サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 序章 「根拠=ground」が揺れる
    • 一 「震災」と転換期
    • 二 「根拠=ground」が揺れる
    • 三 「ジャンル」が揺れる
    • 四 認識論的可能性
    • 五 存在論的可能性
    • 六 「余震」
  • 第一章 横光利一における「形式主義」
    • 一 はじめに
    • 二 横光利一とマルキシズム文学の「相互関係」
    • 三 「個性」の分裂とその「矛盾」
    • 四 「個性」という形式
    • 五 「個性」から「自意識」へ
    • 六 おわりに
  • 第二章 「日輪」の構想力と「神話」の構造
    • 一 はじめに
    • 二 「日輪」と「形式主義」
    • 三 「ロゴス」と「パトス」の「動力」
    • 四 「日輪」の歴史性
    • 五 「日輪」の「構想力」
    • 六 おわりに
  • 第三章 『上海』における「共同の論理」
    • 一 はじめに
    • 二 「形式」への「還元」
    • 三 『上海』における「共同」と「個性」
    • 四 「上海」における「商品の物神崇拝的性質とその秘密」
    • 五 「上海」という「機械」
    • 六 おわりに
  • 第四章 『機械』という「倫理」
    • 一 はじめに
    • 二 『機械』と同時代評
    • 三 『機械』の文学史(「心理」と「疎外」)
    • 四 「倫理」という「形式」と「力」
    • 五 『機械』の「理性」と「暴−力」
    • 六 おわりに
  • 第五章 横光利一と『資本論』
    • 一 はじめに
    • 二 認識論の「図式」と文学の「形式」
    • 三 「価値形態論」と「文字について」
    • 四 『資本論』による『上海』と『機械』
    • 五 『上海』という「工場」
    • 六 『機械』と「工場」
    • 七 おわりに
  • 第六章 「転回」
    • 一 はじめに
    • 二 「認識論」をめぐる「前衛」
    • 三 「認識論」との対決と「存在論的転回」
    • 四 「純粋小説論」の「構想力」
    • 五 おわりに
  • 第七章 「純粋小説論」の「交互作用」
    • 一 はじめに
    • 二 「純粋小説論」をめぐる「否認」の痕跡を辿って
    • 三 「交互作用」と複数の弁証法
    • 四 「私小説論」(心境/社会化した私)と「純粋小説論」(純文学/通俗小説)
    • 五 おわりに
  • 第八章 「純粋小説論」と「近代の超克」
    • 一 はじめに
    • 二 「四人称」という「場所」
    • 三 「純粋小説論」と「国家」
    • 四 『近代の超克』と「純粋小説論」
    • 五 おわりに
  • 第九章 『欧洲紀行』という「純文学」
    • 一 はじめに
    • 二 ヨーロッパ体験と「自意識」
    • 三 『欧洲紀行』という「純文学」
    • 四 『欧洲紀行』に内在する「詩」
    • 五 おわりに
  • 第十章 『旅愁』という「通俗」
    • 一 はじめに
    • 二 「俳句」と「自意識」
    • 三 「ノートルダムの大寺院」と「俳句」
    • 四 「欅」と「立つてゐる」こと
    • 五 截り斃される「欅」
    • 六 おわりに
  • 第十一章 『微笑』という「視差」
    • 一 はじめに
    • 二 横光利一における二項対立の「歴史」
    • 三 「微笑」という「視差」
    • 四 「微笑」という「新武器」
    • 五 おわりに
  • 終章 「故郷」は「異国」である
    • 一 「見方」としての「故郷」
    • 二 「故郷」という「超越論的」な問題
    • 三 「意味=故郷」の刷新
    • 四 ヨーロッパと「故郷」
    • 五 「故郷」とは「異国」である