サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ヒトラー・ユーゲントの若者たち 愛国心の名のもとに

ヒトラー・ユーゲントの若者たち 愛国心の名のもとに みんなのレビュー

ニューベリー賞銀賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2011/02/06 14:03

投稿元:ブクログ

若い人、中高生にぜひ読んで欲しい。ちょうど良い分量で、読むのが苦痛にはならない。 彼らは生まれた時からナチスなのではなく、ナチスになった。どのようにしてなったのかが、よく分かる。

2011/04/06 21:31

投稿元:ブクログ

教育+ファシズムの恐ろしさってどこの国でもおなじなんだなぁ
ドイツの普通の感性を持つ人々が、良識を持っていたはずの人々が(あるいは持ちつつも)、だんだんとファシズムに巻き込まれていったんだなぁ

2016/03/02 19:22

投稿元:ブクログ

ナチスがドイツの若者をどうやってナチス思想に染め上げたうえに利用してきたのかが分かった。
第二次世界大戦末期、第十二SS装甲師団に入団したヒトラー・ユーゲント出身者は「戦うには十分だが、タバコを吸えるほどには大人でない」として、年長兵士にはタバコが支給されるところ、キャンディーが配られていた。
なんという皮肉。その矛盾をどう感じていたのだろう。

2010/12/11 11:11

投稿元:ブクログ

ヒトラーは、若者たちの持つ純粋なエネルギーと情熱を讃嘆し、それを自らの権力拡大の原動力とした。10代の少年少女はこぞってヒトラー・ユーゲントに参加し、親や教師よりもヒトラーが約束した輝かしい未来を信じたのだ。ヒトラーとナチスがいかに巧妙に素早く若者たちを洗脳していったか。自分の命や家族よりヒトラーとナチスのために働くことを喜びとした若者たちの実像を丁寧に取材したこの本は、重いテーマなのに最後まで読まずにはいられない力強さがある。世界各地で若者が自爆テロにより命を散らしている現代は、ヒトラーの時代に酷似しているのかもしれない。

2016/04/10 21:02

投稿元:ブクログ

小説かと思いきや、ノンフィクションでした。

ナチスが台頭する時、それを支えたのはヒトラーに心酔した若者たちの、組織化されたヒトラーユーゲントだった。彼らはアーリア人種をユダヤの血の混じっていない北欧人またはコーカサス人と定義し、自らを優秀人種と教えられた。ブロンドの髪とブルーの瞳が純粋なアーリア人のしるし。健康で、遺伝的な病気を持っていないことを証明して、ヒトラーユーゲントに入団を許された。(一部の身体障害者は入団を許されたが、精神的障害を持つものは団員になれなかった。)
見習い団員は体が丈夫であることを証明するために走り、ボールを投げ、泳ぎ、体操をした。2時間のハイキングを完遂し、3日間のクロスカントリーハイキングを敢行したり。勇気を示す事ができれば「血と名誉」という銘の入った短剣をリーダーから手渡してもらえる。
「若者は若者によって導かれるべきだ」というヒトラーユーゲントの哲学に基づいて、リーダー達も若者だった。指導部から会議の進め方の通信文を受け取り、歌を歌ったり、ゲームをしたり、スローガンを覚え、ナチス関連の本の朗読をしたり、プロパガンダのビラを読んだりした。

子どもたちを立派なナチスにするための組織。
自分が特別な血を引いた人間であると感じさせた、ユーゲントの活動は厳しいこともあるが達成感もあり、楽しく、社会に貢献していると感じさせるものだった。
彼らは、両親がユダヤ人を助けるような事をしていたら、親に失望した。彼らの中には、ヒトラーが本当にはユダヤ人を虐殺しているわけではないと思っているものもいた。
しかし、
ヒトラーは障害者は税金を無駄に使わせる存在として「安楽死」または「慈悲死」を認可し、それで十万人もの人が亡くなったとも言われる。ユダヤ人でなくても、ドイツの敵と見なされれば処刑された。共産主義者、ポーランドの知識人、同性愛者、ジプシー(流浪人)などが含まれ、戦争が始まって6ヶ月たつころには五十万人もの人の命が失われた。敵を探し出して処刑するのは特別行動部隊。隊員らは異常な任務を与えられた普通の人々だった。特別行動部隊になった多くの武装親衛隊はヒトラーユーゲント出身も多数いたにちがいない。ヒトラーユーゲントは殺人機会の一部に成長していったのだ。


現代では、イスラム国に心酔してしまう若者たちがいる。
彼らには彼らはの正義があり、自分たちの思想が世界を救うと信じているものもいるだろう。ドイツでも今になって、移民問題からナチスの思想に傾く人もでてきたときく。
でも、歴史に学んで欲しい。
ノンフィクションで、淡々と語られる、ヒトラーユーゲントのやってきた事。ナチスの罪を。

2011/06/05 21:00

投稿元:ブクログ

久しぶりのナチスもの。
青少年が関わった部分について、ある程度まんべんなく網羅しているかんじ。(男女問わず)

2011/01/28 11:11

投稿元:ブクログ

これまでの戦争ものとは少し違う、新しい切り口で書かれていたので、比較的読みやすく、また、改めて戦争の恐ろしさを感じた。ヒトラーが悪い意味でうまく若者の気持ちを取り込み、それが大きな集団となってユダヤ人虐殺に向かっていく様子がよく分かる内容となっている。

2011/07/05 05:28

投稿元:ブクログ

ヒトラー・ユーゲントや、同時代の若者たちの話をインタビューに基づいて並列的に語っている。特に序盤、大人たちがナチスに対し「誰が政権を執っても変わらないよ」という態度でいた、という記述は興味深い。

2011/02/14 12:39

投稿元:ブクログ

ナチスによる子どもたちへの洗脳の過程が描かれている。たった十数年の間に、親を密告するまで洗脳することができるのかと驚いた。

教育ときちんと自分で考えることの重要性を改めて思った。遠い世界の話とは思わないで、過ごしていきたい。

2011/06/09 19:03

投稿元:ブクログ

ドイツの復活を願い、ヒトラーに感化され、熱を持ってユダヤ人排斥の空気を造り上げていったドイツの子どもたちのことが、冷静に描かれていてよい。

2012/01/03 23:26

投稿元:ブクログ

「自由とは何か」を考えさせられる1冊でした。
アドルフ・ヒトラー独裁政治時代の若者にスポットをあてた本です。
小説ではないので、実在する色々な人物が出てきて混乱しますが、独裁政治のために、若者たちがいかに“教育”されてきたか、“洗脳”されていたかの一端を知ることができます。

11 件中 1 件~ 11 件を表示