サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本の小説・文学の通販
  5. 平凡社の通販
  6. 平凡社新書の通販
  7. 「おくのほそ道」をたどる旅 路線バスと徒歩で行く1612キロの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/03/17
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85999-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

「おくのほそ道」をたどる旅 路線バスと徒歩で行く1612キロ (平凡社新書)

著者 下川 裕治 (著)

世界を旅する著者が1日に1時間歩くことを目標に、路線バスを乗り継いで、「おくのほそ道」をたどる旅に出た。両国から船に乗って旅のスタートを切るが、時代や文化・社会も大きく変...

もっと見る

「おくのほそ道」をたどる旅 路線バスと徒歩で行く1612キロ (平凡社新書)

税込 968 8pt

「おくのほそ道」をたどる旅

税込 774 7pt

「おくのほそ道」をたどる旅

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.4MB
Android EPUB 7.4MB
Win EPUB 7.4MB
Mac EPUB 7.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界を旅する著者が1日に1時間歩くことを目標に、路線バスを乗り継いで、「おくのほそ道」をたどる旅に出た。両国から船に乗って旅のスタートを切るが、時代や文化・社会も大きく変わったなかで、何を感じ、何を思うのか…。【「TRC MARC」の商品解説】

《目次》
はじめに
第一章 深川を出発して旧街道を行く
旅立ちの地に立つ
芭蕉の生涯を振り返る
両国から船に乗って旅をはじめたが……
…………

第二章 「おくのほそ道」という道を東北で探す
福島から仙台へ
「おくのほそ道」という道を歩く
松島の絶景を前に芭蕉の苦悩を想像する
…………

第三章 最上川を越え新潟へ
なぜ山形県はラーメン日本一なのか
芭蕉が登った羽黒山、月山、湯殿山に……
名勝地だった「おくのほそ道」最北の地、象潟はいま
…………

第四章 金沢を出発し、終着の大垣をめざす
芭蕉はなぜ、病を押してまで金沢へ急いだか
曾良の几帳面さに支えられた旅だった
金沢から那谷寺、そして山中温泉で曾良と一旦別れる
…………


《概要》
世界を旅する著者が1日に1時間歩くことを目標に、路線バスを乗り継いで、「おくのほそ道」をたどる旅に出た。「おくのほそ道」は、1689年に松尾芭蕉が門人の曾良を従えて、東北・北陸から大垣に至るまでの旅を記したものである。
ある夏の日、両国から船に乗って旅のスタートを切ったのだが……。時代や文化・社会も大きく変わったなかで、はたして、何を感じ、何を思うのか――。新たな出合いや発見を求め、いざ出発!
【商品解説】

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出て300余年。世界を旅した著者がたどる旅に出た。史跡を訪ねる旅のなかで、何を感じ、何を思うか。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第一章 深川を出発して旧街道を行く
  • 旅立ちの地に立つ
  • 芭蕉の生涯を振り返る
  • 両国から船に乗って旅をはじめたが……
  • …………
  • 第二章 「おくのほそ道」という道を東北で探す
  • 福島から仙台へ
  • 「おくのほそ道」という道を歩く

著者紹介

下川 裕治

略歴
〈下川裕治〉1954年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経てフリー。アジアを中心に海外を歩き、「12万円で世界を歩く」でデビュー。ほかの著書に「アジアのある場所」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

てくってみなけりゃ分からない

2022/03/31 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

芭蕉や曽良のように徒歩のみでの旅は
厳しいので、路線バスも使っていく、という
二十一世紀版版奥の細道紀行の記録です。

奥の細道をゆくことを主題とした本において、
「なぜ山形県はラーメン日本一なのか」を
述べるくだりに遭遇しようとは思いませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/06/21 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/29 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。