サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

『源氏物語』という幻想

『源氏物語』という幻想

  • 中川 照将(著)
  • 序章 文学作品の“正しさ”について考える、その前に…
  • 第一部 現在の『源氏物語』は、かつての源氏物語と同じものではない
  • 第一章 正しい『源氏物語』とは、なにか
    • 一 青表紙本『源氏物語』が読まれている理由
    • 二 源氏物語に関する〈わかること/わからないこと〉
    • 三 源氏物語から『源氏物語』へ
    • 四 青表紙本も河内本も五四巻である、ということ
  • 第二章 「青表紙本」を読む、ということ
    • 一 青表紙本の“正しさ”を支える論理
    • 二 青表紙本と河内本という二種類の“正しさ”
    • 三 青表紙本という“正しさ”への統一
    • 四 青表紙本から「青表紙本」へ
    • 五 それでも「青表紙本」を読む、ということ
  • 第三章 転移する不審
    • 一 「みるこ」とは何か
    • 二 意識され続ける「みるこ」
    • 三 「青表紙本」における書き入れと「みるこ」の浮上
    • 四 “「青表紙本」は読みにくい”という事実が意味しているもの
  • 第四章 奥入を〈書き加える/切り離す〉ということ
    • 一 現在の正統な「青表紙本」とかつての「青表紙本」
    • 二 奥入を書き加えた「青表紙本」たち
    • 三 奥入を切り離した「青表紙本」たち
    • 四 大島本を“正統な「青表紙本」”ではないと判断していた人たち
    • 五 大島本もまた「青表紙本」の一つである
  • 第二部 『源氏物語』になれなかった『源氏物語』たち
  • 第一章 淘汰された定家筆本『源氏物語』
    • 一 従来の長慶天皇所持定家筆本に対する評価
    • 二 『仙源抄』の論理
    • 三 「青表紙本」の形成/定家筆本の淘汰
    • 四 淘汰された本文/生き残った本文
  • 第二章 “正しくない『源氏物語』”を読む
    • 一 “正しくない『源氏物語』”のすすめ
    • 二 夕顔巻における陽明本の物語世界
    • 三 六条御息所は、いつ伊勢下向を決意したのか?
    • 四 源氏が「男」となっていることの意味
    • 五 〈源氏の心移り〉とその結末
  • 第三章 『源氏肝要』という“はじめての『源氏物語』”
    • 一 荒唐無稽な“正しさ”を持つ『源氏物語』
    • 二 “『源氏肝要』は『源氏小鏡』に近い”ということの意味
    • 三 『源氏肝要』に見える二つの性格
    • 四 『源氏肝要』が典拠としたもの
    • 五 『源氏肝要』使用上の注意
  • 第三部 『源氏』研究の方程式と、『寝覚』研究の方程式
  • 第一章 寝覚物語について考える…その前に押さえておきたい二つのこと
    • 一 「古本」「改作本」という術語・概念について
    • 二 『風葉和歌集』について
  • 第二章 現存『寝覚』は果して原本なるか
    • 一 現存本と原本をつなぐ奇妙な「方程式」
    • 二 二種類の真砂君
    • 三 「あえか」な寝覚君と、「つぶつぶとまろ」な寝覚君
    • 四 孤立する二度目の逢瀬の場面
  • 第三章 現存本『寝覚』と、失われた原作本『寝覚』
    • 一 同一の展開の中に見えるわずかな差異
    • 二 二つの『寝覚』の差異と、現存本内部の《断層》
    • 三 現存本巻二における表記の《断層》
    • 四 二つの『寝覚』の違いが意味するもう一つの可能性