑いつつも、幼い頃の優しい記憶の断片を甦らせ、自らの生い立ちと向き合っていく鳥貝。艶っぽくて甘酸っぱい極上の青春小説!

【本書は2009年11月に筑摩書房より刊行された単行本『白いひつじ』を改題のうえ、加筆修正して文庫化したものです。】【商品解説】

著者紹介

長野まゆみ

略歴
東京生まれ。女子美術大学卒業。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。『新世界』『となりの姉妹』『箪笥のなか』『よろづ春夏冬中』『メルカトル』『カルトローレ』『45°』『ささみみささめ』『兄と弟、あるいは書物と燃える石』『フランダースの帽子』『左近の桜』シリーズなど著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

やっぱり大好き

2018/01/11 23:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いちご - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みはじめてすぐに白いひつじだと思い至りました。だけど先を読みたくて、読み進めて最後には涙もろくなってしまった主人公の様に涙がポロポロこぼれました。長野先生の本との出会いは白昼堂々でした。何年前になるのかな?最初の出会いから今もずっと大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長野ワールド

2017/11/14 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:荒夷 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中には、ひととは異なる世界ーーひとよりも多くの“モノ”が存ずる世界ーーが見えているのではないだろうか、と思える作家が幾人かいる。
長野まゆみさんもそのうちのひとりだ。
常人の私には見ることのできない世界が長野さんの目には写っているのだと思う。
そして彼女は「物語」という形で、常人の私には知ることのできない世界での出来事を教えてくれるのだ。
長野さんの作品は幻想的でリアル。
それが長野さんの作品の魅力のひとつであることは間違いない。
今作「いい部屋あります。」もそんな心積もりで読み始めた。
以下、やんわりとネタバレを避けて書いていきたいと思う。

読み始めてじきに、ほくそ笑む。
今作も長野作品の例に漏れず、不可解な出来事。謎めいた登場人物のオンパレード。
少年から青年への転換期際にいる主人公たちの、途上であるが故のもどかしい不安定さ、心許なさが作品の不可思議に拍車をかける。
そして、現か幻か、妖かしか……と惑わせる、思わせぶりなキャラの存在にすべてが誠しやかで、ぜんぶが虚構のように曖昧に滲み、期待は否応なく高まっていく。
物語は、謎に謎が積み重ねられ、こんがらがりまくってクライマックスを迎える。
やがて、大小様々な謎が見事に解かれ、ひとつの美しい図柄が姿を現す。
その図柄を見たときに、安易な思い込みによる予想が見事に裏切られたことに気づくのだ。
無論、いい意味で。だ。
そして実は、長野作品のこういった裏切りは今作が初めてではない。
長野作品にはこういったケースもあるということを充分に弁えていた。
故に、心のどこかで騙されまい。と疑いながら、見破ってやろう。と惑いながら、読み進めていた。
穿った心で読み、結末がどう転んでも「やはりな……」と頷く心構えはできている。そのつもりでいた。
しかし。そのつもりでいても、結局は「そう来たか!」と額を叩いてしまうのだった。
この一筋縄でいかない感じがまた、長野作品の魅力のひとつなのだ。


さて。
では今度は、結末ありきで読み返してみよう。
先とは異なる心持ちで、楽しめるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/14 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/07 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/24 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/01 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/27 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/28 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/02 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/03 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る