サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第Ⅰ部 本研究の問題と目的
    • はじめに
    • 第1章 教室談話における聴くという行為の検討への視座
    • 第2章 方法と本研究の構成
  • 第Ⅱ部 児童の発言に基づく聴くという行為の検討
    • 第3章 児童による話し合いを中心とした授業において求められる聴くという行為の特徴
    • 第4章 聴くという行為の課題構造に応じた相違
  • 第Ⅲ部 聴くという行為の発言しない児童を含めた特徴とその支援
    • 第5章 児童の聴き方の課題構造に応じた相違
    • 第6章 知識の獲得・共有に向かう社会科単元における児童の聴くという行為および学習と教師のリヴォイシングによる支援の検討
    • 第7章 多様な理解の交流・精緻化に向かう国語科単元における児童の聴くという行為と教師による支援の検討
  • 第Ⅳ部 聴くという行為の発達的変化の検討
    • 第8章 テキスト読解授業における聴くという行為の習得
  • 第Ⅴ部 総合考察
    • 第9章 児童による話し合いを中心とした授業における聴くという行為の特徴