サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序にかえて
    • 理論と逸脱−状況の中の文学研究
  • Ⅰ 戦前から戦後へ
    • 近代的自我と帝国意識−文学者の場合
    • 有島武郎と国家・資本主義・戦争
    • 小林多喜二−「防雪林」
    • 林房雄−転向者のナショナリズム
    • 太宰治−「トカトントン」
  • Ⅱ 戦後から現代へ
    • 丸山眞男と吉本隆明−文学研究が学ばなければならないこと
    • 吉本隆明と第三の新人−鋭さと混乱と
    • 桶谷秀昭−土着とナショナルなもの
    • 柴田翔−『されどわれらが日々−』からの成熟
    • 体験者の「戦争文学」と体験なき「戦争文学」−吉田満「戦艦大和ノ最期」など
  • Ⅲ 笑い・経済・世界
    • 笑いと思考−笑えたかも知れない『死霊』
    • 文学と経済社会−原理的考察のために
    • 城山三郎論−厚生経済学的な実業家たち
    • シャーロック・ホームズ的推理とは?−近代の光と影
    • 幼いチョウ採集家の躓き−ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」
    • 今なぜアジアの女性表現か
  • 結びにかえて
    • テクスト論以後の文学研究の行方