サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

目次

  • 第一部 注釈編
    • 大歌所御歌
    • 一〇六九 あたらしき年の始にかくしこそ千年をかねてたのしきをつめ
    • 一〇七〇 しもとゆふ葛城山にふる雪の間なく時なくおもほゆる哉
    • 一〇七一 近江より朝たち来ればうねの野に鶴ぞなくなるあけぬこの夜は
    • 一〇七二 水茎の岡のやかたに妹と我と寝ての朝けの霜のふりはも
    • 一〇七三 四極山うち出でて見ればかさゆひの島こぎかくる棚無し小舟
    • 一〇七四 神垣のみむろの山の榊葉は神のみまへにしげりあひにけり
    • 一〇七五 霜やたびをけどかれせぬ榊葉の立さかゆべき神のきねかも
    • 一〇七六 まきもくの穴師の山の山人と人も見るがに山かづらせよ
    • 一〇七七 み山には霰ふるらし外山なるまさきのかづら色づきにけり
    • 一〇七八 陸奥の安達のま弓わがひかば末さへ寄り来しのびしのびに
    • 一〇七九 わが門の板井の清水里とほみ人しくまねば水草おひにけり
    • 一〇八〇 ささのくま檜隈河に駒とめてしばし水かへ影をだに見む
    • 一〇八一 青柳を片糸によりて鶯の縫ふてふ笠は梅の花笠
    • 一〇八二 まかねふく吉備の中山帯にせる細谷河の音のさやけさ
    • 一〇八三 美作や久米の佐良山さらさらにわが名は立てじよろづ世までに
    • 一〇八四 美濃の国関の藤河絶えずして君につかへむよろづ世までに
    • 一〇八五 君が世はかぎりもあらじ長浜の真砂の数はよみつくすとも
    • 一〇八六 近江のや鏡の山をたてたればかねてぞ見ゆる君が千年は
    • 一〇八七 阿武隈に霧たちくもり明けぬとも君をばやらじ待てばすべなし
    • 一〇八八 陸奥はいづくはあれど塩竈の浦こぐ舟の綱手かなしも
    • 一〇八九 わが背子を宮こにやりて塩竈のまがきの島の松ぞこひしき
    • 一〇九〇 をぐろ崎みづの小島の人ならば宮このつとにいざといはましを
    • 一〇九一 みさぶらひ御笠と申せ宮木野の木のした露は雨にまされり
    • 一〇九二 最上河のぼればくだる稲舟のいなにはあらずこの月ばかり
    • 一〇九三 君をおきてあだし心をわが持たば末の松山浪も越えなむ
    • 一〇九四 こよろぎの磯たちならし磯菜つむめさしぬらすな沖にをれ浪
    • 一〇九五 筑波嶺のこのもかのもに陰はあれど君がみ陰にます陰はなし
    • 一〇九六 筑波嶺の峰のもみぢ葉落ち積もり知るも知らぬもなべてかなしも
    • 一〇九七 甲斐が嶺をさやにも見しかけけれなく横ほりふせるさやの中山
    • 一〇九八 甲斐が嶺を嶺越し山越し吹風を人にもがもや言つてやらむ
    • 一〇九九 おふの浦に片枝さし覆ひなる梨のなりもならずも寝て語らはむ
    • 一一〇〇 ちはやぶる賀茂の社の姫小松よろづ世ふとも色はかはらじ
  • 第二部 論文編
    • 「大御所御歌」について
    • 古今和歌集巻二十〈短歌体〉攷
    • 古今集巻二十「神あそびの歌」の生成
    • 『古今和歌集』巻二十所収和歌の古態性
    • 『古今和歌集』巻二十の句切れについて
    • 『伊勢物語』一二一段「梅の花笠」
    • 古今和歌集巻軸歌「賀茂の社」の歌をめぐって