サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • Ⅰ 解釈学的前提
  • Ⅱ 小説『ハムレット』成立史と研究史概観、及び先行研究
    • 1.成立史
    • 2.研究史概観
    • 3.先行研究−本論のテーマとの関わりから
  • Ⅲ 登場人物−語りと経験
    • 1.何がいかに語られているか
    • 2.エドワード・アリソン(Edward Allison)
    • 3.ゴードン・アリソン(Gordon Allison)
    • 4.アリス・アリソン(Alice Allison)
    • 5.ジェームズ・マッケンジー(James Mackenzie)
    • 6.キング医師(Dr.King)
    • 7.キャスリーン・アリソン(Kathleen Allison)
    • 8.アノニムな登場人物としての語り手
  • Ⅳ 語り手、読者
    • 1.「感染しない語り手」と情動
    • 2.コロスのような語り手と最終章
    • 3.語りの多層性と読者
    • 4.語り手の言説
  • Ⅴ 作者
    • 1.「彼の(そして私の)物語」−次男ヴォルフガングの死と家族関係をめぐって
    • 2.世界劇場−『われわれの気がかり、人間』(Unsere Sorge Der Mensch)との関連