サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/22

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/10/20
  • 出版社: 日経BP日本経済新聞出版
  • サイズ:20cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-296-11750-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

諸葛亮 上

著者 宮城谷昌光 (著)

この者は時機がくれば、雲を招き、天に昇る龍となる。知られざる生い立ち、晴耕雨読の青年期…。宮城谷昌光が、英雄にして忠臣の誉れ高い諸葛亮の実像に迫る。『日本経済新聞』夕刊連...

もっと見る

諸葛亮 上

税込 1,980 18pt

諸葛亮 <上>

税込 1,980 18pt

諸葛亮 <上>

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この者は時機がくれば、雲を招き、天に昇る龍となる。知られざる生い立ち、晴耕雨読の青年期…。宮城谷昌光が、英雄にして忠臣の誉れ高い諸葛亮の実像に迫る。『日本経済新聞』夕刊連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ずいぶん『三国志』について書いてきた。だが、そこに登場するひとりを選んで、大きな構想に移植するのは、これが最初であり、最後となろう。そのひとりとは、諸葛亮以外に考えられなかった――(日本経済新聞連載開始にあたっての「作者の言葉」より)

大河小説『三国志』全12巻完結からはや10年。この「作者の言葉」に、宮城谷作品ファンのみならず、日本中の歴史小説愛好家が期待をふくらませているに違いない。

「三国志」にはあまたの個性的な名将、名臣が登場するが、日本で最も名を知られるのが諸葛亮(孔明)であろう。冒頭の「作者の言葉」はこう続いている。

――かれの人気は、おそらく劉備や関羽などをしのいでおり、たぶんどれほど時代がかわっても、最高でありつづけるにちがいない。通俗小説である『三国志演義』が、諸葛亮を万能人間、いわば超人にまつりあげてしまったせいでもあるが、そういう虚の部分を剥いでも、多くの人々の憧憬になりうる人物である――

「三顧の礼」「水魚の交わり」「出師表」「泣いて馬謖を斬る」「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」といった名言・名句はそのままに、諸葛亮の実像に迫ろうとするこの作品の冒頭はこのように始まる。

――春を迎えて八歳になった。かれは景観から音楽を感じるという感性を備えている――
乱世に生きながら清新さ、誠実さを失わない、今まで見たことのない諸葛亮がここにいる。【商品解説】

目次

  • 【上巻】
  • 旅立ち
  • 戦乱の風
  • 徐州とえん州
  • 豫章へ
  • 戦火の下
  • 徳の力
  • 荊州の天地
  • 師と友

著者紹介

宮城谷昌光

略歴
〈宮城谷昌光〉愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。「夏姫春秋」で直木賞、「重耳」で芸術選奨文部大臣賞、「子産」で吉川英治文学賞を受賞。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少年時代から

2024/02/02 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな宮城谷さんが、大好きな諸葛亮を書いたとなったら、そりゃ楽しみしかないですよ。
演義ではなく、正史に近い感覚で。とはいえ、伝わっていないことは作家の想像力で埋められているのがやはり楽しいところです。
『三国志』での孔明の登場はどうしても「三顧の礼」以降が主であり、少年時代はあまり取り上げられないが、この作品では幼少の頃から書かれており、亮自身を主軸に話が進められ、その人格形成がうかがえる。
人生前半の最大の見せ場「赤壁の戦い」は妖術幻術なし、駆け出しの知将としてのみサラリと素通り。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん、微妙かなぁ

2023/12/21 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tad - この投稿者のレビュー一覧を見る

三国志としては読んだことがないが、諸葛孔明といえば、軍師として普通にいろんなビジネス書なんかに登場する。あらためて諸葛孔明という人のことを歴史小説の第一人者の一人である宮城谷氏のよる孔明の一生であるが、もっとなんかワクワクするような物語を期待していたのにわりとたんたんと話が進む感じで、歴史書みたいだ。あと史実に忠実であろうとすると、どうしても登場人物が多くなるのだろうと想像するが、中国人名でなかなか頭に残りにくくて(カタカタ名よりまっしだが)、数ページ前の人がもう誰だっけ?みたいなことがよくありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2024/01/30 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/01/04 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/03 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/07 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/02 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。