サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 149件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-03322-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)

著者 西林 克彦 (著)

「わかる」から「よりわかる」に到る過程における「読む」という行為の主たる障害は「わかったつもり」。そこから先の探索活動を妨害する「わかったつもり」からの脱出法を述べる。文...

もっと見る

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)

756(税込)

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~

680 (税込)

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.3MB 無制限
Android EPUB 5.3MB 無制限
Win EPUB 5.3MB 無制限
Mac EPUB 5.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「わかる」から「よりわかる」に到る過程における「読む」という行為の主たる障害は「わかったつもり」。そこから先の探索活動を妨害する「わかったつもり」からの脱出法を述べる。文章をよりよく読むための一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西林 克彦

略歴
〈西林克彦〉1944年生まれ。愛媛県出身。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、宮城教育大学教育学部教授。著書に「「わかる」のしくみ」「間違いだらけの学習論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー149件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

文脈のおとしあなにハマらないために

2009/11/10 01:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

「読解」というと文章のなかにあるものを解読することだとおもってしまうが,この本はむしろ本のなかには書いてないことがいかに文章の解釈に影響するか,とくにそういう「文脈」をただしく理解しないと「わかったつもり」つまり誤解することになるかを,いろいろな例をつかって説明している.この本をよめば,「わかったつもり」というおとしあなにおちるのをふせぐことができるようになるだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこまでいっても「わかったつもり」は「わかったつもり」で、それはそれで読み方の1つのように思いますが

2005/11/06 23:34

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読み終えたのはすでに2週間以上前のことなのだけれど、この本について何か書こうとするとどうしても詰まってしまうのです。それは何故か?
この本について何を書いても、「それはあなたがわかったつもりになっているだけではないの」と言われそうな気がして仕方がないのです。
そもそも私がこの本を手に取ったのは、自分の子どもが「わかったつもり」になってしばしば試験で何でもないミスをしてくることを目の当たりにすることがあるので、こうしたことへの対処法を知りたかったからでした。
確かに、この本で「わかったつもり」という状態がより理解するためにはかえって困った状態であること、理解するためには「文脈」を活用しなければならないこと、「わかったつもり」にさせる原因・理由にさまざまなものがあること、「わかったつもり」を壊すための方法を知ることはできました。少なくとも自分では理解できたと思えました。
しかし、この本によればこの「自分としては理解できました」状態こそ「わかったつもり」状態なのかもしれません。それを検証するには、やはりこの本に従って自分の「わかったつもり」を壊すしかない、ということを繰り返していくしかないのでしょうか。
この本の冒頭に、「この本は、文章をよりよく読むためにはどうすればよいのかを述べたものです」とあります。確かに、少しでも理解を深めた読み方ができれば、私たちが手にする本をより楽しむことが可能でしょう。そのために、「わかったつもり」状態を何とかしなければならないということもうなずけます。しかし、それはいったい何のためにするのでしょうか?何のために「文章をよりよく読む」必要があるのでしょうか。
この本にはいくつか文章が載せられています。その文章を手がかりにして「わかったつもり」やその壊し方について述べられていますが、私はそれを読みながら「この読み方は説明文や実用書のようなものにしか通用しないのではないか」と思えて仕方ありませんでした。
例文の多くが国語の教科書から引用されていますが、あまり童話や小説は取り上げられていません。森鴎外の『高瀬舟』も取り上げられていますが、どちらかというと状況を説明したりする文章が多かったように思います。この本で述べられている「わかったつもり」とその壊し方は、説明文にはかなり応用できるように思えるのですが、はたして物語の鑑賞という点では有効なのでしょうか。
私たちが何か文章を読む、あるいは本を読むというのは、そこから新しい知識や情報を得るということもありますが、もっと純粋に楽しみとして読むということもあるのではないかと思います。その時にはよりよく理解するように読むことも大切だとは思いますが、ある場合には大胆な「誤解」や「想像」も必要ではないかと思います。そのような「誤解」や「想像」が、ある物語を創造した作者も思い及ばなかった解釈を生み出し、さらに新たな「読み方」を提示することもあるのではないでしょうか。それを、ひたすら「よりよい理解」を目指して読んでいては、新たな解釈は生まれてこないようにも思います。
そう思いながらこの本を読んでいたら、ちゃんと「解釈」について述べられている節がありました。どうもやはり私が「わかったつもり」になって、勝手に解釈していたようです。
でも、その「解釈」についての節のあとに「試験問題を解いてみる」という節があるところをみると、やはりこの本でいう「よりよく読む」というのは学校の勉強のためなのか、という懸念が拭いきれません。これも私があまりよく読めていなくて「わかったつもり」になっているためなのでしょうか?誰かこの本を読んで、私に教えてくれませんかねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/26 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/05 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/05 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/02 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/12 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/02 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/23 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/07 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/05 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/06 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/07 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む