サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

北朝仏教造像銘研究

北朝仏教造像銘研究

  • 倉本 尚徳(著)
  • 序論
    • はじめに
    • 第一節 本書で用いる基本的語句の説明
    • 第二節 造像銘に関する先行研究とその課題
    • 第三節 資料と方法
  • 第一部 邑義造像銘の概要とその地域的特徴
  • 第一章 北朝邑義造像銘の概要と感応思想
    • はじめに
    • 第一節 北朝造像銘に見る信仰集団の名称とその意味
    • 第二節 義邑に関する研究史とその課題
    • 第三節 邑義造像銘の概要
    • 第四節 造像と感応思想
    • おわりに
  • 第二章 義邑の地域的特徴について
    • はじめに
    • 第一節 主な肩書の概要とその地域的分布状況
    • 第二節 各地域の義邑の特徴
  • 第三章 北朝時代の関中における道仏二教の義邑について
    • はじめに
    • 第一節 関中における義邑と斎会
    • 第二節 造像銘の分類
    • 第三節 いくつかの注意すべき肩書
    • 第四節 義邑により造られた二教像碑の具体的事例
    • 第五節 造像銘文中の老子(尹喜)化胡
    • 第六節 北魏末における北地郡の動乱と道教像・道仏像の減少について
    • おわりに
  • 第二部 造像銘と仏教経典
  • 第一章 北朝時代の多仏名石刻
    • はじめに
    • 第一節 主な多仏名とその信仰
    • 第二節 北朝時代の多仏名石刻諸事例
    • おわりに
  • 第二章 北朝時代における方等懺と称名信仰
    • はじめに
    • 第一節 『陀羅尼経』と方等懺の盛行
    • 第二節 僧伝にみる方等懺の実践とその好相行
    • 第三節 十二夢王図像石刻の形態と銘文
    • 第四節 十二夢王と十法王子
    • 第五節 敦煌本『陀羅尼経』について
    • おわりに
  • 第三章 南北朝時代における『大通方広経』の成立・流布とその懺悔思想
    • はじめに
    • 第一節 『方広経』の成立に関する問題
    • 第二節 陳海龍造像碑の概要
    • 第三節 陳海龍造像碑に刻まれた仏・菩薩名について
    • 第四節 敦煌文献S四四九四の方広懺断片について
    • 第五節 同時代の仏教文献にみる三宝名号の礼拝
    • 第六節 『方広経』の所依経典と概要
    • 第七節 三宝名号の礼拝と一体三宝論
    • 第八節 一闡提の救済について
    • おわりに
  • 第四章 北朝期における『菩薩瓔珞本業経』実践の一事例
    • はじめに
    • 第一節 『瓔珞』の四十二賢聖について
    • 第二節 陽阿故県村造像記の概要
    • 第三節 『瓔珞』と陽阿故県村造像記
    • 第四節 北朝造像銘に見る「輪王」
    • 第五節 授菩薩戒儀礼と陽阿故県村造像記
    • おわりに
  • 第五章 『高王観世音経』の成立と観音像
    • はじめに
    • 第一節 高王と高歓
    • 第二節 『高王経』の霊験譚と北魏・東魏時代の観音造像の状況
    • 第三節 高王寺と観世音像
    • 第四節 『高王経』現存最古のテキスト
    • おわりに
  • 第六章 『観世音十大願経』と「觀世音佛」
    • はじめに
    • 第一節 観音の成仏を説く主な経典
    • 第二節 石刻資料・敦煌文献にみる「觀世音佛」
    • 第三節 観世音十大願の石刻
    • おわりに
  • 第七章 北朝・隋代造像銘に見る西方浄土信仰の変容
    • はじめに
    • 第一節 造像銘中の生天・浄土信仰を表す用語の地域・時代的分布状況
    • 第二節 北朝・隋代の無量寿・阿弥陀造像銘
    • 第三節 造像銘に見る阿弥陀仏名
    • 第四節 新出土の北斉天保元年阿弥陀像について
    • 第五節 「禪師」と阿弥陀造像
    • 第六節 北斉期無量寿・阿弥陀造像銘に見る『観無量寿経』の影響
    • おわりに
  • 結論