サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会思想・政治思想の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391445-9

紙の本

彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠

著者 樋田 毅 (著)

【大宅壮一ノンフィクション賞(第53回)】1972年、早稲田大学構内で1人の学生が虐殺された。その事件をきっかけに蜂起した一般学生の「自由」獲得への闘い。その時、キャンパ...

もっと見る

彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【大宅壮一ノンフィクション賞(第53回)】1972年、早稲田大学構内で1人の学生が虐殺された。その事件をきっかけに蜂起した一般学生の「自由」獲得への闘い。その時、キャンパスでは何が起きていたのか。渦中で理不尽な暴力と対峙し続けた著者による渾身のルポ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

樋田 毅

略歴
〈樋田毅〉1952年生まれ。愛知県出身。早稲田大学第一文学部社会学科卒業。朝日新聞社和歌山総局長などを歴任し退社。ジャーナリスト。著書に「記者襲撃」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

辻信一の欺瞞を問う

2022/07/22 23:24

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しばかわわたる - この投稿者のレビュー一覧を見る

1960年代から20年間、
早稲田大学では革マル派という名の党派が学園を制圧していた。

革マルを批判する学生は脅迫と凄惨な暴力を受け大学から追放された。

そのなか一人の学生が「スパイ」として革マルに監禁され、
7時間のリンチを受け死亡した。彼の名は川口大三郎。

川口君の死を契機に高揚した一般学生による反革マル運動の元リーダーが当時を振り返る。

白眉は当時の早大革マル幹部、大岩圭之介=辻信一(現在はスローライフを唱えるエコロジスト)との対談。
辻氏は未だ自己正当化に満ちた発言に終始。
彼のスローライフとはいったい何だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの日

2022/06/03 09:12

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんぴつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

50年前・・・1972年、私は早稲田大学の1年生だった。秋、サークルの合宿から帰京した翌日、キャンパスはざわついていた。「2年生の男子学生が殺された!」・・・11.8が起きた。その後、連日の革マル吊るし上げの徹夜集会等々・・・。川口君はノンセクトだった。革マルや民青の横暴に批判的な学生は多かった。声をかけられて連れて行かれたら危ない・・・私も含め、そう思っていた学生は少なくなかった。川口君は、なぜ行ったのか、悔やまれてならない。樋田氏は、諸々、忸怩たる思いを抱えてこの本を書いたのだろう。11.8は私の脳裏に深く刻まれている、決して忘れない。川口君に近かった樋田氏はなおさらのことだろう。今回、この本によって新たに知ったことも多い。あの時代、70年安保、沖縄問題、ベトナム戦争等々・・・多くの学生が抱えていた「時代」への挫折と希望・・・そんなものが一気に蘇ってきた。

連合赤軍事件以降、「総括」という言葉には嫌悪感を持つ。リンチ、吊るし上げ・・・総括。この度、この本によって、本当の意味で、私は私の学生時代を総括するのかもしれない。

川口君リンチ殺人事件というものがあったということを知らない早稲田の学生も多いと聞く。若い人達に読んでみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/18 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/25 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/25 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/16 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/18 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/11 06:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/12 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/02 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/07 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/09 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/15 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/11 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/09/20 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。