サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2011/05/08 01:53

投稿元:ブクログ

ケーキ好きな人にはぜひ見てほしい本。

あっちこっちのメディアに登場し、スイーツの魅力を語るスイーツ番長。こういうスイーツ・ガイド本を出版したり、スイーツイベントを開催したりと精力的な活動をしている。もちろんブログも。それから、日本経済新聞電子版の「日経スイーツ選定委員会」立ち上げメンバーでもあった。

ちなみに、日経電子版の記事「今週の3つ星スイーツ」は、スイーツ好きならきっと楽しく読める。

さて、本書の内容。スイーツ番長が「あっぱれ」の太鼓判を押すスイーツを紹介している。
美しいスイーツの写真が気分を高揚させてくれる。

構成は、まず10種類のスイーツを選択。それぞれの種類ごとに、スイーツ番長がお気に入りをピックアップ。それらを取り扱うパティスリーや専門店は、首都圏中心。
10種類は以下の通り。
 1.ロールケーキ
 2.チーズケーキ
 3.いちごのショートケーキ
 4.チョコレートケーキ
 5.モンブラン
 6.ミルフィーユ
 7.アップルパイ
 8.シュークリーム
 9.カスタードプリン
 10.アイスクリーム
そのほかにも、デセールで華やかな皿盛りスイーツを提供してくれる店の紹介があり、新進気鋭の注目すべき10人のパティシエを紹介している。エッセイもあったり、雑学気分で読む「お菓子の雑記帖」もあったりと軽い読み物としても愉しい。

なにより、この本は真面目に作られている。それが真っ先に浮かんだ感想だ。タイトルだけ見ると、「至高」とか「パーフェクト」の文字が品を落としてしまっているが、内容はとてもいい。
まえがきに「さて、みなさまのお口に合いますかどうか? 本書を片手にスイーツのすばらしさを体験していただければ幸いである。」とある。そう、「みなさまのお口に合うかどうか?」ここがポイントだと思う。自分の選んだものは絶対に旨いんだ、という押し付けがましいところがないのがいい。味覚は人それぞれなのだから。

そういえば、ある雑誌で食の評論家が「カスタードクリーム」について語っていた。「卵の味わいが強いもの」と「ミルクの味わいが強いもの」の2種類に大きくは分けられるが、どちらが正しいというわけではないと。

食べ手によって好みが分かれるのは当然で、それを理解しておく必要がある。簡単に言えば、精魂込めて作られたものを、安易に自分の好みだけで「うまい」「まずい」と断ずるのはいかがなものか、ということである。

余談だが、モンブランにだって種類がある。味だってもちろんまったくと言っていいくらい違う。モンブランについては整理してまた別の機会に書こう。

なにはともあれ、本書で紹介されるスイーツはどれも間違いないものばかり。ただし、著者と同じように「最高」と評する人もいれば、「好きじゃない」という人ももちろんいるはずだ。こういうガイド本を読むときはそれを念頭に置くことが大切だと思う。それぞれのスイーツの紹介文は短いながらも、自分好みの一品を見つける糸口にはきっとなる。本書をきっかけにスイーツの世界を堪能してみたい。

1 件中 1 件~ 1 件を表示