サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/3

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会学の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 我々はどこから来て、今どこにいるのか? 下 民主主義の野蛮な起源の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/10/26
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391612-5

紙の本

我々はどこから来て、今どこにいるのか? 下 民主主義の野蛮な起源

著者 エマニュエル・トッド (著),堀 茂樹 (訳)

ホモ・サピエンス誕生からトランプ登場までの全人類史を「家族」という視点から書き換える。下は、「民主制」が元来、「野蛮」で「排外的」なものであることを明らかにし、「家族」か...

もっと見る

我々はどこから来て、今どこにいるのか? 下 民主主義の野蛮な起源

税込 2,420 22pt

我々はどこから来て、今どこにいるのか? 下 民主主義の野蛮な起源

税込 2,400 21pt

我々はどこから来て、今どこにいるのか? 下 民主主義の野蛮な起源

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.3MB
Android EPUB 11.3MB
Win EPUB 11.3MB
Mac EPUB 11.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ホモ・サピエンス誕生からトランプ登場までの全人類史を「家族」という視点から書き換える。下は、「民主制」が元来、「野蛮」で「排外的」なものであることを明らかにし、「家族」から主要国の現状と未来を分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

 ホモ・サピエンス誕生からトランプ登場までの全人類史を「家族」という視点から書き換える革命の書!
 人類は、「産業革命」よりも「新石器革命」に匹敵する「人類学的な革命」の時代を生きている。「通常の人類学」は、「途上国」を対象とするが、「トッド人類学」は「先進国」を対象としている。世界史の趨勢を決定づけているのは、米国、欧州、日本という「トリアード(三極)」であり、「現在の世界的危機」と「我々の生きづらさ」の正体は、政治学、経済学ではなく、人類学によってこそ捉えられるからだ。
 下巻では、「民主制」が元来、「野蛮」で「排外的」なものであることが明らかにされ、「家族」から主要国の現状とありうる未来が分析される。
 「核家族」――高学歴エリートの「左派」が「体制順応派」となり、先進国の社会は分断されているが、英国のEU離脱、米国のトランプ政権誕生のように、「民主主義」の失地回復は、学歴社会から取り残された「右派」において生じている。
 「共同体家族」――西側諸国は自らの利害から中国経済を過大評価し、ロシア経済を過小評価しているが、人口学的に見れば、少子高齢化が急速に進む中国の未来は暗く、ロシアの未来は明るい。
 「直系家族」――「経済」を優先して「人口」を犠牲にしている日本とドイツ。東欧から人口を吸収し、国力増強を図かるドイツに対し、少子化を放置して移民も拒む日本は、国力の維持を諦め、世界から引きこもろうとしている。【商品解説】

著者紹介

エマニュエル・トッド

略歴
〈エマニュエル・トッド〉1951年生まれ。フランスの歴史人口学者・家族人類学者。著書に「エマニュエル・トッドの思考地図」「「ドイツ帝国」が世界を破滅させる」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人口学・人類学をベースに現状を理解する

2023/02/22 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族の形態をベースにして、教育・宗教、人の指向などを類型化しつつ、すぐには変わらなさそうなポイントと変化してゆく部分をとらえて、現在の世界の解釈や理解を進める。
高等教育が各国の分断を進めている、日本は国力の維持を諦めている、現在の民主主義は一定の範囲の人の中で外部を排除して成り立っているなど、いろいろな刺激のある論が展開されている。
それらの理解や解釈の上で、ではどうしてゆくべきなのかは、価値中立の立場で論じる著者の直接の言及範囲ではなく、各人が考えるべきこととなっている。
日本語版のあとがき部分は、上巻のはじめの部分同様、2022年に書かれているので、原著版にはない、2017年以降のうごきへの補足がされている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ポスト民主制の起源とゆくすえ

2023/09/02 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かばおじさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

難しい内容が難しい言葉で書かれているので、わかったようなわからないような、ストンと腹に落ちる感覚に乏しい読後感だった。
フランス人らしくフランスに関する記述は詳細だが、フランスに詳しくないのでイマイチピンと来ない。ドイツ、アメリカに対しては結構辛辣(そんなところもフランス人らしいと言えるのか)。ただ、アメリカ社会の本質は原初のホモサピエンスモデルと言いながら、その太古的な普遍性に(人々は)惹かれるとも書いており、ダイナミックに進むアメリカ社会に対する羨望が垣間見える。
ヨーロッパにおける高等教育の普及や家族形態(意外と直系家族が多い)、宗教の影響といった観点から、「自由で平等な自由主義的民主制」の「権威と不平等の階層秩序構造」への変容を指摘している点が興味深い。ドイツ封じ込めが設立目的の1つとしたEUが、「ドイツ」的な価値観に飲み込まれてしまった形である。ただ、この傾向はアメリカや日本でも同様であり、いわゆる西側諸国の変容でもある。ポスト民主制の将来について、不安定化を懸念する著者の意見には同調したい。
一方でロシア・中国についてはあまり詳述されていない。中国の将来は「不安定化の極となる」と悲観的であるが、ポストコロナの景況感を見る限り(近視眼的だが)実現しそうな感じである。
ロシアについて著者はロシア国内で女性のステータスが相対的に高くフランスと同じ平等主義という点で「買って」いるフシがあるが、統合性の強い国家概念と平等性の強い国民性なんだとすれば、やはり不安定さは拭えないのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。