サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

目次

道教経典の形成と仏教

道教経典の形成と仏教

  • 神塚 淑子(著)
  • 序章
    • 一 問題の所在
    • 二 先行研究
    • 三 本書の構成
  • 第一篇 霊宝経の形成とその思想
  • 第一章 霊宝経と初期江南仏教
    • はじめに
    • 一 霊宝経の因果応報・輪廻転生の思想
    • 二 霊宝経と支謙・康僧会の訳経
    • 三 霊宝経と六朝小説
  • 第二章 霊宝経における経典神聖化の論理
    • はじめに
    • 一 「元始旧経」の構想と「開劫度人」説
    • 二 上清経から霊宝経へ
    • 三 「出法度人」と阿丘曽の物語
    • 四 「開劫度人」説と死者救済
    • 五 天尊の「過去」と斎戒
    • おわりに
  • 第三章 霊宝経に見える葛仙公
    • はじめに
    • 一 霊宝経の伝授の系譜
    • 二 太極真人から葛仙公への伝授
    • 三 葛仙公の「本行因縁」
    • 四 仙公と天師張道陵と青童君
    • 五 葛仙公から鄭思遠への言葉
    • おわりに
  • 第四章 六朝道教と『荘子』
    • はじめに
    • 一 上清派道教の形成と『荘子』
    • 二 霊宝経と『荘子』
    • 三 陸修静と『荘子』
    • おわりに
  • 第二篇 天尊像考
  • 第一章 隋代の道教造像
    • はじめに
    • 一 隋代の道教像とその特徴
    • 二 男官李洪欽等造老君像碑
    • 三 道観と道教像
    • おわりに
  • 第二章 天尊像・元始天尊像の成立と霊宝経
    • はじめに
    • 一 天尊像・元始天尊像の成立
    • 二 霊宝経「元始旧経」と元始天尊
    • 三 『定志通微経』に見える元始天尊の前世物語
    • おわりに
  • 第三章 元始天尊をめぐる三教交渉
    • はじめに
    • 一 『笑道論』における元始天尊批判
    • 二 元始天尊の「因縁」をめぐって
    • 三 元始天尊の身相と自然・因縁一体説
    • おわりに
  • 第三篇 道教経典と漢訳仏典
  • 第一章 『海空智蔵経』と『涅槃経』
    • はじめに
    • 一 作者・成立年代・テキスト
    • 二 各巻の梗概
    • 三 『海空智蔵経』と『涅槃経』
    • 四 離苦安楽の思想
    • 五 海空
    • おわりに
  • 第二章 『海空智蔵経』巻十「普記品」小考
    • はじめに
    • 一 『海空智蔵経』巻十と『像法決疑経』
    • 二 「衆生の相」
    • 三 「神を返して海空蔵に入る」
    • おわりに
  • 第三章 仏典『温室経』と道典『洗浴経』
    • はじめに
    • 一 『温室経』の流布と仏道論争
    • 二 『洗浴経』(敦煌写本『太上霊宝洗浴身心経』)
    • 三 洗浴の儀規
    • 四 『沐浴身心経』と『太上玄都妙本清静身心経』
    • おわりに
  • 第四篇 日本国内所蔵の道教関係敦煌写本
  • 第一章 国立国会図書館所蔵の敦煌道経
    • はじめに
    • 一 金録晨夜十方懺残巻 WB32−1(3)
    • 二 道教叢書残巻 WB32−1(30)
  • 第二章 杏雨書屋所蔵の敦煌道経
    • はじめに
    • 一 道教願文 杏雨書屋六七三R
    • 二 道経残簡 杏雨書屋六六六
    • 三 太玄真一本際経巻第七譬喩品 杏雨書屋六一六
  • 第三章 京都国立博物館所蔵の敦煌道経
    • はじめに
    • 一 京都二五二「太上業報因縁経巻第八」
    • 二 京都二五三「太上洞玄霊宝妙経衆篇序章」
    • 三 道教史から見た「太上洞玄霊宝妙経衆篇序章」
  • 第五篇 唐代道教と上清派
  • 第一章 則天武后期の道教
    • はじめに
    • 一 嵩山出土の金簡
    • 二 投龍と封禅
    • 三 「坐忘行心」
    • おわりに
  • 第二章 司馬承禎『坐忘論』について
    • はじめに
    • 一 司馬承禎の生涯
    • 二 司馬承禎の著作
    • 三 『坐忘論』の内容とその特徴
    • おわりに
  • 補論 石刻坐忘論をめぐって
    • はじめに
    • 一 石刻坐忘論の内容
    • 二 七篇坐忘論を司馬承禎の作とすることについて
    • 三 先行諸研究の見解
    • おわりに
  • 第三章 司馬承禎と天台山
    • はじめに
    • 一 天台山の霊墟
    • 二 桐柏観
    • 三 『上清侍帝晨桐柏真人真図讃』
    • 四 五岳真君祠
    • おわりに
  • 終章
    • 一 『甄正論』の道教批判
    • 二 霊宝経の仏教受容
    • 三 上清派の伝統へ