サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章 新しい日本語表現法へ
    • 1.1 研究の背景
    • 1.2 問題意識
    • 1.3 新しい表現法へ
    • 1.4 メディアによる教育支援
  • 第2章 先行研究と本研究の方法
    • 2.1 日本語表現法の先行研究
    • 2.2 外国から学ぶ
    • 2.3 本研究の方法
  • 第3章 基底構造から表層構造へ
    • 3.1 基底構造・表層構造を設定する
    • 3.2 評価基準を踏まえて
    • 3.3 ハイブリッド型による構成
  • 第4章 抄録から対立表現へ
    • 4.1 従来の日本語表現法授業形態
    • 4.2 教材
    • 4.3 言語表現の基礎
    • 4.4 抄録文作成
    • 4.5 同内容表現と対立表現
  • 第5章 3部型の論理構成
    • 5.1 基底構造の差異
    • 5.2 同内容3部型
    • 5.3 対立3部型
  • 第6章 ハイブリッド4部型の実践
    • 6.1 ハイブリッド4部型1
    • 6.2 ハイブリッド4部型2
    • 6.3 ハイブリッド4部型3
  • 第7章 論理説得性を高める
    • 7.1 読みやすくする
    • 7.2 説得力を高める
  • 第8章 評価をとる1
    • 8.1 半期のまとめ
    • 8.2 前期ポストテスト
  • 第9章 素材から表現へ
    • 9.1 素材を配置する
    • 9.2 表現を磨く1
    • 9.3 表現を磨く2
    • 9.4 表現を磨く3
    • 9.5 表現を磨く4
    • 9.6 表現を磨く5
    • 9.7 表現を磨く6
  • 第10章 思考・発想
    • 10.1 思考法1
    • 10.2 思考法2
    • 10.3 新しい発想で
  • 第11章 情感感得型表現
    • 11.1 情感感得型表現
    • 11.2 感得性を高める
  • 第12章 コミュニケーションと文章表現
    • 12.1 コミュニケーション変数
    • 12.2 文と段落の連接
  • 第13章 評価をとる2
    • 13.1 伸びを測定する
    • 13.2 成績閲覧
    • 13.3 授業アンケート
  • 第14章 日本語CAIによる授業実践
    • 14.1 CAIとは
    • 14.2 CAIの必要度
    • 14.3 CAIの構成と調査対象
    • 14.4 評価と変動プロット
  • 第15章 日本語表現法学習支援システム
    • 15.1 システムの構成
    • 15.2 利用者登録とシステムの運用
    • 15.3 管理者用画面
    • 15.4 操作ミスへの対処
  • 第16章 システムの画面操作
    • 16.1 講義資料の作成
    • 16.2 授業の展開
    • 16.3 コンテンツの構成
    • 16.4 オーサリング
  • 第17章 システムの運用と評価
    • 17.1 学習者
    • 17.2 プリテストの成績
    • 17.3 小論文の4類型
    • 17.4 ポストテストの成績
    • 17.5 授業評価
  • 第18章 システムの汎用性
    • 18.1 映像表現法支援システム
    • 18.2 情報文化学支援システム
  • 終章 結論と展望
    • 19.1 問題意識と研究成果
    • 19.2 残る問題点と対策

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る