サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 集英社の通販
  6. 集英社新書の通販
  7. リニア新幹線と南海トラフ巨大地震 「超広域大震災」にどう備えるかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721171-9
新書

紙の本

リニア新幹線と南海トラフ巨大地震 「超広域大震災」にどう備えるか (集英社新書)

著者 石橋 克彦 (著)

30年以内の発生確率が70〜80%とされる南海トラフ巨大地震。活断層の密集地帯を走るリニア中央新幹線は、新たな災害を誘発する可能性が高い。地震学の知見に基づいて、その危険...

もっと見る

リニア新幹線と南海トラフ巨大地震 「超広域大震災」にどう備えるか (集英社新書)

税込 924 8pt

リニア新幹線と南海トラフ巨大地震 「超広域大震災」にどう備えるか

税込 924 8pt

リニア新幹線と南海トラフ巨大地震 「超広域大震災」にどう備えるか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.0MB
Android EPUB 7.0MB
Win EPUB 7.0MB
Mac EPUB 7.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

30年以内の発生確率が70〜80%とされる南海トラフ巨大地震。活断層の密集地帯を走るリニア中央新幹線は、新たな災害を誘発する可能性が高い。地震学の知見に基づいて、その危険性を警告する。【「TRC MARC」の商品解説】

政府の地震本部が「30年以内の発生確率が70~80%」とする南海トラフ巨大地震。
その震源域は広大で、沿岸部のみならず内陸も激しく揺れる。
活断層の密集地帯を走るリニア中央新幹線は無事でいられるだろうか? 
リニアは既存の新幹線より脆弱で、大部分が地下トンネルのため避難は困難をきわめる。
そして、新たな複合災害を誘発する可能性が高い。
地震学の知見に基づき、その危険性を警告する!
【本の内容】

目次

  • 第1部 リニアは地震に耐えられない
  •  第一章 リニア中央新幹線とは何か
  •  第二章 地震危険性を検討しなかったリニア計画
  •  第三章 活断層が動けばリニアは壊滅する
  •  第四章 南海トラフ巨大地震から復旧できるか
  • 第2部 ポストコロナのリニアは時代錯誤
  •  第五章 地球温暖化防止に逆行するリニア新幹線
  •  第六章 ポストコロナの日本を「超広域複合大震災」が襲う
  •  第七章 「超広域大震災」にどう備えるか
  •  第八章 リニア中央新幹線の再考を

著者紹介

石橋 克彦

略歴
石橋 克彦(いしばし かつひこ)
1944年生まれ。神戸大学名誉教授。東京大学理学部地球物理学科卒業。専門は地震学、歴史地震学。
原子力安全委員会専門委員、国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員などを歴任。
著書に『大地動乱の時代──地震学者は警告する』(岩波新書)、『阪神・淡路大震災の教訓』(岩波ブックレット)、『原発震災──警鐘の軌跡』(七つ森書館)、『南海トラフ巨大地震──歴史・科学・社会』(岩波書店)など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

150年ぶりに南海トラフ巨大地震に襲われる

2021/07/08 21:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は著名な地震学者であり、過去に『大地動乱の時代』(岩波新書)などの著作で地震災害に対して警告を発してきた。本書は第1部「リニアは地震に耐えられない」と第2部「ポストコロナのリニアは時代錯誤」の2部構成である。第1部では近い将来発生するであろう南海トラフ巨大地震により、活断層密集地帯を通過するリニア新幹線への影響についての解説である。一般に山岳トンネルは地震に強いといわれているが、地震規模が大きかったり、震源域に近かったり、断層破砕帯などの不良地山区間では、覆工コンクリートの剥落や断層運動によるトンネルのズレ破壊が生じたりする。またトンネル坑口付近の山体崩壊による災害が発生する可能性を指摘。また南アルプスは現在毎年4mm隆起しているが、巨大地震により逆に1m程度の沈降が起きる可能性があり、これは高い精度で設置する必要のある、リニアのガイドウェイの復旧にも大きな足かせとなるであろう。
第2部は、コロナ後の日本社会のあるべき姿について著者の考えが取りまとめられている。その考えは、次の著者の記述に集約される。<私たちは今、少なくとも過去五十万年以上にわたって淡々とくり返してきた南海トラフ巨大地震に、百五十年ぶりに襲われようとしている。その時間スケールに比べれば一瞬のような現代に、経済成長という観念に呪縛され、自然災害に弱い暮らしを拡大してきた。しかし、有限の地球上で無限の経済成長はありえないのだから、その呪縛を解き、成長の論理である「大規模・集中・効率・高速」といった価値観と訣別すべきであろう。それが、超広域大震災への最善の備えにつながると思われる。リニア中央新幹線建設の是非も、そのような文脈で考えるべきだろう。>
「あとがき」では、著者の祖父が東海道線丹那トンネル建設時の熱海建設事務所第二代所長を務めた土木技術者だったこともあり、リニア中央新幹線に情熱を注いできた技術者の方々を思うと、やや複雑な心境にもなるとも吐露している。
こうしたことからも批判のための批判の書でないことがわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後半以降はリニア記述がぐんと減ります

2021/07/12 07:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

目下建設中のリニア式中央新幹線について、近い将来起こるであろう南海トラフ巨大地震を踏まえれば、建設は危ういことを、著者が必死に訴えている1冊です。
 著者が「南海トラフ巨大地震は絶対に起こる」という考えのため、リニアより巨大地震の記述が多くなっています。特に、後半以降はリニアについての記述がぐんと減り、ほとんど巨大地震関連の内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/08/16 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。