サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/04/30
  • 出版社: 京都大学学術出版会
  • サイズ:19cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8140-0252-8

紙の本

宅地の防災学 都市と斜面の近現代 (学術選書)

著者 釜井 俊孝 (著)

人の営みで変化した土地がいま牙を剝いている。都市づくりと土砂災害の関係史を辿ることこそが防災の基礎。宅地のどこに地すべりの危険が潜むか、斜面災害の芽はどう生み出されるのか...

もっと見る

宅地の防災学 都市と斜面の近現代 (学術選書)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人の営みで変化した土地がいま牙を剝いている。都市づくりと土砂災害の関係史を辿ることこそが防災の基礎。宅地のどこに地すべりの危険が潜むか、斜面災害の芽はどう生み出されるのかを解き明かし、次世代の防災を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

大災害の時代、平成……自然の猛威に翻弄される一方で、私達は「人災」の脅威を体験した。谷埋め盛土の緩い地盤、豪雨とともに頻発する地すべり――人の営みで変化した土地がいま牙を剥いている。この時代に、都市づくりと土砂災害の関係史を辿ることこそが防災の基礎になる。江戸から平成までの全国の災害地域史を追うことで、宅地のどこに地すべりの危険は潜んでいるのか、どのようにして斜面災害の芽は生み出されるのかを解き明かし、次の時代の防災を考える。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 序章……近代以前
  • 新地開発
  • 江戸の都市計画と斜面災害
  • コラム1 坂の文化
  • 第I部 発生と拡大——都市と斜面災害の関係史
  • 第1章……近代都市の試練と復興

著者紹介

釜井 俊孝

略歴
〈釜井俊孝〉1957年東京都生まれ。日本大学大学院修了(地盤工学専攻)。京都大学防災研究所教授。博士(工学)。著書に「宅地崩壊」「埋もれた都の防災学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

明治以降の宅地の災害史

2020/07/09 21:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は民間地質調査会社、通産省工業技術院地質調査所を経て大学教授という経歴であり、学究一筋ではなく多彩な職歴の持ち主である。本書の内容は主に、明治以降の都市(宅地)の斜面災害を扱ったものであり、個人的には、本書のタイトルは例えば「宅地の災害史」とでもしたほうがふさわしいかと思った。明治以降の宅地の斜面災害について、見識を深めようとする読者にとっては、本書はその目的を十分果たしてくれるであろう。地形・地質と災害の因果関係に留まらず、都市災害全般について十分な話題が満載である。その話題の一例をあげると次のようになる。◆災害発生とともに、新たな知見を反映させた斜面防災に関する法律が順次整備されてきた。◆北海道胆振東部地震で、宅地の盛土が液状化、民家が多数傾斜した。札幌市は宅地造成に一切関わっていないにも関わらず、公費で盛土を復旧、ハウスメーカー等の負担はなし。モラルハザードを招きかねない行政の対応である。◆建設残土の不法投棄を住民が行政当局に通報しても行政当局の不作為により、不法投棄が続けられ斜面崩壊が発生。最終的に血税により斜面の復旧を行い、不法投棄者は逃げ得◆第二次世界大戦の東京大空襲では米国は事前に、より効果的に都市を破壊する爆撃方法を研究。その研究を主導したのが、有名な建築家アントニン・レーモンド。
ただし、宅地を今後購入しようとする読者にとって、本書の結論は、「谷を埋めた盛土を避けるべし」の一点に尽きる。本書は、なにやら権威のありそうな「京都大学学術出版会」による刊行物であるが、些末な誤字等や不適切な記載(例えば、関東大震災の被害での解説で、国鉄中央線とすべきところをその前身の甲武鉄道と記載)が散見される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/08/30 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。