サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/13
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43769-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

須永朝彦小説選 (ちくま文庫)

著者 須永 朝彦 (著),山尾 悠子 (編)

稀代の審美眼を有した異能の天才が描きだす官能と美の迷宮へようこそ! 須永朝彦を敬愛してやまない山尾悠子が、遺された小説から25作品をセレクトしたアンソロジー。「就眠儀式」...

もっと見る

須永朝彦小説選 (ちくま文庫)

税込 946 8pt

須永朝彦小説選

税込 825 7pt

須永朝彦小説選

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.6MB
Android EPUB 2.6MB
Win EPUB 2.6MB
Mac EPUB 2.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

稀代の審美眼を有した異能の天才が描きだす官能と美の迷宮へようこそ! 須永朝彦を敬愛してやまない山尾悠子が、遺された小説から25作品をセレクトしたアンソロジー。「就眠儀式」「天使」、連作「聖家族」などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

チェンバロの綺羅綺羅しい響き、橋の袂に佇む天使、青暗い水に潜む蛇……独特な美意識で幻想文学ファンを魅了した作品から山尾悠子が25篇を選ぶ。==「一語の揺るぎもない美文、人工の言葉でできた小宇宙…」。須永朝彦を敬愛してやまない山尾悠子が遺された小説から25作品をセレクト。〈耽美小説の聖典〉と称された『就眠儀式』『天使』から、密かな注目を集めつつ単行本化を見なかった連作「聖家族」まで。吸血鬼、美少年、黒い森の古城…稀代の審美眼を有した異能の天才が描き出す官能と美の迷宮へようこそ!解題:礒崎純一追悼―――美しき吸血鬼、チェンバロの綺羅綺羅とした響き、冥府よりの誘惑者に恍惚と導かれゆく至福…山尾悠子が選ぶ珠玉の25編【目次】契ぬばたまの樅の木の下でR公の綴織画就眠儀式神聖羅馬帝国森の彼方の地天使Ⅰ天使Ⅱ天使Ⅲ木犀館殺人事件光と影エル・レリカリオLES LILAS月光浴銀毛狼皮悪霊の館掌篇滅紫篇聖家族Ⅰ聖家族Ⅱ聖家族Ⅲ聖家族Ⅳ蘭の祝福術競べ青い箱と銀色のお化け *編者の言葉 山尾悠子  解題    礒崎純一  【商品解説】

目次

  • 契ぬばたまの樅の木の下でR公の綴織画就眠儀式神聖羅馬帝国森の彼方の地天使Ⅰ天使Ⅱ天使Ⅲ木犀館殺人事件光と影エル・レリカリオLES LILAS月光浴銀毛狼皮悪霊の館掌篇滅紫篇聖家族Ⅰ聖家族Ⅱ聖家族Ⅲ聖家族Ⅳ蘭の祝福術競べ青い箱と銀色のお化け *編者の言葉 山尾悠子  解題    礒崎純一  

収録作品一覧

8−10
ぬばたまの 11−15
樅の木の下で 16−37

著者紹介

須永 朝彦

略歴
須永朝彦(すなが・あさひこ)1946年、足利市生まれ。塚本邦雄の影響を強く受け、歌人として出発するが、1970年代には耽美的で幻想的な小説の数々を発表する。稲垣足穂、佐藤春夫、澁澤龍彦らに触発されたというその作品は、どれも深い知識と美意識に裏打ちされ、多くの幻想文学ファンをうならせた。歌舞伎にも深い造詣をもち、また坂東玉三郎主演台本も手掛けた。1990年代以降は『鏡花コレクション』Ⅰ~Ⅲ、『江戸奇談怪談集』などのアンソロジーを多く編んでいる。『就眠儀式』『天使』などの小説集、『美少年日本史』『歌舞伎ワンダーランド』などの評論集、『須永朝彦歌集』『須永朝彦小説全集』などがある。2021年5月逝去。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

聖典の胎動

2022/06/27 23:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

1970年代に「耽美小説の聖典」と言われたという作品集などから、編者の山尾悠子が選んだ一冊。
『就眠儀式』吸血鬼を恐怖や怪異の存在でなく、美の一形式として描いたというものらしい。日本人の青年が東欧旅行中に美しい没落貴族に誘われて、山奥の廃城のような屋敷に招かれる。そして日本に帰ってきて何やら儀式をしたりする。
『天使』天使もごついおっさんとか幼女とかじゃなく、美形の若者だったら、そして人間を容赦なく言いなりにする力があり、貪り尽くすような存在だったら、そんな夢想は果てしなく続く。また闘牛士を題材にした作品、生と死を分けるぎりぎりを生きている彼らは、心身のわずかなバランスでも命取りになりかねないが、さまざまな誘惑にさらされる身でもある。ところで登場する日本人の一人が少年時代に憧れたのばTVドラマのバットマン(とロビン)の肉体とコスチュームだったというのは、妙なあるある感があって面白い。
『悪霊の館』また東欧やポルトガルの滅び去った王朝の古城には、強力な怨念に凝り固まった皇子がいるものだ。獰猛で野生味にあふれて美しく、またまがまがしい。
「聖家族シリーズ」そういう美意識の元で家族について描くとなると、しかし両親、兄弟姉妹、叔父叔母も、美しさよりも醜さの部分が強調され、愛情よりも憎悪、嫌悪が強くなっていく先での破局が幻視される。
江戸川乱歩生誕100年記念とかで、谷崎潤一郎、佐藤春夫とあの世で対談をしていると、天の声のように嫌味な暴露ばなしを入れてくるやつがいて、誰かと思ったら稲垣足穂だという爆笑劇が巻末に収録。年代も近いらしいし、打ち明け話も面白いし、各作家への作者の愛が深いのがわかる。
他の単発の小説でもそうだが、全体にこの種のユーモア、諧謔や自虐の笑いがうっすらと含まれる。つまり自分の嗜好について耽溺するだけでなく、同時に懐疑というか逡巡といったところも感じられ、この分野の聖典であると同時に、古典であり、先駆者、先頭ランナーでもあるとすれば、これが果たして世の中に受け入れられるものなのかという疑念とともに、そういう感覚になるのも分かる気がする。それも精緻な文体を生み出す原動力になったかもしれない。
あと解説部分で短歌がいくつか紹介されているのも、やはり最初から同じ傾向だったのかということがわかって貴重かと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就眠儀式を読みたくて

2023/10/14 02:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M.V - この投稿者のレビュー一覧を見る

某所で『就眠儀式』のパロディを見かけ、元ネタを読んでみたいと思っていました。
ハードカバー版は絶版の上プレミア価格がついていたので助かりました。
須永先生の作品は初めて読みました。独特の文体も最初は読みづらかったのですが徐々に慣れて、読んでいるうちに現代からずっとずっと昔の時代にトリップするかのような、心地よい感覚になってきます。
文庫本なので持ち歩いて、仕事の休憩時間や病院の待合室で少しずつ読み進めてます。
耽美な吸血鬼ものを読みたい方にはイチオシです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。